あなたの性格が英会話に及ぼす影響について

英語を話すということは、要するに英語を知っていれば良いわけです。

例えば、〇〇〇ということを英語で言いたければ、その〇〇〇という表現を英語で知っていれば、それを口に出すことが出来ます。また、相手が〇〇〇と言った時に、その英語の表現を知っていれば聴き取り、理解出来るわけです。

それでは、そのような「英語の表現」や「英語の知識」さえたくさん知っていれば、それで英語が話せるのか?というと残念ながら、そういうわけにもいきません。

なぜなら、英語を話す上で大きな影響を及ぼす「適性」というものが存在するからです。適性」とは一体何でしょう。オンライン辞書によると「性格・性質が、その物事に適していること」らしいです。

つまり、英語を話すことに適した性格がある!ということですね。「フン、たかが性格…」と思われるかも知れませんが、実はコレ、かなり重要なことなんですよ。

英語の知識はたくさんあって、まさに英語の優等生!という人が「内向的な性格」のために英会話でまったく話せない…なんてことが結構あるのです。

特に日本人に多いのが、「恥ずかしがり屋」という性格。「こんなことを言ってもいいのだろうか」「間違った英語を話して笑われないだろうか」「発音が変ではないだろうか」等々色々気にして、恥ずかしくてなかなか英語を口に出来ない人は多いですね。

また、「内向的」というのも英会話には適していない性格です。もちろん外国人(ネイティブ)にも内向的な人はいますが、概ね外国人は明るい人が多いです。誰とでも気さくに話せる人が多いんですね。

しかし、日本人は人と話すことを苦手とする人が本当に多い。特に初対面となっては、なかなか会話をすることが出来ない人がほとんどです。まぁ、これは日本人の周囲に対する気遣いとか、道徳観によるところがありますから、一概に「悪い!」ということも言えないのですが、やはり英語を話す時には、もっとオープンになることを心掛けた方がいいですね。

それから「話し下手」「話し嫌い」という性格も英会話には向いていません。これは、英語だけに限らず、日本語であっても無口な人っていますが、これはもう英語力の問題以前の話ですね^^; ただ、話すことは嫌いではないけれど「話し下手」という人がいます。

うちのオヤジがそうです。オフクロは口がたつというか、口達者なので、いつもオヤジが「モゴモゴ」言っている間にパパパッと言い負かされてしまうのです^^; 気の毒に…。

で、やはりこういうのはトレーニングが必要ですよね。自分が話したいこと、表現したいこと、相手に伝えたいことを常に英語で準備して、いつでも話せる状態にしておく。たったそれだけのことで、適性は変えられないとしても、少なくとも「モゴモゴ…」となってしまうのは避けることが出来るはずです^^

また、性格的な問題も、毎日の心がけで変えていくことも出来ますから「私は内向的だから、英会話なんて無理…」とならずに、「英会話を通じて外交的な性格に変わろう!」とポジティブに捉えることも重要なのではないかと思います^^

引き続き、頑張りましょう!

私のメール講座が大好評です!あなたも乗り遅れずに2012年のスタートダッシュを切りませんか?

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

lm1

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ