なぜ英語が聴き取れないのか?

今日は「英語がなぜ聞き取れないか」という話をします。

英語がなぜ聞き取れないか。

これって、ある意味核心的な疑問ですよね。特に日本人にとって。

いつもメルマガにも書いていますが、英語を「話す」ことって結構なんとか
なるものなんです。乱暴な話、ジェスチャー交じりで単語をつなげば
ほとんどの意思を伝えることは出来ます。

ところが「聞く」ことはなかなか一筋縄でいきません。

これは「聞く」という行為が相手側に依存するからなのです。

「話す」という行為は、こちら(話し手)主体です。
言ってみれば、「言いっぱなし」でも構わないんですね。
発音が下手だろうが、声が小さかろうが、聞くのは相手ですから。

問題は「聞く」ということで、これは相手によって話し方が千差万別である
ため、ネイティブスピーカーの英語を100%聞き取るというのはとても難しい
のです。

それでは、どうして英語を話せる人はネイティブの英語でもすんなりと
聞き取ることが出来るのでしょうか。

英語をたくさん聞けば自然に聞き取れるようになるのでしょうか?

確かにそれは半分正解ですが、半分は間違っています。

よくある、ただ聞き流しているだけで英語を話せるようになる魔法のような
教材とかがありますが、私の経験上、何にも集中せずただ音楽のように聞き
流しているだけでは英語を聞き取れるようにならないと思います。

なぜなら、聞き流している状態というのは脳に言語的な刺激を与えていない
状態であり、要するに歌詞のない音楽を聴いているのと同じなわけです。

そのような状態をいくら長時間続けていても、脳は英語を言語として認識
しないのです。

では、どうすれば良いのか。

実は、英語を話せる人は英会話のすべてを聞き取ろうとはしないのです。

はい。今回は随分貴重なノウハウをお伝えしています。

それでは皆さん、もう一度言いますよ(みのもんたの朝ズバ風に^^)
「実は、英語を話せる人は英会話のすべてを聞き取ろうとはしないのです」
ここがある意味核心といえます。
つまり、英語を聞き取るためには、すべてを聞き取ろうとしているから、
なかなか全体を把握できないんですね。

その理由は英会話の「本質」にあります。

この「本質」については、私の英会話マニュアルで詳しく説明しています。
すみませんが、そちらを是非お読みいただければと思います。

というわけで、先ほど半分正解と書きましたが、要するにリスニング力を
向上させるためには、確かにたくさんの英語を聞くことが有効です。
たくさんのインプットを行うことは必要不可欠なのです。

ただし、すべてを聞き取ろうとせず、会話に重要な点だけをうまくピック
アップできる力、すなわちそれが真の「リスニング力」なんですね。

おわかり頂けたでしょうか?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ