自分の話す英語を録音してみよう

皆さんは、自分が話す英語を客観的に聞いたことがありますか?

つまり、自分が話す英語を録音して後で聞き直すということなんですが。

実はこれが英会話の上達に欠かせないんですね。

多くの人は、自分の英語なんか聞いたことがないと思います。
ちょっと恥ずかしいですしね(^^;

これは私もそうだったのですが、ある程度英語が話せるようになると、
誰でも自分が結構上手に発音しているような気になってしまいます。

私も留学してしばらくした頃、「あ~オレって英語話しちゃってるなぁ…」
とニヤニヤしながら自分に酔いしれていたことがあります。

完全なる自己満足です(^^;

そうなんです、ある程度英語が話せるようになると、多くの人は自分の英語
の発音は問題ないような、むしろ「うまいのではないか」という気になりがち
なんです。

ここが結構大きな問題でして…。

今、喜んでいる人には申し訳ないのですが、実は自分で話す英語というものは
自分が思っているほど上手な発音でないということが多いのです。

ちょっとショックですけれどね。

一番良いのは冒頭に書いた通り、テープでもビデオでも良いですから、自分
が英語を話しているところを録音し、後で客観的に聞いてみるのです。

すると、「ゲ、こんな発音していたんだ…」と思うかも知れません。

でも落ち込まないで下さい。

この「ある程度英語が話せるようになった」時期に、自分の発音を客観的に
分析することで、あなたの英語の発音が格段に向上します。

言ってみれば、ここが大切な分岐点と言えます。

ある程度英語が話せるようになって、自分では自分の英語の発音が上手いと
感じ(本当は大したことないのに)、そのまま英語の発音を矯正せずにいる
と、完全な日本人英語の達人になってしまいます。

まあ、それでも通じるだけマシですけれどね(^^;

出来れば発音も向上させたいところです。

ということで、自分の英語を録音して聞いてみるのですが、これで客観的に
どこが変なのか、どこを直すべきかということがよーくわかるようになります。

そして少しでも変だと思う発音は普段から矯正するよう心がけましょう。

いつも言っていることですが、発音を矯正する際に一番大切なことは
「ネイティブの発音と比べて明らかに違うと自覚する発音をそのままにしない」
ということです。

自分で明らかに変な発音だと思っていながら「通じているからまあいいや」と
ある意味開き直っていると、そのうち矯正すらできない発音になってしまいます
よ。釘は熱いうちに打て、です。

ところで、上記はまったくの英語初心者の場合は当てはまりません。

まったくの英語初心者は、最初は難しい発音にこだわる必要はないのです。

逆に、最初から発音にこだわり過ぎると、話すことが億劫になり、会話の
スピード感が出なくなり、逆効果です。はじめからパーフェクトな発音の
第二言語習得者は存在しませんから安心して下さいね。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ