英語を話せることの効用力について

メルマガを創刊してから本当にたくさんのメールを頂くようになりました。

この週末に、今年読者の皆さんから頂いたメールを読み返してみて、本当に
皆さん英語を話せるようになりたいと切望されているんだなと改めて実感
するとともに、ある共通点があることに気づきました。

それは「なぜ英語を話せるようになりたいのか」という理由、動機について
です。

皆さん漠然と「早く英語を自由に話せるようになりたいです」って言われる
のですが、その裏に共通するテーマというか理由、動機があることに気づい
たんです。

ほとんどの方に共通する英語習得の裏の動機。

それは…

「英語をモノにして自分のコンプレックス(弱点)を克服してやる!」

ということみたいです、はい。

要するに「コンプレックス打破の手段としての英語習得」ですね。

これについては前にメルマガでも書いたと思いますが、日本人の場合これが
原動力になっていることが多いようです。

英語を話せるようになりたいという動機については「仕事で必要だから」
「話せると便利だから」「海外旅行をより楽しみたいから」なんていう
理由をよく耳にしますが、実際これらは表面的なものに過ぎません。

これらをより奥深く追求すると以下のようなことがわかってくるのです:

「英語を話せるようになって職場や学校のライバルを見返してやりたい」
「英語をモノにして自分をバカにした奴らにギャフンと言わせたい」
(筆者注:ギャフンって言葉古いですか?(^^;)
「英語をペラペラ話しているところを周囲に見せつけて優越感に浸りたい」
「英語を話すカッコいい自分の姿を異性に見てもらいたい」
「英語を話せることをさりげなくアピールして異性にモテたい」

「えーそんなことないよ~」なんて言わないで下さい。
日本人が英語を話せるようになりたい!と思うとき、多かれ少なかれ上記の
ような深層心理の欲求が誰にでもあるものです。

だって、日本人で英語が話せるとやっぱりカッコいいですもんね(^^)

仕事で必要だから…、話せると便利だから…、なんていうのは表面的な理由
に過ぎないと思いますよ。

要するにみんな「他人より上に見られたい!」わけです。

少なくとも「他人より下には見られたくない!」んですね。

今まさにあなたがコンプレックスに悩まされているのであれば…

「全然モテない…」
「自分に自信がない…」
「いつも他人にバカにされている…」
「頭が悪い(と思い込んでいる)…」
「収入が少ない…」
「負け組だ…」

はい、英語話せるようになりましょう。
そんな悩みなんて一瞬で吹っ飛びますから。

英語を話せるようになると…

「異性にモテるようになります」 
 これ本当。経験済み(^^; やっぱり英語話せるとカッコいいですから。

「自分に自信がつきます」 
 英語を話せるんですから自信がつきます。どんなに自身がなくても英語を
 話しているだけで周囲に与えるイメージがガラリと変わります。

「バカにされなくなる」 
 日本人で英語を話せる人をバカにする人はいません。
 バカにするどころか皆平伏しますよ(^^; 

「頭が良いと思われる」 
 英語を話せるだけで「天才か?」と思われます。どんな人でも英語を話して
 いるだけで頭が良い人のように見えてしまうんです。

「収入が大幅にアップ」 
 会社でも副業でも確実に収入が大幅にアップします。家のローンや借金、
 老後の不安なんてなくなりますよ。お金は大事だよ~♪

「勝ち組になる」 
 英語を話せるだけで、日本では「勝ち組」の仲間入りです。日本っていう
 のはそんな国なんです。これは仕事、収入、ステータス面すべてにおいて
 そういえます。

…なんだか「持っているだけで幸せを呼ぶペンダント」のような怪しい広告文
のようになってきましたが(^^;、とにかく特に日本では英語を話せる人が
断然優遇されるんですよね。

英語を話せる人にとって日本はまさに「天国」のような国です。

さあ、皆さん。足踏みしている場合ではありませんよ。

英語なんてその気になれば3ヶ月で習得できます。
やるかやらないか、それだけの違いです。

来年はぜひ英語を短期間でマスターしちゃって下さい!
そして変なコンプレックスを叩きのめして幸せになりましょう(^^)/

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ