英語らしい発音を手に入れるには?

今日は「発音」のお話です。

先日、仕事でお世話になっている会社の社長さんと話したのですが、その
社長さんはもう60過ぎなのですが最近英会話学校に通い始めたらしいのです。
60過ぎてから英会話学校に通おうという姿勢は素晴らしいですよね。
私のようなナマケ者からすると本当に「脱帽!」という感じです。

それで、色々と英会話の上達についてアドバイスをしてくれと言われた
のですが、社長さんいわく「どうしたら発音がうまく出来るようになるか」
ということなんですね。

この社長さん、英会話をはじめたばかりなのに結構ベラベラと話せるんです。
実際、外国人をまじえて話しているのを聞いてみると確かに堂々と英語を
しているんですね。大したものだと思いました。

ただ、本人が自覚している通り「発音」がかなりひどい。
完全な日本語カタカナ発音なのです。英語を話しているというよりは、
英語に聞こえる日本語を話しているという感じ。

多分あれでは通じないだろうっていう感じなんですね。

それで、この辺の話はほとんどの日本人にも当てはまることなんですが、
なぜもっと英語「らしく」話そうとしないのかな?って思うんです。

この社長さんにしても自分の英語の発音が正しくないということを自覚
しているんですね。絶対に自分の発音はおかしいと知っている。
おかしいと思っているのに英語「らしく」発音してみようとは思わない。

その辺りに日本人の英語の発音が悪い一つの原因があるような気がします。

例えば「comfortable」という単語があります。
外人はこれを「カンファタボー」って発音しますね。
どう聞いても「カンファタボー」って聞こえます。

だから「カンファタボー」って聞こえるなら、そのまま「カンファタボー」
って発音すればいいのに、どういうわけか日本人は「コンフォータブル」
なんて発音する人が多い。

要するにローマ字読みで読んだまま発音してしまうわけですが…。

実は、英語の発音がうまい人にはある共通点があります。

それは「聞こえるままに発音してみよう」という姿勢があることなんです。

発音記号がどうとか、そんなものどうでもいいんですよ。

要は、ネイティブが発音しているまま、聞こえるままにその音を真似して
発音してみようという姿勢がとても大切なんです。

明らかに自分の発音はおかしいと自覚がありながら、それを変えようと
しないからいつまでたっても日本人的発音を脱せない。

ちょっとでも自分の発音が日本人特有の発音だなと感じたのであれば、
妥協せずに矯正する。またはなるべく英語らしく発音してみようという
姿勢を少しでも持つことが肝心です。

発音が上手な日本人は皆そんな共通点があるんです。知ってました?

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年12月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ