効果的なディクテーションの方法

今日はディクテーション(dictation)のお話です。

ディクテーションとは「書き取り」という意味ですが、特にリスニング力
を向上させるために効果的なトレーニング方法の一つです。

既にやっている人も多いと思いますが、割と積極的に活用しない人も
多いようですのでご紹介しますね。

ディクテーションではまず英語の短文を聞き取り、耳に入ったままの英文を
英語で書き出すという作業を繰り返します。

これによって、漠然と英語を聞き取るのではなく、いかに正確に聞き取れて
いるかを確認することが出来るんですね。

始めは難しいと思う方も多いかもしれませんが、慣れてくるとリスニング力
が飛躍的に伸びることが実感できるようになります。

同時に英語を「書く」能力、ボキャブラリーが増える等の利点があります。

というわけで、具体的にディクテーションをどうやるのか説明しますね。

まず、スクリプト(話している内容)付きの英語音声を用意します。
これは手持ちの英語教材でも良いですし、英語字幕つきの洋画のDVDなんか
でも良いです。自分のレベルにあった音声から始めることが重要です。

聞き取る英語は短いものから始めます。一文ずつ聞いては、内容をそのまま
紙に書き取ります。この時、スペルがわからなくてもかまいません。
スペルがわからなければカタカナで書いておき、後でチェックすれば良い
です。

わからなければもう一度戻して聞いてみます。この時、わからない箇所
(単語)だけを繰り返して聞くのではなく、文全体を聞くようにします。
これは英語に限らず口語の文には一つの流れやリズムがあるからです。

従って、単語単語を区切って認識し書き取るというよりは、文全体を一つの
音として捉える感じで進めることが重要です。

書き終えたら答え合わせをします。スペルが間違っていたら訂正して正しい
スペルを覚えるようにしましょう。また、聞き取れなかった箇所について
なぜ聞き取れなかったのか検証してみます。このように検証することで、
自分のリスニングの弱点がわかるようになります。

徐々に文を長くしていきます。または難易度の高い英語音声にトライして
みて下さい。

巷に出ている英語教材のほとんどは英語の音声にスクリプトがついています
から、これらを活用すると良いでしょう。またディクテーションの本などに
CDがついているものがあるので、そんなのを使っても良いと思います。

ディクテーション教材で一番有名なのは「えいご漬け」ですね。
やったことがある方も多いのではないでしょうか。

これはまさしくディクテーションをゲーム感覚で出来るソフトで、確かに
おもしろく学習出来ます。

最近ではCD-Romが出ていてパソコンでも出来るみたいですね。
まだやっていない人はぜひお試し下さい!

以上、ディクテーションのご紹介でした~。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ