リーディングの問題集

ということで今回はリーディング関係の問題集をご紹介しますね。

まずはKen Beatty著の「Read and Think」シリーズ。

これは1巻から4巻まであり初級から上級という感じで難易度が上がって
いきます。初級はかなり簡単ですが、上級はそれなりに読み応えもあります。

最初に1~2ページ程度の英文を読み、その後に内容理解に関する問題が
書いてあります。ESLコースなどでも使われているようです。最初は
こんな感じのものから始めると良いと思います。内容は一般的なものから
科学的なものまで多岐に渡り、楽しみながら勉強を進めることが出来ます。

お次はLorraine C. Smith著の「Exploring Content」シリーズ。

これはもう少しレベルが高いリーディング教本です。内容は自然科学が中心
ですが、割と専門的な(高校~大学レベル?)ことが書かれています。
中級以上の人にちょうど良いと思います。

これも先に英文を読み、後から内容やボキャブラリーに関する質問が設けて
あるという形式。こういうのを集中的にやるとリーディング力が格段と上達
するはずです。

なんといっても洋書ですから目次からすべてが英語。
それだけで英語の勉強になります。電車の中で広げていてもカッコいいです
しね。←すぐにこういう発想になるワタシ…

もう一つはEdward Spargo著の「Timed Readings」シリーズかな。

これも良いです。サイズが小さいので簡単に持ち運べるし、ちょっとした
時間に勉強できるのが良いですね。内容が少し退屈な気がしますが…。
以上、リーディングに関する洋書の問題集のご紹介でした~!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年11月10日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ