大量のインプットとアウトプットを行おう

先日電車の中でNOVAの中吊り広告を見かけました。

そこには「たくさん喋ってたくさん聞くことが最も効果的な英語学習法」
と書いてあり、今さらながら私も「そうだよな」と頷いてしまいました。

結局英語を習得するには、なるべく大量の英語に接するのが一番てっとり
早いんですよね。

それは別に裏技でもなければ秘訣でもありません。

みんながちょっと考えればわかることです。

ただ問題は、なるべくたくさんの英語と接すると一言で言っても、
実際にどれくらいの量の英語と接する必要があるのか本当にわかっている
人は少ないと思います。

1回1時間程度の英会話レッスンを週に何回か受けている。
毎日の通勤時間を利用して英会話の教材を聞いている。
英字新聞のメルマガを毎日のお昼休みに読んでいる。

そんなコツコツとした地道な努力…。

私から言わせれば、それは不毛な「自己満足」に過ぎません。

英会話スクールに通って「ああ、あたしって英会話スクールなんかに通って
英会話の勉強しているわ、何か頑張っちゃってるみたい…」

英字新聞を購読して「ああ、オレって英字新聞なんか購読しちゃってる、
周りからインテリって思われるかな…?」

…こんなのが自己満足と言うんです。

本気で英語を話したいのか?

本気で英語を話せるようになりたいのか?

だったら、丸一日英語を聴き続け、話しまくってみましょう。

英語を聴くのは洋画のDVDでもいいし、ラジオでもテレビでもいいんです。
三日坊主で終わってしまっている英語教材を引っ張り出してきても良い
でしょう。

とにかく、丸一日英語だけを聴き続ける。もうイヤっていう程聴くんです。

または相手がいなくても良いから、一日中英語を音読するのです。
一日中、映画の台詞を真似て発音し続けてみて下さい。
気が狂ったと思われるかもしれませんが、そんなの気にしないんです。

ある洋画の台詞を一本丸ごと暗記して、アフレコのように俳優の口に合わせて
発音出来るようになった人がいます。

何も見ず、ただ映画の画面を見ながら丸暗記した英語を、まるで自分が
俳優になったかのように演技がかった口調で発音するのです。
これほど効果的な英語の発音勉強法はありません。

そのような大量の英語のインプットとアウトプットを行ったことがある人が
果たしてどれだけいるでしょうか?

実はこのようなアプローチが最も効果的なんですね。
短期間に確実に英語をモノにすることが出来るようになります。

でも、こうやって書いても実践する人は少ないんですよね。何でなんだろう。

本当はみんな英語なんて話せるようになりたくないのかな?(^^;
あとは実践するかしないかだけの違いです。

要はあなた次第。

がんばって!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

次の記事:

タグ

2006年10月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ