誰もあなたの英語を気にしていない

前回、「大声で英語を話す」ということが一番の上達法であると書きました。

その後、Mさんという読者の方からメールを頂きました。
Mさんは大学で英語を専攻されているのですが、同じことを英会話の先生にも
言われたらしいのです。

Mさんによると、一瞬でも頭に「この英語(言い方)、間違ってるかも」
という考えがよぎると、しどろもどろ→フェードアウト(声が小さくなる)
になってしまうことが多いらしいです。

これって、皆さんもよく経験されているのではないでしょうか?

特にMさんは大学で英語を専攻されているということで、周りからも
「英語を話せる」と思われていると思うと、「間違えたら恥ずかしい」
という気持ちが強くなって余計声が小さくなってしまうというんです。

確かに、その気持ち私もよーくわかるんですよね。

まだ通訳の仕事を始めたばかりの頃、ちょっとでも間違えたら
どうしよう…って、すごく神経質になって会議の前なんか胃が本当に
痛くなったものです。

通訳の先輩に相談したこともありました。

先輩は「そんなこと周りの誰も気にしていないよ。誰も英語なんか
わからないんだから!」なんて無責任なアドバイスをしてくれましたが(^^;

確かに、自分の英語に自信がないから声が小さくなってしまう、というのは
ありますよね。これは本当に仕方ないことだと思います。

しかし、英語の一番の上達法は大きい声で堂々と話すことなんです。

でも自分の英語に自信がないから大きい声で堂々と話すことが出来ない。

じゃあ、どうすれば良いのか?
答えは簡単で、「自分の英語に自信を持てば良い」わけですが、そこが
難しいんですよね。

どうすれば自分の話す英語に自信を持つことが出来るか?

ただガムシャラに英語を勉強し続ければ自信がつくでしょうか?
単語や文法知識をたくさん覚えれば自信がつくでしょうか?
とりあえず英会話スクールに通えば自信がつくでしょうか?

答えは…NOです。

実は、ここに英会話上達の重要な秘密が隠されているんですね。

その辺りを知りたい方は是非私が書いた英会話マニュアルを読んで
みて下さい~!(サクッと宣伝)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年10月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ