会話の英語がメチャクチャであることに早く気付いて下さい

YouTubeなんかで、ネイティブの本当に日常的な英語(英会話)を聴くことが出来るわけですが、そんなのを1つ2つ、じっくりとディクテーションしてみると、わかることがあります。

それは、英会話上達においては非常に大きな「気づき」で、これを知らなければ、なかなか英語を上手に操れるようにならないものです。

ちなみに「ディクテーション」というのは、ご存知の方も多いとは思いますが、英語の音声を聴き、内容をすべて書き出すトレーニングのことです。

で、どんな「気づき」があるのかと言うと、要するに、いかにネイティブの会話の英語が「デタラメ」であるかという「気づき」です^^;

ここで言う「デタラメ」というのは、文法的・語法的・発音的に規則に従っていない、ということ。しかし「デタラメ」であるからと言って、その英語が「間違っている」というわけではないのです。むしろ、その方が会話の英語としては自然で、そういう意味では「正しい英語」と言えるのかもしれません。

ところが、私たち日本人が考える「正しい英語」というのはネイティブが会話などで口にする「自然な英語」とはかけ離れているものです。それは文法的にも完璧で、矛盾がなく模範的な英語です。教科書的な英語と言ってもいいでしょう。

多くの日本人がなかなか英語を身につけることが出来ずいつまで経っても外国人との会話についていけない理由の一つが、要するにこの「正しい英語」の解釈における矛盾と言えます。

日本人が目指す「正しい英語」と、ネイティブたちが普段使っている「自然な英語」との間には非常に大きな矛盾・ギャップがあります。確かに「正しい英語」を学ぼうとして何が悪い!という意見もあるでしょう。しかし、それが実用的・実践的でないとしたら…

いつまでもそこに固執する理由はありません。どんどん、ネイティブの使っている「メチャクチャな英語」の「メチャクチャさ加減」に気付き、それをそのまま受け入れ、自分の表現に取り入れていくのが筋なのです。それが出来る人は、ものすごく英語力を伸ばすことが出来ます。

いわゆる、ペラペラのバイリンガルの日本人ですね。ぜひ、どんどん「メチャクチャな英語」を取り入れていって下さい。「メチャクチャな英語」を恐れずに、すべて丸ごと受け入れて下さい。すると、光が見えてくるはずです^^

そうそう、ついに「ラインマスター毎日英語塾」の一般募集が開始となりました。メール講座では、上述のネイティブ音声を用いたリスニング解説なども行っています。

興味のある方は、ぜひ参加下さい>>>詳しくはこちら

lm1

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年1月17日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ