厳密になり過ぎるから、辛くなっちゃうんです

毎日英語の指導をしていると、ふと感じることがあります。

それは…「なぜ、そんなに難しく捉えるのかなぁ…」「もっと大雑把に捉えればラクになるのになぁ…」ということです。

日本人は特にそうなのですが、本当に几帳面というか、細かいというか、神経質というか^^;、とにかく英語を「厳密に」捉えようとし過ぎる傾向がありますね。ちょっと汚い言葉で言えば、「クソまじめ過ぎる」ということ。

例えば、一つの日本文に対する英語訳を考える時、それぞれの単語がキッチリと全て対訳になっていないと気が済まないという人がいます。つまり、日本文に入っている語が一つでも足りなかったり英語に訳されていないと、それだけで不安になってしまうのです。

これは翻訳家泣かせの考え方なのですが、そもそも日本語と英語というのはまったく異なる言語なんです。文法も違えば語源も違う、つまり、本当に異質の言葉なんです。それを無理矢理、こじつけて何とか筋を通すのが翻訳というわけ。

だから、言ってみれば英語を理解する時に、完璧に日本語にして解釈するというのはそもそも不可能だということを理解しておいて欲しいのです。日本語にあった語が英語に訳されなかったり日本語にない語が英語に訳されていたりしても、それでいいんです。

これは単語の意味だけに限りません。文法でも英語と日本語でキッチリとすべて互換性があるわけではないのです。日本語にないものが英語にあったり、その逆で英語にないものが日本語にあったりします(だから、日本語にない単数・複数形の使い分けや冠詞、時制などが難しいわけです)。

したがって、英語を勉強したり、英語を話したり、聴いたりという「英語との接触」にあたっては、より大きな器で「どんぶり勘定」するように英語と接すると良いです。「大意での理解」「大まかな解釈」で「大体、こんなことを言っているんだろうな」程度で済ませば百点満点なんです。

そこを、文法上は〇〇が××だから…とか、この語の定義は云々…等々と、やけに厳密に、神経質になって英語を捉えようとするから、どんどん英語がつまらなくなり、勉強が辛くなってきちゃうんですね。

そうではなく、英語を心で感じて、捉えてみて下さい。文法上の決まり事や、表面的な字面で英語を捉えないで下さい。ああ、だいたいこういうことを言っているんだな、で十分です。

もともと、英語を覚えるということはそういうことなんです。言葉と言うのは、そういうものなんです^^ もっとユル~い感じで、楽しみながら英語と接しましょう。

その方が絶対にいいですから^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ