英会話は絶対にあきらめないで!

英会話で本当に「もったいない人」がいます。それは一体どんな人なのかと言いますと…

英語を一所懸命に話そうとして、色々と準備して英会話に臨むのですが、相手の英語のスピードが速くてついていけなくなったり、言っていることが理解出来なかったり、または自分が言いたいことがパッと出てこなくてそこで下を向いてしまう人のことですね。

つまり、英会話の途中で力尽きて「諦めてしまう」わけですが、実は日本人にはそういうタイプの人が多いです。

最初は、何とか会話を続けようと頑張れるのですが中盤以降(または少しでも会話が続かないと判断したら)急に勢いがなくなってシュンとしてしまうんです。

確かに、自分が言いたいことが口から出てこなかったり相手が言っていることが理解出来なかったりするとそれだけで会話を続けるのは困難に感じますよね。もう勝手に相手がペラペラ話しているだけの状態になり、こちらはフンフンと頷くだけになってしまう…。

しかし、英会話が得意な人というのは、そこで決して諦めません。誰だって日本人であればネイティブのようにペラペラ~っと話すのはとても難しいことです。しかし、そこで諦めてはいけないんです。会話の途中で相手に主導権を握られて、そこでジ・エンドと思ったら、もう「負け」です。

「う、通じない!」「意味がわかんない!」と思っても決してそこで凹まないこと。英会話が得意な人というのはどんな窮地に立たされても「そんなの関係ない」(古っ!)という感じでまったく動じません

それどころか、これがダメならこれでどうだ!という感じで果敢にネイティブに立ち向かいます。【決して諦めない】のです。

すると、また必ず会話の主導権を握れる瞬間がきます。例えば、こっちが得意とする話題の流れになるとか、逆に相手が「聞き役」になるとか、そういう形勢逆転の瞬間が訪れるのです。そうなったら、こっちのもの。なぜなら英会話は「主導権」を握ったものが勝つからです。

だから、どんなに英語が下手でも、どんなに英語が苦手でも英会話で決してあきらめないで下さい。とにかく、どんどん突き進む。英語を話すことって、そういうタフな部分が必要なんですよね^^ガンガン、アゲアゲのイケイケで突き進んで下さい(これも古い?)

Never Give Up!!!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ