あなたの得意なフレーズはいくつありますか?

英語を勉強していると、色々なフレーズに出会います。

それは例えば、多読トレーニングで読んでいる小説の中に書かれていた印象的なフレーズであったり、映画で見たワンシーンの決めゼリフであったり、英会話で初めて通じた自分のフレーズであったりするわけです。

で結局、英語の習得というものは、そのようなフレーズの数を限りなく増やすことに尽きます。出来る限りたくさんのフレーズを知っていれば、当然ながら英語を話すのも流暢になりますし(考え込まなくてもパッパと口から出てくる)、相手が話しているフレーズを知っていればそれを瞬時に聴解することが出来るようになります。

このように、英語のフレーズ(今、私はこれを「ライン」と呼んでいますが)を限りなく増やすことは、英語力を向上させる上では最重要のことですが、残念なことに多くの日本人はフレーズを増やすことよりも単語や英文法の勉強ばかりに重点を置くのです。

もちろん、単語も英文法も重要なのですが、その前にやはりフレーズ(ライン)の量を増やした方がいいです。

そうやってある程度の英語が話せ、聴き取れるようになってから難しい単語でも文法知識でも詳しく勉強すると良いのです。むしろ、その方が深く理解出来るでしょう。それは発音の矯正にしても同じこと。

今年も残り1週間ちょっととなりましたが、このメルマガの読者の方には、ぜひ来年に向けて自分の得意なフレーズが一体いくつあるかを数えてみて頂きたいと思います。

いつも英会話で口にしている、とっさの一言のようなフレーズを一体いくつ覚えているでしょうか?もし100も覚えていないというのであれば、来年の目標はまず100のフレーズを覚えることに注力しましょう。

それが出来たら、次は300、その次は500という風に、来年は自分専用のフレーズ(ライン)の数をとにかく増やして下さい。それだけであなたの英語力は飛躍的に伸びるはずです。

何も難しいことはありません。ただ、ひたすら「かっこいいな」「使えるな」と思ったフレーズをどんどん自分のものにしていけば良いだけです^^

以上のアドバイスをあなたへのクリスマス・プレゼントとしてお贈りさせて頂きたいと思います^^ぜひ、覚えておいて下さいね。

それでは、どうぞ良い休日をお過ごし下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月24日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ