英語力を身につけたかったら待っているだけではいけません

「英語を話せるようになりたいけれど、どうしたらいいのかなぁ」「なかなか聴き取れるようにならないけど、いつか聴き取れるようになるのかなぁ」等々と漠然と悩まれている方は多いと思います。実際、私も英語を話せなかった頃は、一体どうすればいいのか?と漠然とした悩みを持っていました。

結局、英語という相手(敵)があまりにも大きくて漠然としているため、どこから手を付けて良いのかわからないんですね。だから多くの日本人が「どうしよう…」と意気消沈してしまうのです。

しかし、問題は、そこで立ち止まっていても何も変わらないということです。英語を話せるようになりたい、聴き取れるようになりたいと思っていて、それでも方法がわからない、上達しているのか全く実感がない…と感じていても、そこで立ち止まっている限り、何も変化は起こりません。

だから、そんな時には、ただ立ち止まっているだけでなく、どんどん前進しなければならないのです。待っていても、何も始まらないからです^^

確かに「悩むこと」で人間は成長します。英語力がなかなか身に付かない、いつまで経ってもTOEICのスコアがアップしない、全然リスニング力が向上しない…それで悩まれること自体は悪いことではありません。

なぜなら、悩むことで次のアクションを取る「きっかけ」が掴めるからです。成功できる人は、そこが違います。悩んでも、次のアクションを取ることが出来るんですね。

しかし、多くの人は「悩むだけ」で終わってしまうのです。「ああ、英語が話せるようにならない…どうしよう」で終わってしまう。それでは「悩んでいる」意味がありません。

一方、英語の習得に成功する人は、「では、今の自分に足りないものは何なのか?」という次のアクションにつなげることが出来ます。

リスニングが上達しない、それではどうすれば良いのか?

TOEICのスコアがアップしない、それではどうすれば良いのか?

外国人と会話が続かない、それではどうすれば良いのか?

成功する人というのは、常に「アクティブ(能動的)」です。壁に突き当たっても、そこで立ち止まりません。すぐに次のアクションを模索するのです。

ただ待っているだけでは何の変化も起きません。英語を身につけたいと思っていて、もし伸び悩みを感じているのであれば、決してそこで立ち止まらず、打開策を考えてみましょう。必ず解決の方法があります^^

Keep going and never stop!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ