リーディング・トレーニングを成功させるコツを教えます

リーディングの勉強をしようと思っていきなり英字新聞とか、長い小説の多読トレーニングなどに挑戦される方は多いものですが、やはりある程度のボキャブラリーがないとスラスラと読み進めることが出来ず、かと言って辞書をひきながら読んでいると、どうしても内容を心から楽しむことが出来ません。

しかし、語彙不足を理由に多読などのリーディングを避けてばかりいると、さらに語彙不足に陥るばかりでなく、英語力全般を伸ばすことが出来なくなってしまいます。

基本的に英語のリーディングは、すべての英語スキルの基盤を作るために最重要の勉強・トレーニングであると考えて下さい。リーディングを行うことで、単語や熟語の他、英語特有の表現やフレーズ、文法事項など、英語を多角的に学ぶことが出来るようになるのです

そこで今日は、リーディング・トレーニングを成功させるコツを一つ教えたいと思います。特に初心者の方はとても効果的な方法ですので是非実践してみて下さい。

その方法とは…

先に日本語で読む内容を確認(理解)しておいてから、英語を読むというトレーニングです。

「え、先に日本語を?それじゃ、意味がないのでは?」と思われる方もいらっしゃるかも知れません。しかし、実はこの順番でリーディングを行うと、とても効率的に英語力(読解力)を養うことが出来るようになるのです。

例えば、英字新聞であれば、同様の内容の記事を日本語の新聞やニュース等で先に確認してから読むようにします。日本語訳がついている英文であれば、先に日本語訳を読んでおいてから英語を読むのです。

すると内容を理解しやすくなるのは当然のことですが、重要なボキャブラリーや文法、英文の構造などを把握しやすくなります

いきなり英語から読む場合は、特に初心者の場合、わからない単語を調べることで手一杯になってしまい、肝心のキーワードや文法、英文の構造まで頭が回らなくなってしまうんですね。もう、単語を調べるためだけに読むという感じになってしまうのです。

すると、いくら多読トレーニングやリーディングの勉強を続けても、本来期待できる勉強の効果というものが薄れてしまいます。従って、先に日本語である程度の内容を理解しておいてから英文を読むようにすることをお勧めします。

最近では、日本の名作(小説や古典文学等)やマンガに至るまで英語に翻訳されている作品が多いので、このようなものを題材にリーディングのトレーニング行うのも良いでしょう。

ぜひ、このようなちょっとしたコツを掴んで「楽しみながら」リーディングの勉強を続けてみて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年12月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ