英語の発音が上手な人の特長

今日は発音の話です。

皆さんは自分の英語の発音に自信がありますか?

おそらく9割以上の人が「ない」と答えるのではないでしょうか。

確かに、私たち日本人にとって英語の発音というのは本当に大変な
難関の一つですよね。

英語の発音に関しても、実にさまざまなことが言われています。

口の形、発声法、呼吸法…。

でも、そんな難しいことにこだわらなくて大丈夫です。

私も本当に発音なんかメチャクチャでしたから…(^^;

Churchをカークですから… ←知る人ぞ知るネタですが。
まず、発音に関して言えば一番大事なことは「英語らしく発音する」
ということです。

「そんなこと当たり前だろ!」

そんな声が聞こえてきそうですが…。

ちょっと説明が足りませんでしたね。
英語らしく「聞こえる」ように「発音しようとする」姿勢が重要なのです。

これ、分かっているつもりでも実践出来ていない人が多いんですよ。

英語が話せる人にも色々ありまして、下手くそな発音でベラベラ話す人も
いれば、発音がものすごく上手なのにスムーズに会話が出来ない人も
います。

特にベラベラ話せるのに発音がモロ「日本人英語」という人は非常に
もったいないですね。あともう一頑張りすれば完璧なのに!って思って
しまいます。

こういう人というのは、発音に関して「ま、これくらいでいいや」って
思ってしまって、さらなる発音の向上にこだわりがないんですね。

「英語らしく聞こえるように発音しようとする」という姿勢がないんです。

日本人英語のアクセントでも通じているからいいかって思っているんです。
これは非常にもったいないですよ。

あとは、英語らしく発音することに抵抗がある人。

日本人の大多数は当てはまるのではないでしょうか。

本当はもっと英語らしく発音しなければいけないと分かっているのに
周りに笑われたら恥ずかしいと思って英語らしい発音が出来ない人。

学校の英語の授業なんかは本当にそうですよね。

帰国子女ならまだしも、普通の生徒が「英語らしい」発音で教科書の音読
なんかしたら… 絶対に笑われるじゃないですか。

そういう風潮、風土、雰囲気が絶対にあるんですよ、日本には。

他人と違うことをしたら、すぐに吊るし上げられる「島国根性」的風潮。

しかし、本当に英語を身につけたいのであれば、そんなことに
こだわっていられません。

「恥ずかしい」という気持ちを捨てて、英語らしく発音してみるという
姿勢が身につけば、あなたの発音は絶対に良くなります。

何故なら私もそうだったからです。

「俺の発音は英語らしくないよな、よしなるべく英語らしく発音するよう
心がけよう」

たったそれだけで、発音が随分良くなりました。

しかも一度うまくなった発音は元へは戻りません。
むしろ前の日本人的発音に戻そうとする方が難しいのです。
ここで発音が上手い人の特徴を教えます(かなり独断的ですが(^^;)

● 女性である:
なぜか女性の方が英語の発音がうまいんです。通訳や翻訳者に女性が多い
のも、そんな理由からでしょうか。女性の方が語学的才能に長けている
ようですね。

● 口元にポコッと筋肉が発達している:
なぜか口の両脇下にポコッと出ています。ネイティブスピーカーの口元を
見ていて、その違いに気付きました。きっと発音に関係する筋肉が発達
しているのでしょうね。筋肉が発達するほどになれば、相当発音は良く
なっているはずです(^^) 私はまだです(笑)

● モノマネ上手
モノマネ上手は英語上手?このネタは英会話マニュアルに書いてあります。

● 音楽好き
耳が良いんでしょうね。私が大好きな細野晴臣さんも、英語の発音が
とてもうまいです。

● 声が低い
声が小さいということではありません。音程が低いのです。
例えば男性の場合、低い声で話した方が英語らしく聞こえます。
逆に高い声で英語らしく発音するのはとても難しいです。これが周波数
ということなんでしょうか。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2006年9月11日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ