私が体験した英語のブレイクスルーはコレでした

何事にも「ブレイクスルー」というものがあります。

ブレイクスルーって一体何でしょう?

それは、「何らかの壁を突破すること」です。そして、それによって大きな変化を体験することです。

例えば、TOEICの勉強を一所懸命続けてきてもなかなか500点を超えられないとか、どうしても700点に到達しないとか、800点はいくのに900点超えがどうしても難しいとか…そういう「壁」があるわけですが、それがある時、ふと何かのキッカケで一気に崩れ落ちるということがあります。

それが所謂「ブレイクスルー」というものですね。英語の習得におけるブレイクスルーというのは高い「負荷」をかけた時に起きることが多いようです。

例えば、リスニングをずーっと「流し聞き」していてまったく聴き取れるようにならなかったのに、週末に朝から晩まで海外ドラマのDVDを見続けていたら、それ以降やけに英語がクリアに聴き取れるようになったなんて話がよくあります。

そのように、ブレイクスルーを体験するには「短期集中」的な負荷をかけることが重要と言えます。私の場合の英語のブレイクスルーは色々ありましたが、中でも印象的なものが外国人と「口喧嘩」をしたことです^^

アメリカに留学していた頃の話ですが何か授業のことで口論になり(相手はアメリカ人ですよ)そいつの言い方があまりに傲慢で我慢ならなかったので、頭に血が上って、ガーッ!!!と言いたいことを全部ぶつけてしまいました。

その時、自分でも驚くほど英語が自然に出てきたのをよく覚えています。そして、それ以降というもの英語を話すことが非常にスムーズになりました。よく「タガがはずれる」なんて言いますが、まさにそんな感じですね。

それまで自分の中にあった「英語はそんなにスムーズに話せるワケがない」と思っていたメンタルブロックが一気に解除されたのです^^

もし、あなたが英語の習得において何らかの「停滞感」を感じられているのであればどんなことでも良いですから、一度そのようなブレイクスルーとなり得る「キッカケ」を探してみて下さい。多くの場合、高い負荷をかけるとそのようなブレイクスルーを体験しやすくなります。

まぁ、別に外国人と喧嘩しろとはいいませんが^^;

それぐらいの高揚感とか、緊張感とか、何らかの高い負荷が必要というわけです。頑張って下さい^^


【編集後記】夕陽に映える紅葉…

koyo

近くにこんな良いところがあるんです。東京だって捨てたもんじゃないです^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ