英語って楽しい!と思える瞬間を味わうには

このメルマガの読者は、下は英語なんてサッパリ!という超初心者から、上はプロの通訳者・翻訳者まで幅広いレベルの方々が混在しています。

だから、ある時は「とてもためになりました!」というメールを頂くこともあれば、「難し過ぎます!」「簡単過ぎます!」という感想を頂く時もあるのです^^;

しかし、そんな幅広いレベルの読者にも共通してお話し出来ることがあります。それが…「英語って楽しい!と思える瞬間」を味わう方法についてです。

これから英語を真剣に勉強するという人も

これまで英語を真剣に勉強されてきた人も

英語って楽しい!」と思える瞬間がありますか?実は、これってとても大事な質問なんですよ。

英語が楽しいと感じる瞬間というのは人によって多少の違いはありますが、基本的には、「実際に英語を使っている」瞬間と言えます。

つまり、英会話であれば、実際に外国人を前にして英語を話し、聞き、コミュニケーションが成立した瞬間です。

これは初心者であってもプロであっても、実際に英語を使い、それが通用したことを実感出来る瞬間というのは、何事にもかえられない至福の瞬間と言えるのです。

しかし、現実には多くの人が「机上の英語」で満足してしまっています。確かに日本では英語を話す機会がなかなかありませんから、どうしても家に籠って一人寂しく英語の勉強という形になりがちです。

でも、それでは本当の意味での「英語の楽しさ」を味わったことにはならないのです。英語というのは道具のようなものです。実際に使って、初めてその真価(楽しさ)がわかるものです。

私はクルマが好きなので、英語とクルマは似ているなぁとよく思います。クルマも道具ですから、乗って、使って、初めてその真価(楽しさ)がわかります。本やカタログを眺めているだけでは、その本当の価値、楽しさ、面白さはわかりません。

だから、実際に英語を使う機会を設けて下さい。

リアルの世界で難しいようであればウェブという仮想の世界で英語を使うのも良いでしょう。海外のブログにコメントを投稿するのもいいですしFacebookやTwitterを活用するのも手です。

もちろん、一番のお勧めは実際に外国人を目の前にしてお話をすること。自分が話したいこと、伝えたいこと、表現したいことを思い切って英語で口にしてそれが相手に通じてコミュニケーションが始まったら、こんなに楽しい瞬間はありません。

重要なのは、「実際に英語を使う」こと。机に向かって勉強ばかりしていてはダメです。

週末は外に出てみませんか?^^


【編集後記】すわ爆発か?火事か?

kumo

…いえ、ただの夕陽に照らされた雲です。すごい夕焼けでしたねー。東京に住んでいる人は見た人多いのでは?(「すわ」ってのも死語ですね^^;)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ