英語だから話せないというワケではないのです

今日は英会話がどうしても上達しないという読者から質問を頂いてますので、その回答をシェアさせて頂きたいと思います。

「渡邊先生、私は英語が話せるようになりたいと思い、英会話教室に通い始めて以来数年経つもののいまだに英語が喉から出てきません。同期で英会話を始めた若い子達はものすごく上達しています。何か上達のコツがあれば教えて下さいませんか?かなり悩んでいます。」

そうですね、まず典型的な例だと思うのが「英語が話せない状態」で英会話スクール等に通い始めてしまっているという点です。

これはもう過去にもメルマガやブログで何度も言っていますので、そろそろ皆さんに理解頂けたかと思っていたのですが^^;それでも未だ「英語が話せない状態」で高額な英会話スクール等に行ってしまう人が多いことに驚かされます。

まず、英会話教室、スクールというのは既にある程度英語を話せるようになった人が自分の英語力を試しにいく場所であるということを知っておいて下さい。

英会話スクール=「力試しの場」です。

英会話教室やスクールは、英語を話す機会や場を提供してくれますが、英語の話し方自体を丁寧に教えてくれることはまずありません。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?

まず、スピーキングであれば自分が話したいこと、相手に伝えたいこと、表現したいこと等をあらかじめノートにまとめ、英語で準備しておくと良いのです

英語が苦手だと言う多くの日本人が、実は日本語であっても会話が苦手であるといいます。その理由は、自分が話したいこと、相手に伝えたいこと、表現したいこと…を自覚していないから、です。

日本語でさえ、自分が何を話したら良いかわからない…という人が英会話でペラペラと話せるわけがありません^^;

したがって、英会話でペラペラと英語を話したいのであれば、少なくとも自分が口に出すことぐらいは英語できちんと準備しておく必要があります。

これは別に英語に限った話ではなく、日本語であっても中国語であっても、イタリア語であっても同じなのです。

言ってみれば、「英語だから話せない」のではなく、自分が話すべきこと、話したいこと、伝えたいことを自覚していないから、話が出来ないだけのこと^^

そういう意味でも、常日頃から四方八方にアンテナを張り、さまざまな情報、トレンド、トピックに目を向けておくと良いです。そして「これは!」と思ったネタがあれば、すかさず英語にして自分の表現としてストックしておくわけです。

日頃からそのような努力を惜しまない人はやはり英語が上手です。もちろん、英語だけでなく日本語でも会話が上手ですね。常に色々な話題における自分の意見や感想などを用意しているため、とっさの一言がサラっと出てくるのです。

英会話でなかなか上達しないというのは、実は英語力の問題というよりは、単に話題不足の問題であったり、自分の意見を用意しているかしていないかの問題であったりします。

これからは積極的に自分の話したいこと、伝えたいこと、表現したいことをどんどん英語で用意しておきましょう。たったそれだけのことで、あなたの英会話力は見違えるほど上達するものです^^

ぜひ、頑張って下さいネ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ