結局、英会話は「主導権」を握った者が勝つのです

日本語でも英語でも同じですが、会話というものは「主導権」を握った者が勝ちます。

まぁ、会話ですから「勝つ」とか「負ける」とか言うのも変ですが^^;
要するに、なぜ日本人が英会話が苦手かと言うと、多くの場合、英会話において「主導権」を握ることが出来ず、相手(通常は外国人)に振り回されてしまうから、です。

では、どうすれば会話の主導権を握ることが出来るようになるのでしょうか。そのためには「英語力」が必要なのでしょうか?

確かに、英会話において主導権を握るためにはある程度の「英語力」も必要ですね。しかし、実はそれよりももっと重要なことがあるのです。それは…「ネタふりの力」です。

ネタふりとは一体何のことでしょう。簡単に言えば「話題の提供」、要するに「会話のきっかけ作り」ですね。日本語でも英語でも、韓国語でも、中国語でも、会話というものは、常に「主導権」を握った人の流れ、ペースで進む傾向があります。

そして、多くの場合、会話での話題を提供した人、すなわち「会話のきっかけ」を作った人がその会話の主導権を握るのです

日本人は英語が苦手ですから、どちらかと言うと「聞き役」に回ってしまいがちです。だから、常に最初の話題を提供するのは外国人側となります。つまり、常に相手側に主導権がいったまま会話を続けることになるわけです。

元々英語力がないというのも原因と言えますが、それに加えて会話の主導権を握られるとなかなか会話を続けるのが難しくなります。

ほとんどの人が頷くだけ、或いは「Yes」や「No」を連発するだけで終わってしまう理由がここにあるわけです。

では、どうすれば「会話の主導権」を握ることが出来るのでしょうか?

そのためには「ネタふり」のための準備をしておくことが効果的です。どんなに英語が得意な人でも自分が知らないことを英語で話すことは出来ません。

それは日本語でも同じことです。つまり、英会話用の「ネタ」を常に仕入れて準備しておくことが重要というわけです。英会話が得意な人というのは、実はこういう準備を陰でコッソリと行っています。

それは、時事ネタでも良いですし、エンターテイメントでも、新製品に関する話題でも何でも良いです。自分が興味を持てることでさらに英会話での話題にふさわしいネタがあれば、日頃から積極的にインプットしておきましょう。

そして、実際の英会話では、相手の話を聞く側だけでなくこちらからもどんどん「ネタ」を提供して下さい。話のきっかけを掴むことが出来れば、英会話が非常にスムーズに進むようになります。

 

ぜひ試してみて下さいネ!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年11月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ