行動を開始するには「感情」の後押しが必要なのです

人間というのは、何か行動を起こす時、頭で何かを理論的に考えて行動に移すのではなく「感情」があって初めて動くことが出来るらしいです。

例えば、英語の勉強であっても

TOEICのスコアを上げなければ会社をクビになってしまう…

英会話が出来ないと困ってしまう…

と頭の中で考えるだけでは、なかなか行動に移すことが出来ないんですね。そうではなく、TOEICのスコアが上がらず、会社をクビになったらお給料がもらえず、支払も出来ず、生活に困って不安になる…。借金の取り立てが来て脅されて…怯えて暮らさなければならななくなる…

「そんなのイヤだ!」

という感情が動いて、初めて「英語の勉強」という行動に移れるということなのです。

英会話についてもそう。

頭の中で「英会話が出来ないと困る」とわかっていても、それだけではなかなか行動に移すことが出来ません。そうではなく、英会話が出来ないことで外国人に話しかけられて困り果てる自分を想像し、心臓がドキドキして顔面蒼白になり、手が震え、周りから笑われ、ますます緊張して…

「そんなのイヤだ!」

という感情が沸き起こって初めて重い腰を上げられるというわけです^^

実際、「渡邊先生、なかなか英語の勉強を始めることが出来ません」という類のメールをよく頂くのですが、そういう方の多くが、頭の中では「勉強をしなきゃ」と分かっているのですが、結局「感情的な部分」ではそれほど焦っていないんですね。

何度も言いますが、人間が行動を起こせるのは「感情」が動いた時だけです

それがなく、頭の中で冷静に「勉強しなきゃ」と認知している程度ではなかなか行動に移すことは難しいのです。

従って、なかなか行動に移せないという人は、あなたが英語の勉強を始めないことによって起き得るすべての「困ること」「イヤだ!と思うこと」を頭の中に詳細に、鮮明に想い描いてみて下さい。出来れば冷や汗が出るくらいに想像してみると良いのです。

すると…

「そうだ、やらなきゃ!」

「こんなことしている場合じゃない!」

「今すぐ取り掛かろう!」

という気持ちになることが出来るはずです^^

今日の話はちょっと「耳が痛い」人も多いかと思いますが、別に意地悪で言っているわけではありません^^ あなたの「感情」をうまく用いて「行動」をコントロールする裏ワザですので是非知っておいて下さい^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ