大ヒント!私たちはどうやって英語を聴き取っているのか?

今日のお話は「リスニング」に関するものです。

「私たちはどうやって英語を聴き取っているのか?」

今日も時間がないので、要点だけをお話しします^^

よく、リスニング力を身につけたいという人が「どうすれば英語を聴き取れるようになりますか?」という質問のメールを下さいます。

これに関するそのものズバリの回答は、私の教本内で特に詳しくご紹介しているのですが、今日は私たちが「どうやって英語を聴き取っているのか」、そのメカニズムについて説明します。

大きなヒントを暴露するのですからしっかりと読んで下さいね。

英語を聴き取れない人は英語の音声を一所懸命聴き続け、徐々に英語が聴き取れるようになり、そのうちに自然と英語が理解出来るようになるものと考えているわけですが、実際には「聴き取り」の仕組み自体を理解しないと大変な時間と労力がかかることになります。

まず重要なことは、英語を聴き取れるようになった日本人というのは一つ一つの単語を厳密に聴き取って、それをまるで「読むかのように」理解しているわけではないということです。

そうではなく、複数の単語のまとまり、フレーズやそれよりもっと短い慣用句・熟語といった単位で、「既に自分が知っている表現と照合し」、理解しているのです

「照合し理解している」なんて言うと、何だか大変なことをしているような気がしますが^^; 実際にはこれを頭の中で瞬時に行っていますので、意識してやっているわけではないんですね。この部分は、要するに「慣れ」です。

したがって、重要なことは、あなたの頭の中に出来るだけ多くの英語の表現、すなわち「複数の単語のまとまり、フレーズやそれよりもっと短い慣用句・熟語」を入れておく(=知っておく)ことなのです。

リスニングのトレーニングというと「聞き流し」とか英語をただひたすら聴くことだけに専念しがちですが(もちろん、それは英語の音声に慣れるという意味では重要なのですが)、もっと重要なことは、上述の通り、出来るだけ多くの英語の表現を頭の中に入れておく、ことなのです^^

しかも、その表現は何でも良いというわけではありません。これについては私の教本で詳しく説明していますので、興味のある方は読んでみて下さい^^

リスニング力を確実に身につけると英会話はもちろん、TOEICなどで高得点を取りやすくなります。なぜなら、大半の日本人はリスニングのメカニズムや、どんな英語の表現を頭に入れておくべきか等を知らないから、です。

ぜひ、この機会にグッとリスニング力を身につけて一気に目標に近づきましょう。

リスニングを制する者は英語を制します^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年10月5日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ