すべてこの「パターン」なのです

英語を勉強している人にも色々な種類があり、ほんの趣味で英会話サークルに通っているという人から、会社でTOEICを強制的に受けさせられるために英語力をつける必要がある人とか、将来「同時通訳者」になるという目標を持っている方まで、実に多様なわけです。

で、そんな多種多様な英語学習者の共通の悩みというのが、「なかなか思い通りに英語を操れるようにならないこと」に尽きます。

スピーキングであれば、自分が言いたいことをうまく英語で表現することが出来ない…

リスニングであれば、相手が言っていることをうまく聴き取ることが出来ない…

リーディングであれば、書いてあることをうまく読解することが出来ない…

ライティングであれば、自分が書きたいことをうまく英語で表現することが出来ない…

というわけですね。まぁ、これらは至極当然の、英語学習者の「究極の悩み」と言っても良いでしょう。結局、皆さん「英語を自由自在に操ることが難しい!」と言っているわけです^^;

しかし、私からすれば、これらの問題を一気に解決することはさほど難しいことではありません。なぜなら、その答えはとてもシンプルで、簡単なものだからです。笑っちゃうほど単純な話なんです。

では、その答えは何でしょうか?

それは、「パターン」です。これは英語だけに限らず、すべての言語の習得において重要なカギとなるものです。

「パターン」には英語のフレーズ、型、慣用表現などが含まれます。また、会話の流れ自体の「パターン」もあります。その他、挨拶のパターンや自己紹介のパターン、社交辞令のパターン、肯定・否定のパターン、感情を表す時のパターン等々、さまざまなシチュエーションごとのパターンが存在します。

で、英語を自由に操れるようになった日本人というのは、こういうパターンを大切にします。言ってみれば、一つ一つの単語や英文法の知識なんていうものは大した意味を持たないのです(そんなものは後回しで構わない)。

そして、パターンを制した者は強いです。スピーキングは勿論、リスニングも結局、知っている「パターン」の数がモノを言います(ここ、すごく重要なヒントですよ!)。リーディングも、ライティングも然り。

いいですか、英語をマスターしたかったら「パターン」を知ることを最優先にして下さい。これについて詳しく知りたい方は、私の教本を読んでみて下さい(既に一般販売は終了していますので、たまにお送りするキャンペーンの時は絶対見逃さないで下さいね^^)。

すべて、「パターン」の数が決め手となります。これ、本当に覚えておいて下さいネ。



【編集後記】お月さま、見ましたか?

中秋の名月、きれいでしたね~。時間があれば望遠鏡にデジカメをくっつけて写真を撮りたかったんですが、ちょっと忙しくて無理でした。

満月には不思議な力があるそうで…。たくさんの月明かりを浴びてエネルギーを充填しました^^ 金運アップするかな?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ