謙虚な気持ちで学んでいますか?

Yahoo!のトピックスで久しぶりに「ハッ」とさせられる記事を見かけました。Business Media誠の記事で「『知っている』が学ぶ心を妨げる」というものです。昨夜紹介されていましたので読んだ方も多いのではないでしょうか?

この記事によれば、人は「そんなこと知っているよ」と思った途端に、そこで学ぶことをやめてしまう傾向があるというのです。

確かに、現代社会では知的好奇心が旺盛な人は多く、私たちは毎日「新しい知的情報」や「新しいノウハウ」を知りたがり、日夜ネットを徘徊しています。どこかにもっと良い方法、ノウハウがあるのではないか?と、そればかり探し回っているのです。

そして何か目新しい情報源に辿り着くと、単純な二元論でその情報を評価します。すなわち「知っている」か「知らない」か、という浅はかな価値観で、その情報の真価を判断しようとするのです。

「知っている」と判断した場合、多くの人はそこで学びの追求をやめてしまいます。そこで「考えること」を停止してしまうのです。

実は、これは私にとって、とても耳の痛い話でした^^;

数か月前、あるビジネス系のセミナーに参加したのですが、講師は私より遥か年下、話している内容も私が既に知っていることばかりで、序盤から私は「不信感」を募らせていました。そして、セミナー内容を半分聞いたところで「そんなことは百も承知だ!」と心の中で憤り、途中退席してしまったのです。

かなり高額なセミナーであったこと、超多忙なスケジュールの合間を縫って何とか参加したことなど、考えれば考えるほど腹立たしく、後悔の気持ちで一杯になりました。…が、私はその夜「もっと後悔する」ことになったのです。

それは…、同じセミナーに参加していた知り合いの社長さんから電話があり、「何故途中退席したんですか?午後のセミナーはサプライズのゲスト講師も来て、ものすごく役立つ内容だったんですよ!」と言われたのです^^;;;

結局、私の中に少しでも「学びに対する謙虚さ」があれば、「そんなこと知っているよ!」と言って卓袱台をひっくり返さず、その後もきちんと考え続け、学び続けることが出来たのではないでしょうか。

これは、私のブログやメルマガ、そして教本を読んでいるあなたにも言えることです。私のメルマガやブログを読んで「そんなこと知っているよ!」で終わった人は、その先がありません。そう思った時点で思考は停止するから、です。

もちろん、そんな方は単に私との「縁」がなかっただけかも知れませんが^^;、一方でたくさんの方がブログやメルマガの内容を参考に英語の勉強を続け、そして実際に成果を出されていることを考えると、とてももったいないですよね。

私も、「そんなこと知っているよ!」と思われないコンテンツをこれからも配信していきたいと思っていますので^^、あなたも是非「謙虚」に学びを続けて頂ければ幸いです。自戒の意味も込めて、今日の記事を書きました^^


【編集後記】我が家のサザナミヤッコちゃん

sazanami

うちのタンクメイト・シリーズです^^ これはサザナミヤッコの幼魚。まるでゴッホの「星月夜」みたいなカラーリングですが、成魚になるとまったく違う模様になります。水槽の中のナンヨウハギ(ドリーちゃん)を追い回すので現在、隔離水槽にてお仕置き中^^;

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ