英文法はこのやり方で身につけよう

今日も読者からの質問です:

「英文法が苦手です。いくら参考書を読んでもその時は理解出来た気がするのですが、トイックの文法問題は全滅です。どういった勉強方が効果的でしょうか?」

日本人は比較的に英文法に強いと言われますが(学校での英語の勉強が「読み」や「文法」に偏っているから?)、それでも本当の意味で英文法を理解している人は少ないのではないかと思います。

日本人の言う「英文法をきちんと理解している」という状態が、すなわち受験英語の文法問題で正答出来るかどうかという、非常に表面的な価値観に基づいているものであるため、どうしても「文法=試験で良い点を取る」という軽薄な図式になってしまいます。

もちろん、今TOEICや英検や大学受験等々、「英語の試験」において英文法の問題を正答し、結果を出すことを目標としているのであれば、それはそれで割り切って「表面的な文法の理解」でも構わないでしょう。

しかし、そのような表面的な理解が、果たして真の意味で英語を身につけようとする時に役立つかと言えば、非常に疑問です。

英文法の効果的な学習方法として私が推奨しているものは、「英文法」を単体で勉強しないということ。つまり、英語を読んだり、書いたり、聴いたり、話したりする「実践の英語」との触れ合いを通して、その都度「英文法」を学んでいくと良いのです

例えば、気に入った洋書などを読んでいて(それを「勉強」と捉えず、趣味の一環での「読書」と捉えられれば尚良し)、単語の意味だけでなく文法がわからないと意味を正確に把握することが出来ない…という場面に出くわしたら、その時点で初めて当該の文法事項を調べてみるのです。

他にも、英語を書いていたら、どうしても文法を理解しないと、自分の意図する正確な表現が出来ないという場面に出くわすことがあると思います。そのような時に初めて文法書を紐解いてみるわけですね。

そのように、文法がわからないとその先に進めないという状況に自分を落とし込むと、ものすごい吸収力で英文法を深く理解することが出来るようになります。言ってみれば、そのような「チャンス」と出くわすために、洋書を読んでみたり、英語を書いてみたりするのです。

一方、従来の英文法の勉強と言えば、おそらくご質問された読者もやっていらっしゃることでしょうが、英文法の勉強として「英文法」だけを、参考書の1ページ目から項目順に勉強されていると思います。

そのような勉強の仕方では、確かに「俺は今、英文法の勉強をしているぞー!!!」という気分になるかも知れませんが、ほとんどの場合、1週間もすると勉強した内容を忘れます^^;

なぜなら、そのような機械的な勉強では心(頭)に印象を与えられないから、です。これは英単語でも同じことが言えるのですが、何か覚えようと思ったら、頭にガツンとくる程のインパクト、インプレッションを与える必要があります

ただ漠然と、英文法書を順番通りに眺めていても、心(頭)には響かないんですね。だから、英文法の勉強であっても、それだけを単体で行うのではなく、英語を書くこと(ライティング)や英語を読むこと(リーディング)など、聴くこと(リスニング)、話すこと(スピーキング)といった、実際の英語との関わり(触れ合い)を通じて、そのプロセスの中で英文法を学んでいくと良いのです。

ぜひ、参考にしてみて下さい^^


【編集後記】夏の終わりの怪談です

昨日の深夜、部屋の中に、明らかに自分のものではない、長くて太~い、真っ黒な「女の髪の毛」が落ちていることに気づきました。

拾ってよく見てみると、長さは50~60センチ、気持ち悪いことに太さが一定でなく、数センチ単位でゴツゴツとしていること(人間のものなのかと疑うほど)。カミさんはパーマをかけているので、違います。勿論、子供のものでもありません…。

そして、もっと恐ろしいことは、私が中学生の頃と二十代の頃の合計二回、過去にもこの髪の毛が部屋の中に落ちていたことがあったという事実です…。本当は、その写真を掲載しようと思ったのですが、あまりにも恐ろしいので、それは自粛します^^;

こ・わ・す・ぎ!(泣)

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年8月23日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:英文法

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. Kayoko Helgesson より:

    え~!そう言われると写真を見てみたい!過去に見つけたのも同じ部屋ですか?なぞを解き明かしたいですね。意外と笑える結末だったりして^^

  2. 矢幡 学 より:

    おっしゃられる通りです。 文法書を頭から読んでも、眠たくなるだけです。 Needsのある度に、文法書を紐解く、それが良い学習法と思います。その為には以前も言いましたがIndexの豊富な文法書が良いと思います。 問題はどう調べて良いかわからない事項に出くわした時です。
     一例を一つ、Asked about her future, Hagiwara said she wants to continue studying as much as she can to be satisfied. 恥ずかしながらshe can to be satisfiedを続きとして捉えた時、can toとは理解できない、どう考えるべきか悩みました。 文法書も調べようがありません。考えあぐねて、通っているNOVAのNative teacherにEnglishで質問しましたら、canとtoの間で切ると即座に答えてくれました。一発で納得です。 これは程度の低い事例で敢えて記述しましたが、なんとも言えない文法上等の疑問にぶつかることも時々あります。 何かいい方法ありますでしょうか?


コメントをどうぞ

このページの先頭へ