記憶力が衰えていたって関係ないです

読者からの質問です:

「70の手習いで英語を学び直しはじめた者です。毎日メールをいただいてやる気になっているもの、昨日調べた単語の意味を今日忘れている。文法の意味も読んだ直後から忘れている。ホトホト自身の記憶力の無さに呆れています。こんな調子で英語がみにつくかと思いますが....」

回答:

まず「70の手習い」というところが素晴らしいですね^^ 最近は70であっても80であっても、年齢に関係なく英語習得に挑戦される方が本当に多くいらっしゃいます。そして、そんな「やる気」に満ち溢れた方々からの決意のメールをよく頂くのですが、私のような怠け者からすると逆に大きなパワーを頂く感じで、頭が下がります^^;

さて、記憶力の話については、これまでも結構触れてきました。結論から言えば、英語の習得において「記憶力」というのはあまり関係ないです

確かに英単語を覚えられないとか、覚えてもすぐに忘れるとか、英文法を勉強しても次の日にはきれいサッパリわからなくなっているとか、そういうことはあります。しかし、そんなことは誰にでもあることで、取り立てて英語の習得の障害になると考えない方がいいです。

確かに人間の脳細胞というのは加齢によって数が減ったり、反応が鈍くなったりというのはありますが、それが原因で英語が習得できないとか、英会話が出来ないとか、そういうことは有り得ません。

その証拠に、実際に高齢の方でも海外旅行で果敢に英会話に挑戦されている方も多いですし、英会話サークルなどでも指導者的立場にある方もたくさんいらっしゃいます。皆さん本当にエネルギッシュで、やる気に満ち溢れていますね。

で、そんな高齢で英語が得意な方というのは、記憶力がないから無理…とか、老化しているからダメ…とか、そういう考え方をしません。記憶力がなくて英単語が覚えられなければ、小さな電子辞書を片手に英語を話せばいいじゃないか、という発想の転換で英語の習得を決して諦めないのです。

確かに昔であれば、重い辞書を持って歩かなければなりませんでしたし、瞬時に英単語の意味を調べるということも難しかったかも知れません。しかし、今の時代は超小型の電子辞書があります。必要であればiPadだってあります。文法がわからなければ、ネットにつないでその場ですぐに調べることだって出来るのです。

つまり、今の時代は無理に英単語や英文法の知識を頭に詰め込まなければいけない時代ではないということです。わからなければ電子辞書やパソコン、iPadなんかを駆使すれば良いだけ。それで、実際に英会話は問題なく出来ますし、より楽しみながら英語に触れることが出来るようになります。

なぜ、便利な電子辞書やiPad、パソコンがあるというのに、わざわざ辛い思いをして全ての英単語や英文法知識を頭に詰め込まなければならないのでしょうか?

もちろん、TOEICや英検などの試験を目指しているのであれば、ある程度の暗記・記憶は必要ですが、海外旅行で英会話を楽しんだり、日常英会話が話せるようになりたいというのであれば、苦労してすべての単語を覚える必要はまったくないのです。

世の中はどんどん便利になっています。使えるものはどんどん使って、賢く英語を話せるようになりましょう^^

元々の目標は「楽しく英語を身につけること」だったはず。それがいつの間にか眉間にしわを寄せて机に向かう「苦行」と化しているのであれば、今すぐに発想の転換をしてみて下さい。「記憶力」なんかまったく関係ないんだと気づくことが出来るはずです。


【編集後記】

夜中に住宅街で花火をバカスカ打ち上げているアホな若者たちがいたので、頭に来て警察に通報。しかし、待てど暮らせどお巡りさんはやって来ません。結局、若者たちは盛大な花火大会を満喫して家路に…。しばらく経ってパトカー登場!…って、遅過ぎるんですよ–;

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ