自分の勉強の方向性が間違っていないか確認する方法

独学で英語を勉強していると、果たして自分のやっている勉強内容は正しいのか、間違っていないのか、気になることがあると思います。

一所懸命に単語を丸暗記していて、それでもまったく英語を話せるようにならないとか、英会話スクールに何年も通い続けていて、それでも満足に自分の言いたいことを相手に伝えることが出来ないとか、相手の言っていることが聴き取れないとか…

要するに、努力の割に期待しているような結果が出ていない時に、ふと自分のやっている勉強方法は正しいのか?実は間違っているんじゃないか…?と不安になるわけです。

そんな時に、あなたがやっている勉強内容が間違っているかどうかを簡単に確認することが出来る方法を教えます^^

まぁ、「方法」なんて言うと大袈裟な感じですが、要は「自分の感情に訊いてみる」ということです。人間の「感情」というのは、何のためにあるかと言うと、今あなたがやっていることが正しいかどうか、自分のために役立っているのかどうかを教えてくれるためにあるのです

これは別に英語の勉強に限ったことではありません。自分が不快に感じること、つまらなく感じること、厭だと思うことは、つまりあなたの脳(潜在意識)が「今、自分がやっていることは正しいことではないぞ!方向を間違えているから修正せよ!」と呼びかけてくれているわけです。

例えば、今あなたが英語の多読トレーニングを続けているとします。毎日、難しい英字新聞の記事をこれでもか!という程、読み続けています。しかし、ちっとも楽しくない。どちらかと言えば苦痛に感じる、もうやめたい…と思うのであれば、現段階で「多読トレーニング」はあなたに適した勉強内容ではないということなのです。

英会話スクールに通っていて、ちっとも楽しくない。むしろ自分の英語力の無さに嫌悪感を抱くほどだ…というのであれば、現段階で「英会話スクール」はあなたに適した英語習得の手段ではない、と言えるわけです。

ここで「現段階」という言葉を強調していますが、実はこれが重要で、人間の感情というのは常に変化しています。今日「イヤだ」と感じたものが明日には「良い!」と思えることがあるのです。

従って、今は多読トレーニングが間違った勉強内容であったとしても、1か月後にもっと語彙力を増強してから再チャレンジしてみれば「面白い!」「楽しい!」「快感!」と思える可能性があります

だから、常に自問自答し続けて下さい:

「今やっているこの勉強内容は、果たして楽しいか?気持ち良いか?快感か?」

もし、今やっている英語の勉強内容が「正しい方向性」に向かっているのであれば、100%「楽しい!」「気持ち良い!」「快感!」と思えるはずです。それは、あなたの脳(潜在意識)があなたが正しい方向に向かっていることを教えてくれているから、です。

そして、そのような状態で勉強を続けることが出来れば、ほぼ確実にあなたは英語をマスターすることに成功するはずです。既に英語を身につけることに成功した多くの日本人が、実際に英語を習得している時には英語の勉強が「苦痛」に感じることはなく、むしろ楽しみながら、ワクワクしながら勉強していたと言います。

もし、今やっていることが「苦痛」「楽しくない」「つまらない」と感じているのであれば…、それはあなたの脳(潜在意識)が、現段階ではそれが「あなたに適した勉強内容ではない」ということを知らせていることになります。

もしかしたら、今のあなたのレベルに合っていないことをやっているのかも知れません。もしかしたら、あなたの必要とする英語の勉強内容とはかけ離れていることをやっているのかも知れません。

いずれにしても、そこには何らかの「目標」と「方向性」の乖離(かいり)が生じている可能性がありますので、速やかに修正を行うべきです。ただし、先にも書いた通り、人間の感情というのは常に変化しています。今は「適していない」と潜在意識が判断したものも、時間が経つと「楽しい」「ワクワクする」と感じるようになるものです。

従って、最も重要なことは、常に自分の心(=脳・潜在意識)に問いかけ続けることです。「楽しい」と感じるならばGOサイン、「つまらない」と感じるのであれば、現段階では保留にして勉強内容を一度見直してみると良いでしょう。

是非、参考にしてみて下さい^^


【編集後記】今にも落ちてきそうな曇り空

donten

ゴロゴロ鳴っているなぁと思っていたら、見る間に空が真っ黒な雲に覆われ…。でも今日は涼しくていいです^^ このまま秋になってくれたら嬉しい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ