既に話せる人は知っている英語習得の「一定の法則」

英語が話せるようになりたいなぁ~とか、もっと英語が聴き取れればなぁ~と思っている人は実に多いです。このブログもメルマガも、そんな人たちが切実な思いを抱きながら読んでいることでしょう。

「どうすれば自由に英語を話したり、聴き取ったりすることが出来るようになるのか?」

ある意味、究極の疑問ですよね。今、英語を話せない人にとっては、既に英語力をバッチリと身につけ、自由自在に英語を口にし、聴き取ることが出来るようになっているバイリンガルの日本人というのは、本当に憧れの対象でしょうし、何とかしてそんな人たちの秘密を手に入れたいと思うのです。

多くの日本人が英語を苦手とし、ほとんどの人が外国人相手にまともなコミュニケーションをすることが出来ないわけですが、一方で同じ日本人なのに流暢な英語を操る人が実際に存在します。

きっとあなたの周囲にもいるでしょう。英会話教室やスクールでペラペラと気持ちよさそうに英語を話している人。職場で外国人相手に堂々と対等に英語でコミュニケーションを取れる人。

そんな「既に英語が話せるようになった日本人」というものが、何か特殊な才能を持ち合わせていたと思いますか?または、何か特殊な教育でも受けたのかと思いますか?

確かに、中には外国での生活が長いとか、帰国子女であったとか、そういう恵まれた環境で育った人もいるでしょう(まぁ「恵まれている」かどうかは、果たしてわかりませんが^^;)。

しかし、そんな特殊な経験を持つ人って、実際にはそれほど多くはないんですよ。むしろ、かなり少数派と言えます。だから、そんな少数派を差し引いて考えてみても、残りの多くのバイリンガルは、他の大多数の「英語が話せない日本人」と条件、環境は一緒なのです。スタートラインに変わりはないんです

ところで、私の周りには英語を話せる日本人がたくさんいますが、驚くことに彼ら・彼女らのほとんどが海外留学はおろか、英会話スクールにさえまともに通ったことがないと言うのです。皆、本当に「独学」で身につけているんですよね。

ここで言えることは、このような「英語を既に話せるようになった日本人」というのは自分で気付いている、気付いていないに関わらず、「ある一定の方法」に基づいて英語を習得しています。言わば、英語習得の秘密の方程式のようなものですね。勿論、私もその方法論に基づいて英語を身につけました。

では、その方法論さえ知ることが出来れば…当然のごとく、今英語で苦労されている方も非常にシンプルに、または効率的に、英語力を身につけることが出来るわけです。しかし…

しかし、ここに大きな問題があります。

それは…、既に英語を話せるようになった人というのは、その方法論をそう簡単には人に教えてくれないのです。確かに、自分の経験・体験を通じて知り得た方法ですから、それを口で説明するのが難しいという理由もありますよね。自分にはわかっていても、人に教えるのは難しいと…(中には「もったいないから」というケチな人も必ずいるはずです。というか、ほとんどがその理由でしょうね)。

では、どうすればその方法を知ることが出来るのか?

その全てを詳細にまとめたのが私の教本です。これらの教本では、既に英語を話せるようになった日本人が決して教えてくれない(または教えることが難しい)英語・英会話の習得の方法そのものズバリを、私の言葉でわかりやすく具体的に書き記してあります。


【編集後記】

昨夜も静岡で震度5弱の地震。さっきも千葉で地震…。最近また活発化しているのでしょうか。どうかご注意下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ