意識して発音することが大切なのです

英語の発音で悩まれている方は多いです。

色々な発音の教本を読んでみたり、発音矯正講座とかを受けてみたりするのですが、イマイチ発音が上達しない。挙句の果てには周波数とか、腹式呼吸だとか、喉を鳴らすとか(猫?)、まぁ色々な難しい話に首を突っ込むようになり…それでもサッパリ上達しない。

実は私は英語の「発音」というものを正式に学んだことがありません。発音記号がどうとか、舌を丸くして上の歯につけて…とか、そういうのを聞いても、まったくピンとこないのです^^;

しかし、それでも英語を話すことは出来ますし、当然相手に意思を伝達することは出来ますし、アメリカにいた頃は旅行中の日本人にネイティブと間違えられて、恥ずかしいので最後まで日系アメリカ人のふりをしていたこともあります。

で、なぜ私のように発音を正式に勉強したことがない人間が「英語らしい発音」を再現するスキルを身につけることが出来て、同じ日本人でも難しい発音の理論とか、正式な発声法なんかを高いお金を出して学んでもベタベタな日本人の英語発音しか口に出来ないのでしょうか。

一つ重要なことをお伝えしますと…

英語の発音においては「意識すること」が非常に大切です。「意識すること」というのは、「意識して英語らしく発音する(ようにする)」ということです。

多くの日本人は、英語らしく発音することに意識を向けていません。なぜなら、中学・高校・大学と、そういう教育を受けてこなかったからです。ペーパーテストの点数さえ取れれば、発音が悪かろうと英語の授業では問題がなかったからです(そもそも英語教師の発音自体が…)。

だから、ほとんどの日本人が英語を話す時に「より英語らしく発音してみよう」と意識しません。発音よりも難しい単語を使うことや、ちょっと凝った英文法を使って話す方が「ネイティブらしい」と勘違いしているんです。

で、これが実は元凶と言えるわけ。実は、日本人が英語を「それらしく発音する」には、ちょっとしたコツが必要です。そのコツの一つが「意識する」ということ。

例えば、テレビで関根麻里さんが流暢な英語を話していますよね。普通に日本語で話しながら、その合間に入った英語を完璧な発音で口にする。実はあれって結構難しいんですよ。

英語ならずーっと英語を話しているだけであれば、何も意識せずに済みますが、日本語を話していて、突然その中に英語があって、それを英語らしく発音するには、かなり「意識しなければ」うまく発音することが出来ないのです。

それは、どんなに英語が堪能な人でも「意識しなければ」日本語と英語の発音を切り替えるのって難しいんです。だから、英語の時は意識して「英語らしく」発音しようとし、日本語の時は日本語の発音に戻す…。

完璧なバイリンガルであっても、プロの通訳者であってもそれぐらい意識しているのですから、まだ英語がうまく話せないレベルの人であれば、それ以上に「意識しなければ」上手な発音にならないのは当然ですよね^^


【編集後記】マクドナルドのアイスコーヒーが好き

coffee

ハンバーガーはたまにしか食べないけど、アイスコーヒーはほぼ毎日飲んでるかも…

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2011年7月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ