英語が得意な人のこんな「裏の習慣」を真似しちゃおう!

英会話の時に、自分が言いたいことを

きちんと話せて、それが相手にしっかりと

通じたらとても嬉しいですよね。

一方で、もちろん思うように話せない

ということも多いと思います。

「ウーン…〇〇って、どう言えばいいんだろう」

「エート…ここは□□でいいのかなぁ?」

そんな感じで、何とも「モドカシイ」

感じで英語を話されている方がたくさん

いらっしゃると思いますが、、、

実はそんな「モドカシサ」は、

英語が得意な人も、不得意な人も皆さん

同じなのです。英語をペラペラ話せるように

見える人も、実は結構言いたいことが上手く

言えずにフラストレーションをためている

ものです。

しかし、英語が得意な人はその後が違う

んですね。何か自分が言いたいことが

上手く言えなかった…という時は、必ず後で

その語句や表現をきちんと調べて覚えようと

します。転んでもタダでは起きないのです。

ところが、なかなか英語が話せるように

ならない人は「喉元過ぎれば熱さ忘れる…」

ではありませんが、英会話でうまく話す

ことが出来なくても、その場が過ぎれば

もう何事もなかったかのようにスルーして

しまいます。「ま、いいか」なんて…。

そうではなく、英会話というのは

ある意味、そういった「うまく言えない

英語の語句・表現」を発見するための機会、

であると捉えた方が良いです。

つまり、英会話でシドロモドロになって

しまった時こそチャンスということですね。

よくピンチはチャンスと言いますが、

本当にそうなのです。

その時言いたかったこと、相手に伝えたかった

ことをしっかりとメモしておき、家に帰って

きちんと辞書を調べて、自分の表現として

インプットしておくということです。

これによって、また次の機会に同じような

ことを言いたい時、今度はパッとスムーズに

口から英語の表現を出すことが出来るように

なるはずです。

だから、そういった習慣を身につけられる人は

英語の習得も早いものです。失敗しても、

それを成功につなげられるということですね。

ぜひ、参考にしてみて下さい。

それではどうぞ楽しい週末を~!

追伸:

んでもって、こちらもご案内が終了と

なりますので、気になっている方は

忘れずに今夜中にお申込み下さいね!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

* 残り数時間で完全に終了です。

2017年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

独学で出来る「英語の最高の勉強の仕方」を教えます!

英語のインプットとアウトプットを

毎日実践する講座が新しく始まったのですが、

これがものすごく評判が良いです。

今日は、講座を受講されていない方にも、

この「I/O サイクル」の回し方(学習法)

を特別にご紹介させて頂きます。独学でも

十分に実践出来ますので是非参考にしてみて

下さい。

一体、どういうことをやっているかと

言いますと、まず以下のような英文を

読んだり、あるいは YouTube の英語音声を

聴き取ったりして「インプット」の練習を

します。

(英文)

Rest Stop Joke

http://www.greatcleanjokes.com/5144/rest-stop-joke/

(英語音声)

How To Ask "Are You Chinese or Japanese?"(英語音声)

https://www.youtube.com/watch?v=rkHdGPqMMwM

* 音が出ます、注意して下さい。

毎回こんな感じの、英語圏のごく自然な

英文や英語音声を読んだり聴いたりして、

その中から知らない英語の語句や表現を

どんどん抽出して覚えます(=インプット)。

* 実際の講座では、詳しい和訳や解説を

ご紹介しています。

次に、これらの語句・表現をただ機械的に

覚えてもすぐに忘れてしまいますので、

実際に英会話で使いそうな英語の短い表現に

アウトプットしてみます。

例えば、上記の英文(ジョーク)からは

こんな表現を抽出して覚えることが出来ます

(実際に辞書片手に読んで頂くと幸いです)。

(be) taken aback by ~ で「~に戸惑う・面喰う」

といった意味の定番表現がありました。

こんなのを、例えば以下のような英文にして

丸ごと音読を繰り返し覚えてしまうということです:

I was really taken aback by her

rudeness and brazenness.

「私は彼女の無礼さと厚かましさに

本当に驚かされた」

* 実際の講座では英訳の仕方を一から詳しく

解説しています。また、以下のような発音の

お手本をご紹介しています:

http://bit.ly/2rBehX6

また、以下は英語音声の方から抽出した

by any chance 「ひょっとして」「もしかして」

という、これまた定番のパーツです、

こんなのを使って英語のアウトプット(英訳)

を行うと、、、

Do you have an iPhone charger,

by any chance?

「ひょっとして、iPhone の充電器持ってる?」

なんていうライン(フレーズ)を書くことが

出来ます。

発音URL:

http://bit.ly/2pYevoX

こんなのを覚えておくと、

Do you have 〇〇 by any chance? で

「ひょっとして〇〇を持ってる?」

なんていう日常英会話で使えそうなフォーム

(定番の型)として役立ちますね。

上述のように、英語を読んだり聴いたりして

まず「インプット」を行い、そして

そこで知り得た新しい語句や表現を元に、

英語を書いたり、口に出したりしてみる

「アウトプット」を行うということです。

これが、私がいつも言っている英語の

「インプット」と「アウトプット」の正しい

サイクルということで、早い話、これを

毎日楽しみながら繰り返すことで、確実に

英語力を伸ばすことが出来るようになります。

さらに以下の講座で英文法の基礎知識を

徹底的に復習すれば、もう怖いものは

ないでしょう。こちらは明日締切です、

ぜひ今夜中にご参加下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

英語の上達が早い人はエネルギーを注ぐ方向性が違う?

 

最近年を取ったのか涙腺が弱くなって

困ります。先日も、洋楽の英語講座を

執筆していた時に、昔の曲を聴いただけで

涙がポロリとこぼれ落ちました。

音楽ってやっぱりいいなぁと思いました。

 

一方で、イギリス・マンチェスターでは

人を感動させてくれる、そんな音楽を

聴きに来た大勢の若者たちを狙った卑劣な

テロが起きましたね。

 

同じ地球上に、ある人々は美しい音楽を

作って多くの人々に感動を与えるために

生まれ、一方で一部のならず者たちは人々を

無差別に殺害するために生まれて来る…

 

この差って一体何なのかな?と本気で

考えてしまいました。やはり一番の違いは

エネルギーの方向性の問題なのかも知れません。

 

つまり、人間に秘められた可能性や能力を

ポジティブな方に向けるか、ネガティブな

方に向けるかの違いということです。

 

イスラム国のテロリストも、北朝鮮の

将軍様も、あるいは世の中にたくさんいる

犯罪者たちも、その力を「愛」や「創造」

といったポジティブな方へ向ければ良いものを、

「憎しみ」や「恐れ」「破壊」といった

ネガティブな方へ向けるから悲劇が繰り返される

のです。

 

これは英語の学習にも言えます。

常に「楽しい」「面白い」「ワクワクする」

「頑張る」「話せる」「聴き取れる」…といった

ポジティブな方向へ注力すれば必ず英語力は

身に付きますし、上達します。

 

しかし、中にはどうしてもポジティブに

捉えられない人がいるのです。英語の学習が

「つまらない」「退屈」「面白くない」

「もういやだ」「話せない」「聴き取れない」

…といったネガティブな方へ向かうともう

いけません。

 

同じエネルギーなのですが、注力する

方向が違うと結果もまったく異なってくる

ということです。

 

例えば同じコンピュータの専門知識があっても

社会貢献出来る技術者になる人と、ウイルスを

ばら撒いたり、ハッカーになったりする

「ならず者」がいるのと同じですね。

 

だから、英語の学習も常に「楽しいね」

「面白いね」「興味深いね」「よしやってみよう!」

という前向きな気持ちでいることが大切という

わけです。どうかあなたの能力をポジティブな

方に向けてみて下さい。必ずうまく行くはずです。

 

 

 

追伸:

ぜひこの機会に英文法のおさらい、総復習を

一緒にやりませんか?英語の基礎知識がしっかりと

わかっていると気持ちよく、常に自信を持って

英語と接することが出来るようになりますよ^^

 

「よし、やってみよう!」というポジティブな方は

こちらよりどうぞ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic-summer2017/

このページの先頭へ