なぜ英会話でこんな「予行演習」をする必要があるのか?

 

最近は物騒な隣国がミサイルなどを

バカスカ飛ばして(失敗が多いですが)

本当に迷惑な話ですね。

 

 

実際にミサイルが飛んで来た時のことを

想定して避難の予行演習などを実施している

自治体もあるとか。

 

 

まぁ、何かが起きてからでは本当に遅いので

予行演習(避難訓練)は重要なことだと

思います。核ミサイルの場合はどの程度

逃げることが出来るのかわかりませんが…。

 

 

いずれにしても「予行演習」を行うことの

目的は、イメージ・トレーニングを通して

本番の感覚をあらかじめ掴んでおくという

ことです。それによって、本番で慌てない

ようにするということですね。

 

 

で、ミサイルの話からいきなり英会話に

強引に引っ張りますが、英語を話すのが

得意な人というのは、要するにこの

「予行演習」を、英会話においても常に

実施しているということなんです。

 

 

大多数の日本人は、ぶっつけ本番で英会話に

臨みます。それはもう、本当に何も準備せず、

丸腰で挑むわけですね。まぁ、その度胸は

買いますが、やはり何も準備せずに英語を

話そうというのは無茶な話です。

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?

もちろん、英会話も「予行演習」です。

 

 

これを徹底して行うことが出来る人は、

英語を話すのが得意です。常に、

英会話の前に自分がどんなことを話すのか、

或いはどんな会話になる可能性があるのか、

先回りしてしっかりと準備しているという

ことです。

 

 

よく、英語がなかなか話せるようになりません…

とか、英会話の時に黙り込んでしまうのです…

という嘆き節を耳にしますが、そういう方に

限って、結局なーんにも準備してないのです。

 

 

予行演習、イメージトレーニングなんて、一体

何のこと?といった感じです。それでいて、

ぶっつけ本番で英会話に臨んで、敢え無く撃沈…

という憂き目を見ることになります。

 

 

プロの通訳者でさえ、仕事の前にはさまざまな

前準備を行います。専門用語のチェック、

会話内容の確認、バックグラウンド事項の

入念かつ徹底的な下調べ…。

 

 

プロでさえ予行演習に余念が無いというのに、

英語学習者が何もせずに英語を話せるわけが

ありませんよね。だから、英会話は予行演習、

つまり準備が何よりも大切だということなのです。

おわかり頂けたでしょうか?

 

 

追伸:

でも、どうやって予行演習をすれば良いのか

わからない?それなら、明日まで募集している

こちらのプログラムに参加してみて下さい。

英会話の予行演習を一から全て「手取り足取り」

私・渡邉が直接指導させて頂きます!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-tensaku2017/

* プレゼント書籍は残り3セットのみ、

ぜひ今夜中にご参加下さい。お待ちしています!

2017年4月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

なぜ英会話が盛り上がらないのか?その理由はここにあった…

唐突ですが、もしあなたが英会話で相手に

How do you spend your free time?

「あなたは余暇に何をして過ごしますか?」

と尋ねられら、あなたはどう答えるでしょうか?

ちょっと考えてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

はい。如何でしょうか。もしかするとあなたは…

I read books. 「本を読みます」

I watch TV. 「テレビを見ます」

I play baseball. 「野球をします」

等々、そんな感じの返答をされるかも知れません。

 

 

もちろん、上記の英語表現のいずれもが、

文法的にもまったく問題がない、きちんとした

英語です。当然、外国人にも100%通じるでしょう。

 

 

ただ、ここで少し考えて頂きたいのですが、

もしあなたが日本人の友人と日本語で会話を

しているような時に、果たして同じような

単純な返答をするでしょうか?

 

 

「暇なとき、何やってるの?」と聞かれて、

「本を読みます」

「テレビを見ます」

「野球をします」

で終わらせることはまず無いのではないでしょうか。

 

 

おそらく、、、

 

「今○○っていう海外ドラマにハマっていてねー。

もう毎晩寝不足だよ~(笑)」

 

とか、

 

「暇さえあればパンを焼いてるわ。この前、

パン教室で教えてもらったデニッシュパンが

美味しいのよ!」

 

…なんて感じで答えると思いませんか?

 

つまり、ここで大切なことは、

「○○をした」「○○をする」「○○だった」

という客観的な事実だけを述べるのではなく、

あなたの「感情」「感動」といった主観的な

意見を、表現に盛り込むということです。

 

実は、英語が得意な人、英会話が上手な人

というのは、ただ機械的な返答をするのでは

なく、このような「豊かな答え方」をする傾向

があります。だから、会話が弾んで楽しくなる…

というわけですね。

 

 

ただ、ここで英語でそのような感情とか、

感動、主観的な意見を口にするのは、英語に

慣れていないとちょっと難しいかも知れません。

 

 

なぜなら、あなたが「~にハマっている」とか、

「寝不足」とか「パン教室」といった英語表現を

知らなければ、逆立ちをしてもそのような言葉を

口から出すことは出来ないからです。

 

 

ここが重要ですからよく理解しておいて下さい。

【あなたが知らない語句や表現は、あなたが

逆立ちしても口からは出てこない】ということ

です。

 

 

英会話で気持ち良く自分の言いたいことを

豊かに表現するためには、その「+α」の部分を

あらかじめ言えるようになっていなければ、

お話にならない…ということなんです。

 

 

そこで、昨日からご案内しているスピーキング力

UP専門プログラムの出番です。このプログラム

では、そのような「+α」の部分、すなわち、

あなたの感情とか、感動、主観的な意見といった、

あなたの【オリジナルの要素】の部分をあらかじめ

きちんと知り、いつでも口に出せるように練習して

しておきましょう!ということをコンセプトにした

画期的な講座なのです。

 

 

講座では、300以上のシチュエーション別の

英会話パターンをすべてあなたに教えますので、

それぞれのパターンを応用するだけであなたの

オリジナル英語表現をどんどん量産して頂くことが

可能です。

 

 

もちろん、量産していく上で、それらの英語

表現がおかしいとか、不自然な言い方だとか、

あるいは根本的に間違った英語だと不安

でしょうから、私・渡邉が直接それらの

英語表現を直接チェックして添削致します。

 

 

今なら春の英語学習応援キャンペーンで

ディヴィッド・セイン著の「英語ライティング・

ルールブック」を全員にプレゼント致します

(ただし残り6名のみとなります)。

気になる方はぜひ以下のページの案内をどうぞ:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-tensaku2017/

2017年4月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英会話では「奇をてらった表現」を避け、まずはこんな感じで…

昨日のメルマガで、英会話というのは

「予定調和」、つまりある程度出来上がって

しまっているものである…といったお話を

させて頂きました。

 

 

英語を話すのが苦手という人は多いのですが、

そういった人の大半が、英会話で何か特別なこと

を言おうとして、その場でウーン…ウーン…

と考え込み、結果的に何も話せなくなって

しまっているということでした。

 

 

そうではなく、「ツーと言えばカー」では

ありませんが、英会話の多くは予定調和、

つまり、何か難しい返答を相手が期待している

わけでもなく、ある意味社交辞令で事足りて

しまうということを理解すると良いです。

 

 

しかし、日本人はやけに真面目な性格の人が

多いので、何か特別なことを話さないと

いけないのでは?と妙に気を使って、結果的に

自分で自分の首を絞めてしまっているのです。

 

 

では、一体どうすれば、このような

「お決まりの返答」を数多く身につけ、

英会話の際にスムーズに口から出すことが

出来るようになるのでしょうか?

 

 

そのためには、まず自分が話す英会話の

内容を想定することから始めることをお勧め

します。英会話といってもその種類はたくさん

ありますから、全部を完璧に覚えようとしても

無理です。だから、シチュエーションごとに

自分に最も必要なジャンルから押さえていくのが

効率化の上でも重要と言えます。

 

 

具体的には、仕事で使う英語であれば、

当然ながら仕事で使う英語を優先的に覚えるように

します。しかし、実際には自分にまったく関係の

ない英語表現を覚えようとしている人がほとんど

です。だから、途中で力尽きてギブアップして

しまうというわけですね。

 

 

そうではなく、まずは自分の守備範囲を知る

ということ。仕事で英語が必要なら、まずは

仕事に関連する英語表現から身につけるように

するということです。他の表現についてはまず

後回しにして下さい。

 

 

そして、「奇をてらった表現」を避けるように

しましょう。昨日からお話ししているように、

英会話の90%以上は「予定調和」です。つまり、

何か特別なことを話そうとする必要は無いという

ことです。

 

 

もちろん、慣れてきたら(上級レベルになれば)

ちょっと気の利いたことを話しても良いでしょう。

しかし、少なくとも英語を流暢に話せるレベルに

達するまでは、まずは社交辞令レベルで構わないので、

「普通のこと」が言えるようになることを優先

した方が良いです。

 

 

なお、今日から春の英語学習応援キャンペーンで

ご案内しているこちらのライティング添削プログラム

では、300以上の英会話シチュエーション別の

英語頻出表現パターンを知ることが出来ます。

 

 

これらのパターンを元に、あなたオリジナルの

英語表現をどんどん書いてみて、実際の英会話等で

口に出してみるとスピーキング力がとにかく

抜群に伸びます。添削は私・渡邉が直接指導させて

頂きますので、宜しければぜひ以下のページを

チェックしてみて下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/speaking-tensaku2017/

2017年4月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ