同じ人生、同じ英語の習得、結果を出せるのはどっちのタイプ?

 

人生って、車の後部座席に乗せられて

どこかへ連れて行ってもらっている

ようなものだと思うのです。

 

 

両側には窓があって、そのどちらでも

自由に見ることが出来ます。

 

 

左の窓の外には殺伐とした荒野と

おどろおどろしい景色が目に入ります。

よく見ると動物の死骸やら、墓場やら

あまり見たくない光景が続いています。

 

 

一方、右の窓には爽快な青空が広がり、

その下には色とりどりの美しい花が

一面に咲いています。生命力に満ち溢れた

景色を見ているだけで元気が漲ってきます。

 

 

ここで普通なら、右の窓だけを見続けて

人生を進むことが出来るわけですが、

どういうわけか世の中には、左側の

気持ちの悪い景色をわざわざ見続けようと

する人がいます。

 

 

同じ人生を進んでいるのですから、

どちらの窓を見ていても良いのですが、

なぜか殺伐とした荒野やおどろおどろしい

光景ばかりに目を向けてしまうのです。

それはつまり、物事を悪い方へ悪い方へ

捉える習慣が身についている人のことです。

 

 

怖いもの見たさ…というのもあるかも

知れません。しかし、どういうわけか

人によっては、ポジティブなものと

ネガティブなものがあった時、わざわざ

ネガティブな方を好んで選んでしまう人が

います。

 

 

これは英語の学習にも言えることです。

英語の聴き取りの練習をして、理解出来た

割合は同じなのに、人によって「これしか

聴き取れなった…」と嘆く人がいます。

一方で「こんなに聴き取れた!」と大喜びする

人がいます。

 

 

例えば外国人との英会話で「今日はこれしか

話せなかった…」と落ち込む人がいる一方で

「今日はこんなに話せた!」と笑顔を見せる

人がいます。どちらも同じ程度の英語力である

にも関わらず、です。

 

 

では、どちらのタイプの方が英語習得に

成功するか?といえば、それは言うまでもなく

後者のタイプです。事象は同じでも、

それを捉える姿勢によって、状況が180度

変わってくるからです。

 

 

同じ人生、同じ英語の習得であれば、

常にポジティブな方を意識して選択する習慣を

身につけること。実はそれが結果を出せる

唯一の鍵でもあるのです。

あなたはどちらのタイプですか?

 

 

 

追伸:

というわけで、4月からこの新プログラムで

毎日楽しく英語のインプット・アウトプット・

トレーニングを一緒に行いませんか?

 

早くも【早割】は残り少なくなってきました!

ぜひお早目にご参加下さい~

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

何事もシンプルだった昭和が懐かしい?それならこの新講座を…

 

世の中がどんどん複雑化しています。

先日も、保険の申し込みで四苦八苦しました。

ナンチャラ特約、ナンチャラ保障で

何が何だかさっぱりワケがわかりません^^;

 

携帯やスマホのプランもそうですが、

ワザと複雑にして消費者を騙そうをしている

としか思えないのです(笑)

 

まだ40代の私でもそんな感じですから、

高齢者となるときっと大変でしょうね。

本当に生き辛い世の中になったものです。

何事も単純・シンプルだった昭和が懐かしい…

 

まぁ、そんなことをグチグチ言っても

仕方がないわけですが。

 

これは英語学習にも言えることです。

英語の勉強法一つとっても、とにかく

色々なメソッドがあります。特にネットで

調べているとワケが分からなくなります。

 

もちろん、それぞれの勉強法、

トレーニング・メソッドはきっと効果的

だと思うのです。

 

しかし問題は、そんな情報に振り回されて、

結局まったく前に進むことが出来ていない

英語学習者が多いということではないでしょうか。

 

これを読んでいるあなたも心当たりが

あるかも知れません。さまざまな教材や

勉強法を試しては、すぐによそ見をして

他のやり方に手を出し…。

 

気付けばもう何年も同じことの繰り返し。

未だに満足に英語を話したり、聴き取ったり

出来ていない自分自身に気付くのです。

 

もしあなたが、少しでもそんな状態に

心当たりがあれば、この春、一度やり方を

リセットすることを強くお勧め致します。

 

なぜなら、英語の習得というのは、

本来そんなに複雑なものではなく、むしろ

もっとシンプルで単純なものであると

断言出来るからです。

 

それこそが、この数日間メルマガでお話し

していた「インプットとアウトプットの

繰り返し」という英語習得の本質なのですが、

実際、英語というのはシンプルな習慣の

繰り返しで身につくものです。

 

そして、そんな「インプットとアウトプット

の繰り返し」を楽しみながら、しっかりと

実践頂くことが出来るオールインワンのおまかせ

新プログラムがコレです。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/english-marathon-365/

 

 

追伸:

新プログラムについてご質問等あれば

何なりとお尋ね下さい。今回はラインマスター

毎日英語塾以来の「毎日配信型本格プログラム」

となります。今後メインの講座となりますので

ぜひお得なスターティング・メンバー枠で

ご参加頂ければと思います!

春はシンプルな英語学習に「原点回帰」してみるのもアリかも

 

先日、英語学習に関する雑誌を見つけたので

チラッと目を通してみました。すると、まぁ

とにかくたくさんの勉強法やらトレーニング法が

紹介されていて感心しました。

 

 

どれも本当に効果がありそうで、実際に

こんな勉強法やトレーニング法を積極的に

実践すればきっと短期間で英語力を身につける

ことが出来るんだろうなぁと思いました。

 

 

しかし、同時に思ったこと、、、

それは、こんなにたくさんのトレーニング法や

勉強法を知っても、ただ納得するだけで、

大半の人が実践に移さないんじゃないかなぁ?

ということでした。

 

 

もちろん、中にはきちんと実践に移される

方もいらっしゃると思います。しかし大半は

読むだけで納得してしまう(お腹が一杯に

なってしまう)のではないか?と感じました。

 

 

なぜなら、とにかく情報が多過ぎるからです。

もっと言えば「複雑」過ぎるのです。もう

至れり尽くせりという感じで、さまざまな

英語学習法、トレーニング法、勉強法が紹介

されています。

 

 

もちろん、ディクテーションとか、音読とか

シャドーイングだとか、多読といった

それぞれの練習法、トレーニング法は実際

効果があるものです。

 

 

しかし、何と言うのか、、、

私もさまざまな英語の学習方法を研究し、

自ら実践してきましたが、結局のところ

英語習得の根本的な部分というのはもっと

「シンプル」「単純」なんですよね。

 

 

それこそ、昨日・一昨日のメルマガで

お話ししたような、英語のインプット・

アウトプットの純粋な繰り返しが、結局

英語力を身につける唯一の王道というわけです。

 

 

色々な英語学習法、トレーニング法に挑戦して

みることも良いのですが、もしあなたが

さまざまな情報に振り回されてしまっていて、

何となく停滞感を感じられているのであれば、

この辺りで一度「原点回帰」してみるのも

良いかも知れません。

 

 

その時にはシンプルに「インプット」と

「アウトプット」を単純に毎日繰り返す…という

アプローチでやってみると上手く行くと思います。

複雑になってしまっているプロセスを一度

単純(シンプル)に戻すということです。

 

 

 

渡邉 英喜

 

 

 

追伸:

実は、そんなシンプルな「英語のインプットと

アウトプットの繰り返し」を楽しく実践出来る

新プログラムが4月10日からスタートする予定です。

 

昨日、おとといのメルマガでご紹介させて頂いた

「理想的な英語のインプットとアウトプットの学習」

を毎日、365日おまかせで実践頂くことが出来る

【英語学習の毎日マラソン】といった内容の

新プログラムとなります(なんと毎日配信です!)。

 

スターティング・エントリーには超お得な「早割」

をご用意しておりますので、どうぞ明日のメルマガを

お見逃しなく~!今年の春はアツくなりそうです^^

このページの先頭へ