英語はココから克服していくことが鉄則です

今年も残すところ、あと2日…。

2016年のあなたの英語学習の進み具合はいかが

でしたか?

 

誰もが、早く英語を話せるようになりたい、

確実に聴き取れるようになりたい…と

思いながら今年一年を過ごされてきた

ことと思います。

 

今日は、来年2017年に向けて、あなたが

一体どのようなことから着手すれば

最短距離で英語力を身につけられるのか、

その辺りのお話をさせて頂きたいと思います。

 

まず、鉄則からお話ししますが、

英語力の向上をなるべく早く実感したい…

ということであれば、まずはあなたの

【弱点】から克服するようにして下さい。

 

当然ですが、【弱点】というのは

あなたの英語力の中で特に「欠けている」

部分のことを言います。そしてその弱点から

何とかするのが英語学習の鉄則と言えるのです。

 

 

これは人によって異なりますが、

まずはその「欠けている」部分を優先的に

補強することから始めると、最も短期間で

より確実な英語力の向上を実感出来るように

なります。

 

 

例えば、英語を話したり、書いたりする

ことは得意だけれど、聴き取りが本当に苦手で、

英会話でも相手が言っていることがまったく

聴き取れない…という場合は、リスニング力を

優先的に補強することから始めるということです。

 

この時、他のスキルについては注力する

必要はありません。まず、弱点が他の

スキルのレベル(あるいは全体の平均レベル)

に達するまで、集中的に特訓して補強します。

 

 

多くの英語学習者は、このような英語学習の

優先順位というものをよく理解しないで

自分の好きな順番で英語の学習を実践して

しまう傾向があります。

 

 

もちろん、それでもきちんと続けていれば

最終的には英語力が身につくかも知れませんが、

その場合ゴールに到達するまでに、ものすごい

遠回りをすることになります。

 

 

どんなことでもそうですが、辛い作業を

長い間続けることはとても困難なことです。

だから、途中で多くの英語学習者が挫折し

脱落してしまうのです。

 

 

つまり、いかに「効率的」にゴールまで

到達出来るかが、全ての英語習得の「鍵」だと

思って下さい。そして、その英語習得のゴール

までのプロセス(全体地図とナビゲーション)

を完全に提供するのが、こちらの新プログラムです。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/180days-master-english/

 

 

残念ながら、明後日、先行募集は全て締切と

なります。年末は特に忙しくなると思いますから、

ぜひ今のうちに(忘れないうちに)先行募集枠で

お申込みお手続きを済ませておいて下さい。

 

 

 

追伸:

今日あたりから帰省されている方が

多いそうですね。どうぞ楽しい年末年始の

休暇をお過ごし下さい。出掛けられる方は

どうぞお気をつけて^^

2016年12月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

英語上達の秘訣は…どんなことでもすぐに試してみること

これは英語の習得だけの話ではないのですが、

どんなことでも身につけたり、マスターしたり

出来る人というのは、本当にどんなことでも

「すぐに試してみる」という習慣が出来ている

ように感じます。

 

 

しかし他の多くの「凡人」は、とても用心深く、

何か新しいものを目にしてもなかなか

手を出そうとしません。

 

 

そうして、気にはなっているけれど、

何となく怖かったり、気が進まなかったりで

いつまでも手を出さないうちに、気付けば

後から来た人にサッと先を越されてしまう…

という悲劇が往々にして起こります。

 

 

私も色々なことにチャレンジして来ましたが、

やはり物事を成功させる唯一のコツは、

「すぐに試してみる」ということなのでは

ないかとつくづく感じます。

 

 

昔、アルバイトしていた頃、誰もが憧れる

キレイな女の子がいました。モデルだか、

ミュージシャンだか、芸能人の卵だということで、

本当に一般人には手が出せない程の美人さん。

 

 

しかしある時、小太りの冴えない店長と

一緒に腕を組みながら歩いているのを誰かが

見つけ、大騒ぎになったことがあります(笑)

そうです、俗に言う「抜け駆け」ですね。

 

 

みんなその子と知り合いになりたい、

あわよくば付き合いたいと思っていたのですが、

誰もが「自分なんか…」と躊躇していたわけです。

しかし、そこに小太りの冴えない店長がサーっと、

果敢にアタックしたというわけですね。

 

 

結果、店長は見事彼女をゲット!まぁこれは

今でも世界七不思議の一つではないかと思って

いますが(笑)、他のアルバイトたちは

まさに「鳶に油揚げをさらわれた」という顔を

していたのをよく覚えています(私も同じですが)。

 

 

今年も私はさまざまな新しいことにチャレンジ

しました。多くは仕事関係ですが、例えば

自転車でヒルクライム(登坂)に初挑戦しました。

結果はボロボロでしたが、大きな達成感を

味わいましたし、やっぱり「挑戦して良かった」

と素直に思うことが出来ました。

 

 

もちろん挑戦した全てのことで成功出来るとは

限りません。しかし、これだけは確実に

言えることが出来ますが、挑戦しないと何も

始まらない…ということです。

 

 

今年、あなたは何かに挑戦しましたか?

来たる2017年、何か試してみたい…と思ったら

ぜひこれを試してみて下さい!たくさんの方が

既にエントリーを済まされています。

どうか乗り遅れないように…。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/180days-master-english/

よくわからないという状態で英語学習を続けない方が良いです

 

「何だかよくわからない…」

という状態で英語の学習を続けていませんか?

 

何だかよくわからないけれど、

とりあえず英単語を覚えてみよう…。

何だかよくわからないけれど、

とりあえずリスニングの練習をしてみよう…。

 

もちろん、単語の暗記もリスニングの

練習もやらないよりはマシです。やれば、

語彙力が身につき、またリスニング力も

向上するでしょう。

 

しかし、問題は自分の現在の位置がよく

分からず、何だかよくわからないけれど、

とりあえず何かやっとけばいっか…という

甚だ「テキトー」な考えで英語の学習を続けて

いても、なかなかゴールには辿り着きません。

 

今あなたが自分の英語力を客観的に把握して、

これから「英語を話し、聴き取れるようになるため」

にやるべきことや勉強・トレーニングの方向性

などをしっかりと理解しているのであれば話は

別ですが、、、

 

多くのケースで、今どんな英語の学習をすれば

良いのか?これからどんな勉強やトレーニングを

実践すれば良いのか?まったく分かっていません。

だから、「とりあえずやってみるか…」という

いい加減なスタンスで英語の勉強(らしいこと)

を続けてしまいます。

 

 

そして、毎年この時期になって、

「やっぱり今年も英語を話せるようにならなかった」

「やっぱり今年も聴き取れるようにならなかった」と

肩を落とします。

 

 

ここが重要な所なので、よく知っておいて

頂きたいのですが、英語をペラペラと話せるように

なっているバイリンガルの日本人の多くは、

何年も勉強やトレーニングをダラダラと続けて

英語を話せるようになっているのではありません。

 

 

英語を話せるようになっている人、

聴き取れるようになっている人というのは、

早ければ3ヶ月とか、遅くとも6ヶ月といった

短期間でブレークスルーを体験しています。

 

 

それは「あ、私今、英語を話しちゃっているな」

とか「お、今俺、英語が聴き取れているな」といった

嬉しい実感です。こういった体験をどんどん経験して、

英語を話したり聴き取れたり出来るようになる

ということですね。

 

 

しかし残念なことに、多くの英語学習者が

もう何年も「何だかいつまで経っても話せるように

ならないなー」とか「どうしていつまで経っても

聴き取れるようにならないんだろう…」と嘆き続けて

います。

 

 

それは、ハッキリ言ってしまえば、やり方が

完全に間違っているから、ということです。

勉強やトレーニングの方法、プロセス、順番が

要はメチャクチャだ!ということです。

 

 

ではどうすれば良いのでしょうか?その答えは

もうあなたも既に100%分かっていらっしゃる

はずです。そうです、英語を話せるようになる方法、

英語を聴き取れるようになる方法というプロセス、

英語習得の全体図をまず初めに手に入れないと

どうにもならないということですね。

 

 

そして、そのノウハウの部分と実際の英語学習の

実践の部分の「ガイドとナビゲーション」を

一手に引き受けるのが、今回の新プログラムという

ことです。

 

本気で来年2017年こそ英語をしっかり話せるように、

聴き取れるようになりたい方だけお待ちしています!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/180days-master-english/

2016年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

このページの先頭へ