先延ばして後悔するか、今すぐ始めて英語の基礎を固めるか

 

英語を話せるようになりたいと言いながら

では何か始めましたか?と尋ねると、

「いや、今は忙しいので…」とか、

「まだ、具体的には何も始めていません…」等々

答えられる方がとても多いです。

 

 

これ、どんなことでもそうですが、

何か新しいことに挑戦してみたいな…と思ったら、

「今は忙しいから…」とか

「まだその時じゃないから…」といった

言い訳をしない方が良いです。

 

 

確かに、毎日仕事で忙しかったり、

休日も何かと用事があったりで、

なかなか英語の勉強を始めることが出来ない

のはよくわかります。誰でもそうだからです。

 

 

しかし、どんなに忙しい毎日であっても、

英語をペラペラと話せるようになる人というのは

何でもいいから、思い立ったらすぐに勉強なり

トレーニングなりを始めてしまうものです。で、

多少忙しくても何とかなってしまうんですよね。

 

 

いつまで経っても話せるようにならない、

聴き取れるようにならない…と愚痴を言ったり、

忙しいから…と言い訳をしたりする人ほど、

行動を後回しにします。なぜかというと、

変化が怖いからです。

 

 

新しいことに挑戦して、うまく行けばいいけど、

それで失敗したらどうしよう…と怖くなって

しまうわけですね。だから、失敗して自分が

傷つくよりも、そのまま先延ばしして何もせず、

安心し続けていた方が良いと思うわけです。

 

 

ただ、先延ばししていても状況は変わりません。

英語を話せるようになりたいのであれば、

英語の学習を今すぐに始める必要があるのです。

 

 

明日からは師走ということで、今年の初めに

「今年こそは英語を話せるようになりたい!」と

思った人の何割かは、実際に英語を話せるように

なっているはずです。一方で残りの人たちは何故、

英語を話せるようにならなかったのでしょうか?

 

 

その答えは簡単で、すぐに英語の学習や

トレーニングを開始しなかっただけの話です。

あるいは、開始したけれど、すぐにやめてしまった

かのどちらかです。

 

 

重要なことは、あなたが何か新しいことに挑戦

したいと思ったら、躊躇することなく「今すぐ」

始めるということです。そして、どんなことでも

やってみると勢いがつきますから、それを継続して

みて下さい。

 

 

一番いけないのは「やりたいなぁ」と思いながらも

「今はその時ではない…」「まだ準備が必要だ…」

「また今度にしよう…」のように先延ばしする癖です。

 

 

「今度」と「お化け」は出た試しがないそうです。

あなたが「やってみようかな」と思った時こそが

始め時ということですね。どうかあなたの直感を信じて

今すぐに英語の学習を本格的に開始してみて下さい。

始めて継続すれば絶対に違いに気付くはずですから。

ぜひ頑張って頂きたいと思います!

 

 

追伸:

あと数時間で完全に締切です。

英語の基礎からしっかりとマスターしたい方は

ぜひこの機会をお見逃しなく!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic/

* 年内の募集はこれにて全て終了させて頂きますので

ご留意下さい。

2016年11月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

本当に話せるようになるのかなぁ…と疑心暗鬼になる前に

英語の学習を進めているうちに、

何だか難しいなぁとか、本当にこんな勉強を

続けていて英語が話せるようになるのかなぁ…と

疑心暗鬼になることがあると思います。

 

 

他にも、外国人と英語で話していて、

どうしても自分の現在の英語力ではこれ以上の

コミュニケーションが難しい…と「頭打ち感」を

抱かれている方もいらっしゃることでしょう。

 

 

先日のメルマガでもお話ししましたが、

そんな時には「初心に戻る」ことが、意外と

効果的であったりします。英語で言えば

Back to Basics、「基本に立ち返れ」という

この言葉は、何事でも行き詰った時に有効な

考え方と言えます。

 

 

もしあなたが、この辺りで一度英語学習を

仕切り直して、もう一度最初から「基礎・基本」を

学び直してみようかな…復習してみようかな…と

お考えであれば最適のプログラムがあります。

 

 

現在のところ、第一期生は「時制」を

徹底的に復習している段階で、今日も先ほど

Unit 16: Past Perfect Continuous

(I had been doing)「過去完了進行形」を

じっくりと勉強しました。

 

 

やはり、ネイティブ・スピーカーの

解説による文法の学習なので「なるほどねー」と

納得しながら理解出来る点が一番ですね。

こういうのは英語で勉強するのがベストなのです。

 

 

なお、冒頭でもお話ししましたが、

ワケあり教本のキャンペーンを実施中です。

全部で十数冊ありましたが、残りは4冊のみと

なってしまいました。

 

 

少しでも安くやってみたい!

ちょっとした教本の折れや傷なら気にしないよ!

という方であれば、ぜひ今すぐ以下よりご参加

下さい。お待ちしています^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic/

* もちろん、新品でのお申込みも可能です。

気にされる方は新品でお申込み下さい。

2016年11月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

英語が得意な人の横で英語を喋るのが恥ずかしい時の対処法

 

突然ですが、、、

あなたは英会話の時に堂々と自信をもって、

大きな声で英語を話すことが出来ますか?

 

「この言い方で合っているのかな?」

「こんな表現で通じるのかな?」

「文法的におかしくないかな?」等々…。

 

特に、周りにあなたよりも英語が得意な日本人が

いたりするとさらにバツが悪いというか、

緊張するものですね。

 

「こんな英語を使って笑われないかな?」

「頭が悪い・バカな奴だって思われないかな?」

…なんて感じで。実際、英語が得意な日本人が

傍にいる時に、不完全な英語を自信無く話すのは

とても厭なものです。

 

こんな時の対処法は2つあって、

一つは私が普段言っている通り「気にしない!」

ということ。間違ったって気にしない!…そんな

スタンスでいれば多少おかしな英語でも十分に

通じます。

 

しかしそれも「程度の問題」であって、

まったくもってメチャクチャな英語であれば

それは当然ながら通じるわけはありませんし、

英語の得意な日本人が陰でこっそりクスクスと

笑う可能性が無いとは言い切れません(イヤですねー)。

 

 

ではどうすれば英語を「自信をもって」

話せるようになるのか?あるいは聴き取れる

ようになるのか?

 

そのためには、あなたの英語の基礎力を今一度

総復習・再確認するのが一番です。つまり、

わからない箇所、不安な部分、曖昧な理解…を

徹底的に点検し直すというわけです。

 

例えば、体の健康状態に不安がある人は

「人間ドック」に入りますよね。そこで

総点検を受けるわけです。そうして、悪い所が

あればしっかりなおす。穴を塞ぐのです。

 

英語力においてもそれは同じです。

曖昧な理解でそのまま放置して、いつでも

何となく不安な気持ちで英語を話したり、

聴き取ったりしているのであれば、この機会に

「総点検」してしまいましょう。

 

ちょうどそんな「総点検」におあつらえ向きの、

基礎英語力をみっちり叩き込んでくれる

最高の新プログラムがあります。しかも、

今日から「ワケあり教本処分キャンペーン」

をやっていますのでかなりお得な条件で参加する

ことが出来ます(ただし、早い者勝ち!)。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic/

 

 

追伸:

英語の基礎・基本がしっかり分かっていると、

英語を話すのも、聴き取るのも本当に楽しく

なります。

 

当然、隣に英語の得意な日本人がいても、

まったく臆することなく喋ることが出来るように

なりますので、いつも英会話の時に不安な

気持ちでいる方は、ぜひこの機会に思い切って

「英語のキホン」を総復習・総点検しましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/back-to-basic/

2016年11月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

このページの先頭へ