英会話の「パターン」を見つける魔法のクエスチョン

この世のほとんどのことは「パターン」で

出来ています。この「パターン」というのは、

こういう時はこうする…とか、或いは逆に

こういう時はこうしない…とか、そういった

定番のやり方、形式のことですね。

 

で、特に英会話なんていうのは、

そのような「定番のパターン」のカタマリ

みたいなもので、まさにパターンだけで

成立すると思っても良いくらいです。

 

例えば、あなたが初めて外国人と会って

自己紹介をするとしたら、一体どんなことを

話すでしょうか。おそらく、あなたの名前は

当然のこと、職業とか、趣味とか、興味・

関心のあることとか、そういった「お決まりの

自己紹介」を口にしますよね。

 

まさか、相手によってあなたの名前が変わったり、

職業が変わったりすることは無いはずです^^

そこで、自己紹介なんかは完全に定番の内容で

「パターン化」出来るというわけです。

 

それ以外にも、例えば社交辞令なんか、

完全に「パターン」ですよね。

雨が降っている日には、「こんな雨の日は

気が滅入りますなぁ」なんて、オッサンがよく

口にしますが、そういうのも完全なパターンです。

 

で、こういったパターンを、どんどん英語に訳して

覚えておくことが、英会話上達の秘訣というわけです。

その時に役立つのが「○○と言えば?」という

魔法のクエスチョン。

 

この魔法のクエスチョンを使うと、

あなたの定番の英語表現をいとも簡単に見つける

ことが出来るのです。先程の「雨の日」であれば

「雨の日と言えば…?」のように想定してみます。

 

すると、「雨の日は…気が滅入る」とか

「雨の日は…外に出たくない」とか、そういった

定番の表現がポンポン出てきます。他にも、

「早起きと言えば…?」なら、もちろん

「三文の徳」ですよね^^ それ以外にも、

「早起きは…苦手です」でもいいですし、

これはあなたのシチュエーションにあった定番の

パターンを見つけ出すと良いのです。

 

そうやって見つけ出した、あなた専用の「定番パターン」

を、きちんと英語に訳して覚えておくことで、

何かにつけ英語がパッと口から出るように

なります。ちょっとしたコツですが、こういうことを

日頃からやっていると英会話が上達するのです。

 

 

追伸:

というわけで…

「ラインマスター毎日英語塾」の方はまだ

定員に達していませんが、パーソナル・トレーニングの

オプションを希望される場合は、今夜中にお申込み下さい。

あなたからの積極的なご参加を心よりお待ちしています^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-personal-training/

2016年3月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

楽しみながら英語の勉強すると習得期間が半分以下に!

 

もう随分前に英語で読んだ、とても興味深い

内容の洋書がありました。残念なことに、

そのタイトルがどうしても思い出せない

のですが、内容をかいつまんで話すと、、、

 

人間は、どんなことでも明るい気持ちで

学んでいると、暗い気持ちや厭々学んでいる

時と比べて習得期間が半分以下に短縮される…

というもの。それをちゃんと実験・研究して、

科学的に考察しているのです。

 

確かに学生時代、イヤだな~とか、退屈だなぁ~

と思いながら受けていた授業は時間が経つのも

遅かったですし、その後、頭に残らなかった

気がします^^

 

一方で、楽しいなぁ!と心底ウキウキ・

ワクワクしながら学んだ内容は、大人になって

からもしっかりと頭に残っていますし、

確かに短期間でバーッと身についた気がします。

 

で、何故こんな違いが出るのかということですが、

これは完全に「脳の活性化」に関係するもの

らしいです。つまり、人間は楽しいなぁ~!とか、

明るい気持ちでウキウキ・ワクワクしてると

脳がフル回転で学習できるということですね。

 

一方で、つまらないなぁ…とか、やる気でないなぁ…

と、暗い顔をして勉強を続けても、ほとんどの場合

脳が活性化していません。つまり、無反応の脳に

無理矢理勉強させているようなものなのです。

 

で、そんな状態でいくら無理矢理勉強を続けても、

なかなか身につかないので、その分、習得期間が

長くなってしまうという理屈ですね。

 

実際、人間は明るい気持ち、ポジティブな気持ちで

いる時の方が、何をやってもうまく行きます。

これは、精神論云々ではなく、実際に頭(脳)の

働き方に大きな違いが出るということなのです。

 

あなたは、毎日の英語の勉強を厭々やって

いませんか?もしそうなら、ぜひ「楽しみながら」

という要素をしっかり取り入れてみて下さい。

 

英語は辛い勉強ではなく、楽しい趣味の一環…

のように捉えられると最高ですね^^

ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

 

追伸:

というわけで、本当に若干名のみしか

パーソナル・トレーニングを受け付けることは

出来ませんが、気になっている方はぜひこの

機会にどうぞ^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster-personal-training/

 

* パーソナル・トレーニングのオプション無しで

ラインマスター毎日英語塾のみのご参加も大歓迎です。

ぜひ、この4月から一緒に楽しく英語の学習を開始

しましょう!

これを英語で書くようにするとかなり力がつきます

英語の上達が早い人が陰でコッソリ

やっていることの一つに、英語の

ライティング(書き)があります。

 

英語を話したり、聞き取ったり、読んだり

するトレーニングも重要なのですが、

最終的にはこの「書き」が出来るかどうかで

真の英語力が決まると思って下さい。

 

なぜなら、本当に英語がわかっていないと

英語を書くことは出来ないからです。

逆に言えば、英語を書けるようになれば

他のスキルも相当身についているということ

です。

 

で、そんな英語のライティング力を向上

させるには、まず「英語を書く習慣」を

身につけなければいけないのですが、なかなか

英語を書くことを習慣づけるのは大変です。

 

そこで、私がかつて実践した方法で

スムーズに英語を書く習慣が身につく

超カンタンな方法を教えましょう^^

 

おそらく、あなたも普段色々なことを

メモに書いていると思いますが…

例えば、○月○日に誰々と何処で会うといった

予定や、スーパーに行く時の買い物リスト、

その他、ちょっとした覚え書きなど、

人は毎日何らかの「メモ書き」をしていますね。

 

簡単に言えば、そのような「メモ書き」を

英語で書くようにするのです。なーんだ、

そんなことか…と思われるかも知れませんが、

これが実は、意外と効果的です。

 

例えば先ほどの買い物リスト一つとっても、

「漂白剤」と書く時に、漂白剤を英語で

何というのか知らないとメモ書き出来ません。

そこで、辞書を調べるわけです。

 

漂白剤は bleach ですが、その他、意外と

日用品の名称というのは英語で何と言うのか

わからないものが多いです。例えば、

「入浴剤」とか「芳香剤」、「洗剤」とか

「保湿クリーム」等々、パッと言えたら

大したものです^^

 

で、そんな日用品の名称でも、あるいは

ちょっとした予定でも、何でもメモする時に

英語で書く癖をつけてみる。最初は何だか

面倒臭いなぁ…と感じるかも知れませんが、

電子辞書とメモ帳を常に携帯しておけば、

徐々に英語を書く習慣が身につきます。

 

少しでも「英語を書く」という習慣が日常の

一部になると、じゃあ次は英語で日記を書いて

みるか…とか、洋画や海外ドラマを観た時に

感想でも英語で書いてみるか…とか、英語を

書くことが苦にならなくなるのです。

 

これは本当に簡単に始めることが出来る

英語ライティングの習慣付けのコツですので、

ぜひ試してみてください^^

それでは、どうぞ楽しい週末を!

 

追伸:

そうそう、こちらのお申込みを忘れずに!

この春、4月から一緒に英語の勉強を開始

しましょう~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onkan_eikaiwa/

このページの先頭へ