無理に聴き取ろうとしない方が英語を聴き取れる!

 

なかなか英語のリスニング力が上達しない

という人に、とっておきのアドバイスを一つ。

 

もし、あなたが英語を聴き取る時、

「何が何でも聴き取ってやる~!!!」

と、まるで親の仇のように英語と対峙して

いるのであれば、ちょっと肩の力を抜いて

みて下さい^^

 

どんなことでもそうですが、肩に力が入り

過ぎていると、上手くいくことも上手く

いかなくなるものです。

 

これは以前もお話したことがありますが、

人でも物でも、追えば追うほど相手が逃げる

傾向があります。「追えば逃げる」は、

あながち恋愛のテクニックだけの話ではない

のです(笑)

 

英語のリスニングも、一言一句聞き逃さずに

すべて聴き取ってやるー!と意気込んでいる

人は、まずリスニングが上達しないものです。

そもそも、英語を聴き取れる人は誰もそんな

厳密な聴き取り方をしていないのです。

 

では、どんな聴き取り方をすれば良いのか?

ということですが、それこそがまさに今回の

タイトルの通り「無理に聴き取ろうとしない」

聴き取り方がベストということです。

 

異性も英語も追えば逃げる。だったら、

追わなければ良いのです。もちろん、まったく

追わなければ、それはそれで完全に逃げられて

しまいますから、少しは追うけれど「追い過ぎない」

ということが重要かと思います。

 

英語の音声を聴いていて、少しでも

「全部完璧に聴き取らないと気が済まない!」

という気持ちが湧き起こって来たら、そこで

一度深呼吸をしてみると良いです。気持ちを

リラックスさせて、リセットするのです。

 

そうした上で、「まぁ、聴き取れても、

聴き取れなくても、これは練習だから構わない」

というニュートラルな気持ちにして下さい。

「絶対に聴き取らなければいけない!」といった

強迫観念が一番逆効果です。

 

「聴き取れても、聴き取れなくても構わない」

「聴き取れたら、まぁそれはそれでラッキー」

「聴き取れなくても、別に死ぬわけではない」

そんなスタンスで英語を聴いてみましょう。

 

すると…アラ不思議、今まで「絶対に

聴き取れないとダメだ!」と意気込み悩んでいた

頃が嘘のように、リラックスして、英語をすらすらと

聴き取れることに気付けるはずです。

 

重要なことは「全部、完璧に聴き取る」という

姿勢を諦めるということ。すると、どういうわけか

すんなりと聴き取れるようになるのです。

これは本当ですので、一度試してみて下さい^^

 

追伸:

というわけで、もしあなたが英語の

リスニング練習をしたい!というのであれば、

ぜひこの講座を受講してみて下さい。

 

明日は早速「リスニング講座」から開始と

なりますので、とーっても楽しい聴解ワークを

実践する予定です^^

 

あなたも遅れを取りたくない!というので

あればぜひ、この機会にご参加下さい!

心よりお待ち申し上げます^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_premium/

2015年8月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

どんな英語の勉強すればいいのか分からない?それなら

 

「英語を話せるようになりたい…」

「英語を聴き取れるようになりたい…」

 

頭の中では、そういった漠然とした願望が

あるのに、具体的には一体どんな英語の

勉強を始めたら良いのかわからず悩まれて

いる方がたくさんいらっしゃいます。

 

そこで、ほとんどの方が、

「とりあえず単語を暗記してみるか」とか

「とりあえず英文法の勉強をしてみるか」

といった感じで、学生時代に実践したような

英語の学習を安易に始めてしまうのです。

 

しかし、果たして…

ほとんどの方は途中で「何だかツマラナイ」

「英語力がついているんだか、ついて

いないんだか、よくワカラナイ」のように

首を傾げて挫折してしまいます。

 

どんな英語の学習をしたら良いのかよく

わからない…という時に重要なことは、

「取り敢えず」で始めないことです。

よくわからないけど、まぁ取り敢えずやって

みるか…というのが、実は一番イケナイです。

 

もちろん「独学」は良いことなのですが、

「取り敢えず」とか「ただ何となく」で

始めた英語学習は高い確率で挫折します。

何となく始まった英語の勉強は、同様に

何となく終わってしまう…ということです^^

 

では、一体どんな英語の学習をすれば良い

のでしょうか?それについては、メルマガ

一通で全てを説明することは難しいですが^^;

 

一つだけ言えることは、既に実践した人が

いて、実際に英語を話せるようになったり、

聴き取れるようになったりしている…という

【実績のある学習内容】があるならば、

それを素直に踏襲することではないでしょうか。

 

何も、今あなたがその英語学習の内容を

一から研究する必要はないのです。ただ、

既に実践している人がいて、成功している

のであれば、それをそのまま真似して実践

すれば良いだけの話です。

 

「でも、その英語学習の内容はどうすれば

実践出来るの?」

もしあなたが今そう思われているのであれば、

この講座に参加してみて下さい^^

 

1年365日毎日あなたに届く総合英語メール講座、

ラインマスター毎日英語塾は、まさに英語業界の

【定食屋】のような通信講座です。あなたは、

ただメールを受信するだけで、何も考えずに

毎日の英語学習をしっかりと実践することが

出来るようになります。

 

これまでに1000名以上が参加され、実際に

英語力をぐんぐん身につけて結果を出されて

きた【実績のある英語メール講座】は残り11名

のみ。ぜひ、一緒に楽しみながら勉強しましょう!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_premium/

英会話はやっぱり「経験数」がモノを言う?

 

どんなことでも「経験」というのは

大切ですよね。諺でも「百聞は一見にしかず」

と言いますが、まさにその通りなのです。

 

英会話なども、実際に外国人と話をする前に、

あーでもない、こーでもない…と悩み続け、

準備万端整えるまで会話に臨めないという

人がとても多いです。

 

しかし、そんな英会話も、机の上で

ノウハウ本を何十冊読んだところで、

たった一度でも実際に外国人と会って英語で

話す機会を設ければ100倍の力と自信を身に

つけることが出来ます。

 

あれほど英語を話すことで悩んでいたのが

一体何だったのか?と思える程力がつきますし、

何よりも安心しますよね。なーんだ、こんな

簡単なことだったのか…みたいな。まさに

それが「経験」の力ということです。

 

ただし「経験」というのはやはり勇気が

必要です。なぜなら、経験とは実際に

あなたが何かに挑戦することだからです。

もしかしたら、失敗するかも知れないし、

恥ずかしい思いをするかも知れません。

 

だから、多くの人が「経験」することに

躊躇してしまうのです。怖いのです。

でも、そこで一歩を踏み出さないと、結局は

何も変わりません。

 

なぜなら、英会話のようなスキルは、

「経験」を通して初めて身につけられるもの

だからです。逆に言えば、「経験」なく

英語を話したり、聴き取ったり出来るようには

絶対になりません。これは断言出来ます。

 

もちろん、英会話の前に入念な準備は必要です。

自分が話したいことをきちんと明確にしておく。

そして、出来る限りそれを英語で覚えておく。

そういう工夫で英会話というのは驚く程上達

するものです。

 

しかし、その準備段階ばかりで足踏みを続け、

いつまで経っても実際の英会話の「経験」の

機会を設けなければ、あなたは永久に英語を

話せるようにはならないのです。

 

ある程度準備(勉強やトレーニング)を行ったら、

あとはドンドン、実際の英語を話す機会

「経験」を積むようにしましょう。単純に

経験数を増やせば、それだけで英会話は上達

するものです。

 

追伸:

残り人数、半数を切りました!

ぜひ、締切になる前に、今夜中に参加手続きを

完了しておいて下さいね^^(9月1日スタートです)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemaster_premium/

2015年8月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ