ゆっくり話す英語もカッコいいものです

 

英語を話せるようになりたいと思われている方は

最終的にはネイティブ・スピーカーのように

ペラペラ~ッと、早口の英語を話せるように

なりたいと考えるものです。

 

確かに、洋画や海外ドラマを観ていても、

ネイティブ・スピーカーの英語の発音は

本当にウットリするほどきれいで、カッコ良く

聞こえますね。

 

そこで、多くの英語学習者は英会話の時に

なるべく早口で英語を話そうとするのですが、

実は、私たちのような英語を母国語としない

人々が英語を早口で話そうとすると、その分

通じ辛くなる傾向があります。

 

本人は早口で英語を話した方がカッコいいと

思っているのですが、実際のところは、

ゆっくり話した方が通じやすいですし、

しかも結構「カッコよく」聞こえるものです。

 

これは、英語の表現にも言えることですが、

同じように「難しい英語表現」を使えば、

その方がネイティブっぽくてカッコいいと

思われている英語学習者が多いです。

 

しかし、実際にはその逆で、非英語圏の

人々はなるべくシンプルでわかりやすい、

平易な表現を使った方が格段に通じやすい

ですし、背伸びをしない方がむしろ、

カッコいいのです。

 

特に英語の上級者になるにつれ、上述の通り

英語を早口で話そうとしたり、わざわざ

難しい語句や表現を使おうとしてしまいがち

ですが、その分わかり辛い、通じにくい英語に

なる可能性があるので注意が必要です。

 

先日、70代後半の日本人男性が英語を流暢に

話しているのを耳にしました。その方は、

非常にゆっくり、丁寧に、わかりやすい

語句や表現を使って英語を話されていました。

 

その英語を聞いて、ああ何てカッコいいんだ!

と感動してしまいましたよ。早口で話したい…

という気持ちもわかりますが、私たち日本人は

そこまで背伸びをせずに、まずは

「わかりやすい英語」を話すことを目標にすると

良いのではないでしょうか。

2015年5月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

英語習得を成功に導く「変化」とは一体何?

「変化」と「安定」について、

これまで何度もお話してきたかと思います。

人間は本能的に「安定」を選び、

「変化」を嫌う生き物である…ということです。

 

なぜなら「変化」は恐怖でもあるからです。

いつの時代でも職業の一番人気は「公務員」

といった安定職。好き好んで「通訳者」

になってジェットコースターみたいな人生を

送りたい!という方は稀でしょう^^;

 

ところで、いわゆる自己啓発本とか、

成功哲学本などの中で、昔から繰り返し

言われている「成功の鉄則」をご存知でしょうか?

それこそがまさしく「アンチ安定」、

つまり「変化」なのです。

 

最近、再びファンが増えているという

15年前のベストセラー本『 Who Moved My Cheese? 』

(邦題:「チーズはどこへ消えた?」)も、

「変化」が大きなテーマとして書かれています。

 

人は皆、変化が嫌いだけれど、

変化しなければ成功は得られないということです。

安定し続けたら、失敗もしないけれど、

成功も、絶対にしないということなんですね。

 

これは英語学習にも言えることです。

例えば、いつまで経っても英語を話せるように

ならない…と嘆かれている英語学習者は多い

ですが、そんな人に限ってもう何年も

机に向かって同じ英語の勉強を続けている

のです。

 

まさに「安定」とはこのことで、

机に向かって英語の勉強をするのはいいですが、

そんな「安定」に満足して、実際に外へ出て

外国人と「実際の英会話」をしない…という

人が非常に多いのです。

 

確かに、実際に外国人に会って英会話をする…

という「変化」は、今まで机だけに向かって

英語の勉強を続けてきた人にとっては

恐怖以外の何ものでも無いかも知れません。

 

実際に外国人に会って、英語が通じなかったら

どうしよう…聴き取れなかったらどうしよう…

変な英語だと笑われたらどうしよう…。

どうしよう…どうしよう…という恐れの気持ち

ばかりが募って、結局前に進めないという

わけですね。

 

しかし、最初の話に戻りますが、人間が

成功を勝ち取るためには、いずれかの時点で

「変化」を求められるものなのです。

「変化」なしに成功は有り得ないと言っても

過言ではありません。

 

もしあなたが普段の英語学習に「安定」を

感じ、そこで安心感・満足感を抱かれている

のであれば、それはとても危険な兆候です。

変化は時に煩わしく、面倒なものですが、

自ら積極的に「変化」を取り入れて下さい。

 

変化があれば、そこに必ず何かの発見があります。

その発見が、次のステップへの鍵というわけ

ですね。

 

お互い頑張って「変化」し続けましょう!

 

追伸:

もしあなたが、英語のリスニングがどうしても

出来ない!と悩まれているのであれば、、、

こんな「変化」を取り入れてみては

いかがでしょうか?ラストチャンスです^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/7step_listening_sm15/

2015年5月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

英語を「聴き取ること」と「理解すること」の違いとは?

英語を確実に聴き取れるようになりたい!

という日本人は本当にたくさんいらっしゃって、

毎日がむしゃらに英語音声を聴いて

練習されているわけです。

 

しかし、もう何年も練習を続けているのに

一向に聴き取れるようにならない…と

嘆かれている方は少なくありません。

 

そんな「英語のリスニングが苦手な人」に

色々と話を伺ってみると、一つだけ

とても大きな勘違いをされていることに

気付くことがあります。

 

それは…

「英語を聴き取れる状態」についての認識です。

 

今、英語を聴き取れるようになりたい!と

思われている方は、英語の音声を耳にして、

全ての英単語をクリアに、厳密に、キッチリと

聴き取れるようになることが最終的なゴールで

あると考えられている方がとても多いです。

 

しかし、それは大きな勘違いであって、

今英語をしっかりと聴き取れるバイリンガルの

日本人やプロの通訳者であっても、英語の音声を

聴いて、一度ですべての単語を厳密に聴き取れる…

なんていう人はまずいません^^;

 

誤解を恐れずに書くとすれば、英語というのは

その人が「理解出来た」と感じれば、それで

聴き取れたと言って良いのです。厳密に

すべての英単語を一字残さず聴き取れることが

「英語を聴き取れた状態」と考えるのは

おかしいということです。

 

しかし、多くの英語学習者は大筋の流れで

英語を理解出来ているのにも関わらず、

まだ聴き取れていない、まだ足りない…と、

全ての語句・表現を一つ残さずに認識出来ないと

絶対にダメだ!という強迫観念を持たれて

いるのです。

 

そうして、元々の目標が「英語を理解すること」

であったにも関わらず、リスニングの練習を

続けていくうちに「すべての英単語を一つ残らず

聴き取る(認識する)」ということが目標に

すり替わってしまうのです。

 

こうなると、もう英会話を楽しむどころでは

なくなってしまいます^^; これを読まれたあなたは、

是非英語の「聴き取り」の本質について、

今一度よく理解して頂けたら…と思います。

 

もし宜しければ以下のページにそんなリスニングの

メカニズムについて詳しくまとめていますので、

実際の YouTube 動画と併せて練習してみて

下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/7step_listening_sm15/

2015年5月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

このページの先頭へ