あらゆる可能性にチャレンジし続けましょう!

 

今年一年を振り返って、

自分の目標を見事達成出来たという人と、

結局目標は達成できなかったという人が

いらっしゃるかと思います。

 

 

もちろん例外はあると思いますが、

一つ確実に言えるのは、今年自分の目標を

達成できたという人は、自分の可能性に

チャレンジ(挑戦)した人である…

ということです。

 

 

これはどんなことでもそうですが、

チャレンジしなければ、目標を達成したり、

成功したりすることは出来ません。

宝くじも買わなければ絶対に当たることが

無い…というのと同じことです(笑)

 

 

当然、チャレンジしても失敗することは

あります。しかし、チャレンジして失敗

することと、チャレンジせずに失敗する

ことの間には大きな違いがあるのです。

 

 

チャレンジしないということは、絶対に

成功しないということです。失敗もしない

けれど、成功も絶対にしないということです。

この差はとても大きいのです。

 

 

この世の多くの成功者は、自分が持てる

可能性を最大限に引き出そうとします。

つまり、ありとあらゆる可能性にチャレンジ

するということです。だから、成功するのです。

 

 

具体的に言えば、新しい英語の勉強法に

出会ったとします(教材でも講座でも何でも

いいですが)。すると、成功しやすい人は

まずチャレンジしてみます。とにかく先に

挑戦してしまうのです。

 

 

とりあえずチャレンジしてみて、そして

ダメならまた別の可能性を模索します。

その繰り返しで、自分にあったベストの

英語の勉強法と巡り合うことが出来るわけ

です。

 

 

しかし、いつまでも結果を出すことが

出来ない人というのは、まずチャレンジ

しません。

 

 

その前に、失敗することが怖いので、

ネットの口コミを読んでネガティブな情報を

見つけてはチャレンジしなくて良かったと

自分を納得させて安心したり、他にもっと

ラクで簡単、努力をせずに結果を出せる、

自分に都合の良い方法があるのではないかと

探し続けたりします。

 

 

そのような姿勢、行動自体が、自らの可能性を

狭めていることに気付かないのです。そして、

新しい他の方法を見つけては疑心暗鬼になり、

他にもっと良い方法があるのではないか…と

探し続けます。

 

 

そんなことをしている間に、あらゆる可能性に

チャレンジしている人たちがどんどん英語力を

身につけているというのに、なかなかそんな

事実に気付くことが出来ないわけです。

 

 

明日から2015年が始まります。

来年はぜひ、そんな心の弱さ、恐怖心を克服し、

あなたの目の前にある、ありとあらゆる可能性

にどんどん挑戦して下さい。果敢にチャレンジ

すれば、必ず道は開けます^^

 

 

来年こそ、しっかりとした英語力を身につけて

ペラペラペラ~ッと気持ちよく英語を話せる

ようになりましょう!

一緒に頑張り続けましょうね^^

どうぞ良いお年をお迎え下さい。

2014年12月31日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

リーディングは想像力を養う最高のトレーニングです

昔から本を読むのが大好きで、

小学生の頃、友達が外で野球やらサッカーやら、

校庭を元気一杯に走り回っている一方で、

私だけ一人静かに図書室で本を読んでいる…

ということが多かったです。

 

 

…なんて書くと、随分と「ひ弱」なイメージが

ありますが^^、確かに子供の頃、私は色白で

ガリガリに痩せている、典型的なモヤシっ子

でした(笑)

 

 

それが今となっては体重80キロ超の、

(一応身長は180ありますが)かなり貫禄ある

体型になってしまったのですから、

人間どこでどうなるか分かりません^^;

 

 

ま、そんな話はさて置き…。

当時よく読んだ江戸川乱歩シリーズとか、

もう少し大人になってから読んだ松本清張や

横溝正史なんて面白かったなぁ。

 

 

いまだに、それぞれの小説のタイトルを目にする

だけで、子供の頃、自分が読みながら頭に描いた

ストーリーの情景が頭にアリアリと浮かび上がる

くらいです。

 

 

小説というのは人の脳に鮮烈なイメージを

浮かべさせる力を持っているわけですね。

そして、そのイメージは長い間頭に焼き付いて

なかなか離れないものです。

 

 

これを英語に落とし込むと、色々なヒント・

気付きがあります。もちろん、リーディング

自体が英語学習の基本の基本というものですが、

ただ単に読解力を養うだけでなく、あなたの

「想像力」を大きく育てることが出来ます。

 

 

この「想像力」というのは英語を使った

コミュニケーションではとても重要で、

特に私たちが第二習得言語として英語を使う

以上、「推測」とか「空想」といった力は

とても重要です。

 

 

リスニングであれば相手が何を言っているのかを

推測しながら聴き取るということは不可欠の

スキルですし、スピーキングにおいて自分が

どのような英語を口にするのか、予め想定する

上でも「想像力(空想力)」は大切です。

 

 

ハッキリ言ってしまうと、英語が下手な人は

この「想像力(空想力)」が欠如している傾向が

あります。想像が出来ないと、相手が言っている

ことを理解したり、自分が言わんとすることを

把握するのが難しくなるといっても過言では

ありません。

 

 

そこで、もしあなたが英語のリーディングを

行う時には、ぜひこのような「想像力」を養う

トレーニングを行ってみて下さい。

 

 

やり方は簡単で、英語で小説などを読む際に、

常に情景を頭の中にアリアリと思い浮かべて

空想の世界を膨らませるようにするだけです。

 

 

それぞれの英語の語句、表現から、あなたなりの

イメージをより鮮明に頭に思い描いて下さい。

このようにしてイメージで捉えるようにすると

英語の語句も表現も記憶に強固に残すことが

出来るようになります。

 

 

また、既にお話ししたように、空想力や想像力

といったイメージの力が養われますので、

リスニングの推測力も向上し、またスピーキング

におけるライン作りの想定にも役立ちます。

 

 

この年末年始、少し時間があれば英語で

面白い小説を読み、空想の世界に浸ってみて

下さい!必ずあなたの「想像力(空想力)」が

グンと向上するはずです^^

2014年12月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

失敗・間違いが怖くて英語が話せるか^^

 

「弘法にも筆の誤り」と言うように

人間誰しも失敗や間違いはあるものですね。

よく他人の失敗や間違いを指摘し、鬼の首を

取ったように優越感に浸る人がいますが、

そんな人であってもどこかで失敗や間違いを

しているものです。

 

 

もちろん、世の中には「して良い間違い」

と「してはいけない間違い」があります。

例えば、その失敗や間違いによって、多くの

人の命が危険にさらされたり、取り返しの

つかない事態を招いてしまったり…という

のであれば、それは絶対に「してはいけない

間違い」でしょう。

 

 

しかし、この世のほとんどのことは、

そこまで厳密に考えなくても大丈夫です。

つまり「間違えても良い」というケースが

大半ということです。そしてそれは、

「英会話」にも言えます。

 

 

日本人は真面目な気質の人が多いので

「なるべく間違えないようにしたい」

という気持ちが強く、英会話の際も間違える

ことを極端に怖がる人が多いです。

 

 

少しでも単語が間違っていたり、文法が

おかしかったりすると、もうそれだけで

先に進めなくなります。間違えることや

失敗することに非常に敏感なのです。

 

 

もちろん、それはそれで悪いことでは

ありません。なるべく間違えずに、正しい

英語を使えるようになることがベスト

ですからね。ただ、それが度を過ぎると

問題になるということです。

 

 

実際、英会話において間違えたり、

変なことを口にすることを極端に心配したり

している人はなかなか口から英語を出すことが

出来ません。怖いから発言するのが億劫に

なるのです。

 

 

故に、相手の話を聞くばかりになってしまい、

会話が成立せず、何となく話が盛り上がらずに

終わってしまう…という悪循環に陥ります。

 

 

なるべく正しい英語を使う…ということは

間違ってはいませんが、あまりそこに執着

し過ぎると、本末転倒となってしまいます。

 

 

この辺りは「バランスの問題」ですから、

多少の間違いや失敗は誰にでもあることと

割り切って、何も恥ずかしがらずに、変な

英語表現でも構いませんから、どんどん口に

出してみるようにして下さい^^

 

追伸:

もしあなたが来年こそは英語を話せるように

なりたい!と思われているのであれば、

今夜追加募集が完全に終了してしまう

この講座にぜひ参加下さい!

 

半年後は間違いなく英語ペラペラになっている

はずです^^ 返金保証もついていますので、

まずは来年1月から、半年間じっくり挑戦して

みて下さい^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/pattern_speaking_ccmp/

2014年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ