山登り、先に頂上に辿り着けるのはどっち?

数年前、秩父の山でちょっと怖い思いを

したことがあります(秩父の山というのは

東京近郊にある山でハイキング等で訪れる

人が多い所です)。

 

 

その山は、小学校低学年が遠足に行くような、

山というよりは「丘」に毛が生えた程度の

家族連れが多いハイキングコースでした。

 

 

5月の連休に、まだ小学生だった子供たちを

連れて、軽装で山を登ったのです。目的地の

「丘」は本当に簡単に到着してしまったので、

その先の、もうちょっと高い山の頂上まで

行ってみようか…ということになりました。

 

 

妻は、慎重派なので登山マップを貰って行こう

と言いましたが、私はそんなもの必要ないよ!

と笑って、息子と共にどんどん山道を

奥へ、奥へと進んでしまったのです。

 

 

実は、当時買ったばかりの iPhone を持っていた

ことも私を強気にさせていました。もし迷っても

グーグルマップですぐに場所が分かる…

と高をくくっていたのです。

 

 

しかし!私は秩父の山を見くびっていました。

ちょっと奥まった所に入ったら、当然圏外で

グーグルマップは使えません(今はどうなのか

知りませんが、当時は無理でした)。

 

 

しかも、登山道が何通りにも分かれていて、

どうやら私は道を間違えてしまったようで、

来た道を戻ろうにも、どこをどう来たのかさえ

分からないのです!

 

 

「ヤバイ…」

焦る心を必死に抑え、大丈夫!大丈夫!と

自分に言い聞かせるように、誰もいない山道を

あっちこっち家族4人で彷徨い歩きました。

 

 

結局、数時間歩き回って何とか元の「丘」まで

降りて来ることが出来ましたが、地図も持たず

軽装で、しかも妻と子供に不安な思いをさせて

しまった魔のゴールデンウィークの一日を

今でも忘れることが出来ません…。

 

 

で、またまたこれを英語習得の話に持って行く

わけですが^^;(さすが私!転んでもタダでは

起き上がらない!)

 

 

結局のところ、英語習得の全体像とか、仕組み、

つまり「設計図」や「地図」を持たずに

英語の勉強やトレーニングを日々続けていることは、

まさにこの日の私と同じなんです。

 

 

実際、妻が「貰って行こう」と提案した

登山マップさえ持っていれば、目的地の頂上まで

わずか30分で到着していたのです。先人たちが

残してくれた…といえば大袈裟ですが、既に

頂上まで行く道を示した地図さえ見ていれば、

そんな怖い、不安な思いをして道に迷うことは

なかったというわけですね。

 

 

この話、あなたがどう捉えられるかは自由です。

別に地図なんか無くたって、いつかは自然に

英語を話せるようになるさ!と思われる方には

このオンラインスクールは必要ないでしょう。

 

 

しかし、もしあなたが「なかなか英語を話したり、

聴き取ったり出来るようにならない…」

「もう不安な英語学習は続けたくない!」

「もっと安心して、英語学習の本来の【楽しみ】を

味わいたい!」…と少しでも思われているのであれば、、、

ぜひ、今夜で締切となる私のオンラインスクールに

ご参加下さい^^

 

 

既に、このメルマガを読まれているたくさんの

方々からお申込みを頂きました。

「英語学習の全体像や仕組み(設計図・地図)」を

手に入れたい人は他にいませんか?

 

 

船が出る前に、乗り遅れないようにして下さいね^^

残り2名:あと数時間で完全に終了となります!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onlineschool/

2014年6月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

英語学習の目標地点も「ナビ」にセットするとラク!

 

その昔、車に「カーナビ」なんて便利なものは

ありませんでした。私が若い頃は、隣に乗った

彼女とか友人とかが一生懸命「地図」を見て

ナビしてくれたものです(そう!そういう

行為を「ナビする」と言っていましたね)。

 

 

しかし時代は21世紀。

今やカーナビがついていない車を探す方が

大変かも知れません(んなこたぁ無いか^^;)。

 

 

私はいわゆる「旧車」という類の、

昭和の古臭~い車が好きなので「カーナビ」

なんざ一切興味なかったのですが、それでも

25年落ちのBMWから国産の新車に乗り換えた

時には「カーナビ」の便利さに目からウロコが

落ちたものです。

 

 

カーナビの便利さは(今更大声をあげて言う

話でもありませんが^^;)、やはり目的地を

セットしたら、そこまでの最短ルートを

示してくれる「安心感」でしょう。

 

 

しかも最近のカーナビなら渋滞回避とか、

道を間違えた時のルート再検索とか、パパッと

やってくれますよね。昔のカーナビに

大嘘をつかれたことがありますが…^^;

 

 

で、まぁ無理矢理「英語」の話に結びつけますが、

要するに「目的地」を設定して、その最短ルート

にしたがって車を走らせれば、あとは「安心して」

ドライブを楽しめる…というのは、まさに今回の

新しいオンラインスクールであなたが得られる

「安心感」そのものなんです。

 

言ってみれば、あなたの英語習得の「カーナビ」

そのものです。あなたの英語の目標地点を

セミナーの解説に従って入力すれば、あとは

ワークを行うだけで最適化された最短ルートが

手に入ります。

 

その最短ルートを、このオンラインスクールでは

「仕組み」とか「設計図」と言っていますが、

要するにそのような「目的地までの地図」が

手に入れば、あとは日々の英語学習を楽しむ

だけで、英語力は右肩上がりに上昇していく…!

というわけです^^

 

 

ついに残り5名のみとなってしまいました。

もしあなたが少しでも興味を持っていらっしゃる

ようであれば、この機会を絶対に見逃さないで

下さい。チャンスは今だけです!そして、

いつも結果を出せるのは「行動」した人だけ

なのです。さぁ、一歩を踏み出して!^^

【残り5名で完全に終了です】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onlineschool/

2014年6月29日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語勉強法

洋画と邦画の違いでハッキリわかるスピーキングのヒント

先日、私の「洋画・海外ドラマの聴解ワーク」

講座を受講されている方から、TOEICのスコアが

765点から840点に上がった(しかも、ほぼリスニング

だけでのスコアアップ達成!)との報告を受け、

改めて聴解ワークの効果が実証されたなぁ~と

思っているわけですが^^

 

 

そんな「洋画・海外ドラマ」の講座では

これまでに100本近くの作品を紹介しており、

私もその度にジックリと洋画を鑑賞しているわけ

です(仕事ですからね!^^)

 

 

で、先日たまたま「邦画」、要するに

日本の映画を観る機会があったんです。基本的に

私は日本の映画はあまり観ないので(レベルが…^^;)

その作品を観た時も「つまらないな~」としか

思わなかったんです。

 

 

それで、一体何が「つまらない原因なのか?」

よくよく考えてみたんですが、それが日本映画

特有の「沈黙」とか「間(ま)」にあるのでは

ないかと思ったんです。

 

 

確かに、日本では「沈黙」とか「間(ま)」も

一つの表現というか、そのサイレントな感じで

何かを表す…っていうのはわかるんですよ。

 

 

ただ、このところ洋画や海外ドラマ漬けになって

いたので(講座の準備で)、久しぶりに日本の

映画を観たら、その「沈黙」とか「間(ま)」の

長さ、静寂さというのかなぁ、そういうのに

違和感を覚えたのです。

 

 

ここで断っておきたいのは、それはそれで

日本映画の良いところだと思うんです。それが、

日本映画の特長であって、日本人の繊細な感性

とか、「わび・さび(侘・寂)」的なものを

表す重要な表現方法というわけですね。

 

 

ただ、何かこの違和感、どっかであったよな…

と、思い出したのが「日本人の英会話」です!

まさに日本人の英会話って、日本映画のノリ

なんですよ。とーっても静かで、すごく

「わび・さび(侘・寂)」的なのです^^;

 

 

本当のネイティブ・スピーカー同士の会話って

もっと騒がしいというか、うるさい感じ

なんですよね。パーティなんかではもう誰もが

「俺が!俺が!」「私が!私が!」のように

喋りまくっている。

 

 

で、一つのスピーキングのヒント、コツなんですが、

もしあなたが英会話を上達させたい!と

思われているのであれば、あなたの英語での

発言量を5割増し(いや、10割増しでもいいかも)

で喋るようにしてみて下さい。

 

 

これはどんな内容でもいいんですよ。

下らないことでもいい。とにかく、日本映画の

ような「沈黙」「間(ま)」を作らないことです^^

それだけで、あなたの英語はかなり洗練されますよ!

Just give it a try!

 

追伸:

ちなみに、今回のオンラインスクールは

新規開講のキャンペーンで半額になって

いますが、これが終わると「基礎コース」

「応用コース」両方で受講料が倍(!)になって

しまいますので、受けてみたい!と思っている

方は絶対に今申し込んでおいた方がいいですよ^^

【半額】は残り8名で終了です~!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/onlineschool/

2014年6月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:スピーキング

このページの先頭へ