英語を【話せない】日本人の5つの大きな特徴とは?

前回「英語を話せる日本人の5つの大きな特徴」についてお話しました。今日はその逆…「英語を【話せない】日本人の5つの大きな特徴」についてお話したいと思います^^

これらの特徴に早く気付いて、もしあなたが仮に一つでも該当するようであれば、一刻も早くこのような特徴(癖)をなくすようにしましょう。

 

■ 英語を【話せない】日本人の5つの大きな特徴:

1.神経質過ぎる

これはほとんどの日本人に当てはまる特徴(傾向)ですね。とにかく細かいことにこだわり過ぎる。文法の些細な違いにこだわり、保守的になり過ぎて英会話の際もなかなか英語が出てこなくなる…。

これが典型的な英語を話せない日本人の特徴 No.1 です。実は私も昔は相当神経質でしたが(ホントだよ)、留学をきっかけにガラッと性格が変わり、今ではかなり図々しいオッサンになりました(笑)しかし、図々しいくらいの方が英語は話せるようになるものなのです。

 

2.心配し過ぎる

これも「神経質」とかぶりますが、心配症も英語の適性から考えると困りものです。先述の通り、「通じないんじゃないか」「笑われるんじゃないか」という心配が過剰になると、なかなか積極的に英語を口から出せなくなってしまいます。

通じなくて結構!笑われて上等!ぐらいの意気込みで「だって、オイラは日本人だもん!」「英語が話せなくて当たり前なんだもーん!」と、開き直れる神経の図太さが欲しいところです^^

3.融通が利かない(クソ真面目)

あー、ちょっと汚い表現を使ってしまいましたが^^; でも、そういうことなんです。真面目過ぎると融通が利かなくなりますね。言われたことだけで、マニュアル以外のことは一切出来ないというロボットのような悲しい人間にはなりたくないものです。

例えば、英文法の参考書に書いてあったからと言ってそれだけを鵜呑みにしたり、一つの表現を覚えたらそれしか使えず、他のバリエーションやアレンジがまったく出来ないというタイプ。気をつけたいです。

4.ネガティブ思考

これも気をつけたいですね。何でもかんでも「出来ない」「無理」「ダメに決まっている」と考える人は、絶対に、絶対に、絶対にイケマセン^^

リスニングの練習をしていて、半分聴き取れた時に「おお!半分も聴き取れたよ、俺ってスゴイ」と肯定的に受け止めることが出来る人と、「ああ…半分しか聴き取れない。私ってダメ…」と否定的に受け止める人。千差万別ですが、特に後者のネガティブ・タイプで英語が伸びたためしはありません。

常に元気よく、常に前向き、常にポジティブで明るく楽しく笑いながら英語と接することが出来ればすぐにでもペラペラのバイリンガルになれます。英語の神さまは「楽しい人」「ワクワクしている人」にだけ微笑むということです^^

5.他人まかせ(受動的)である

そして最後の決定打がコレ。「他力本願」とも言いますね。自分では何も動こうとせず、すべて他人まかせで、さらに失敗すると他人のせいにする人。

厳しい話ですが、英語でも何でも最終的に結果を出せる人って、「すべての責任を自分で負う人」なんです。だから、他人に依存しないし、他人にまかせないし、他人のせいにもしない。とにかく英語を話せるようになるために、自分の方から行動し、働きかけるわけですね(=プロアクティブ)。

一方で、なかなか英語を話せるようにならない人は自分からは何もしません。人からお尻を叩かれるのをいつまでも待っているのです^^;

しかし、世の中は厳しいですから、待っていても誰もあなたのお尻を叩いてはくれないのです。だから、自分で一歩を踏み出す必要があるわけです。来年は気持ち新たに、前向き・積極的(プロアクティブ)な英語学習を心掛けたいですね!^^

追伸:

というわけで、残り数名で終わりになります今年のクリスマス・キャンペーン!

積極的に参加して下さい^^

【残り若干名で終了っす】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslcc2013/

2013年12月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英語を話せる日本人の5つの大きな特徴とは?

どうすればあの人みたいに英語を話せるようになるのだろう?

どうすればあの人みたいに英語を聴き取れるようになるのだろう?

今、英語を一所懸命に勉強中の方は、既に英語をペラペラと話せる日本人のことを見て常にそんな疑問を抱いているものです。

私自身も英語をまったく話せなかった頃にはとにかく、自分とアイツ(既に英語を話せる日本人)の違いが何なのか、それだけがどうしても気になったものです。

今日は、そんな疑問を抱き続けているあなたに、既に英語を話せるようになった日本人と未だに英語を話せるようにならない日本人との大きな違いを5つご紹介します。

■ 英語を話せる日本人の5つの大きな特徴:

1.他人の英語表現を自分の表現に貪欲に取り入れる

あなたの周りに既に英語を話せるようになった日本人がいたら、彼らの英語をよーく聞いて分析してみて下さい。あれ、どこかで聞いたことがある表現が多いな…と感じられるかも知れません。

そうです、彼らの秘密は「他人の英語表現」を巧みにパクって(真似て)自分の表現にアレンジして再利用している所にあるのです。これはもう図々しいほど貪欲にやってみると良いですよ^^

2.ネイティブの発音を常に意識している

英語を話せる日本人にも発音が下手な人はたくさんいますが(それでも通じているのであれば問題はありませんが)、どうせならネイティブのようなカッコいい発音を覚えたいもの。

英語が上手な日本人は「発音」をすごく大事にします。中には自分の英語を録音して分析する人もたくさんいます。それぐらい徹底して自分の英語の発音とネイティブの発音の違いを比較し、常に正すようにすれば、必ず発音は改善するのです。

3.細かいことを気にし過ぎない

「発音」にはこだわるものの、英語を話せる日本人の多くは細かい文法上の間違いとか、ちょっとしたミスを気にしないものです。なぜなら、英会話はテンポ(スピード)が命だからです。

何か間違っているんじゃないか、こんなことを言って笑われるんじゃないか…?なんてオドオドしていると絶対に英語は上達しません。だから、常に堂々と、少しぐらいの間違いはどうってことない!という姿勢でドーンと構えていれば良いのです^^

4.常に好奇心旺盛である(インプットが好き)

英語が上手な日本人は常に好奇心のカタマリです。最新の映画、ドラマ、海外の情報、世界の話題や時事的なこと、流行などに非常に敏感です。

そうやって日頃からアンテナを立てていると英会話の際に話題に困ることはありませんし、話していても話題豊富な人は魅力的に感じますので多くの場合、外国人にも好意をもたれるのです。

5.とにかく喋る(アウトプットが好き)

そして最後、これが決定打ですね^^英語を上手に話せる日本人は、何も英語だけが上手というわけではなく、会話(お喋り)自体が大好きなのです。

だから、常にベラベラ、ベラベラ話しています。そうやって他の人とコミュニケーションしたり、自分の考えていることや思っていることを相手に伝えたい!表現したい!と感じられるのが一つの適性なんですね。

上記を参考に、来年はぜひペラペラ・ペラリンコのバイリンガル日本人に変身して頂きたいと思います^^

追伸:

そういう意味では、来年1年間じっくり英語を勉強するには最適なプログラムと言えます。しかもクリスマス・キャンペーンで【半額】ですから!今すぐお申込み下さいね【14名限定】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslcc2013/

 

eslcc1

2013年12月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

英語の勉強にこんな「刺激」を取り入れていますか?

「あ~退屈だな~、何か刺激的なことないかなー」なんて言うように、人は生活がマンネリ化すると刺激を求めるものです。

私も、大好きなラーメンを食べる時に前半は何も入れませんが、後半になるとコショウをたっぷり入れて「味変」します^^ 要するに、刺激を求めるわけですね。

そういう意味では、刺激は「変化」とも言えます。本来、人間は安定を求める生き物ですが、安定した状態が続くと今度は変化を求めるのですね。怖いもの見たさ…に近い本能があるのかも知れません。

ところで、英語の勉強がマンネリ化してくると脳への刺激が少なくなり、全体的なパフォーマンスが落ちてくることがあります。

よく、いくらリスニングの練習をしても上達している気がしない…なんて言いますが、そんな時はマンネリ化した学習に脳が慣れてしまい、刺激がなくなっているのかも知れません。

パフォーマンスが低下した脳には、思い切って「刺激」を与えると、再びグンと英語の習得が加速することがあります。

具体的には、教材を変えてみるとか、英会話の相手を変えてみるとか、新しい映画や海外ドラマを観るとか、ちょっと奮発して海外旅行に出かけてみるとか、新しい講座に申し込んでみるとか(笑)、そういった「変化」を意図的に起こしてみることですね。

これも一つの行動力の問題ではありますが、現状維持よりも常に変化し、脳に刺激を与え続ける人の方が何事も上達するのが早いものです。いわゆる「挑戦し続けるタイプ」の人ですね。

そして、すぐに意気消沈してしまったり、三日坊主で挫折してしまったりするのは、新しいことへの挑戦を避け、現状に甘んじたり、安定を求めてしまったりするタイプの人に多い傾向があります。

もしあなたが少しでも現状の英語学習にパフォーマンスの低下を感じているようであればこの週末に新作映画の一つでも観てみて下さい。そうやって常に脳に新しい刺激を与えるのです。

或いは、今夜募集が完全に締め切りとなるこの新講座に参加してみるのも良いかも知れません^^ ハッキリ言って、かなりの刺激になりますよ!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english/

 

■「英語英会話実践マニュアル教本」のご案内 ■

渡邉の最新教本では、あなたが英語を話したり、聴き取ったり、或いは読んだり、書いたりする上で、まず最初に必ず知っておくべき「英語の習得方法」を詳しくご紹介しています。

具体的なトレーニング内容はもちろん、英語を話すことが出来ない人が、「何を」「どうすれば」英語を話したり、聴き取ったり出来るようになるのか、その方法・手順をすべて知ることが出来ます。

これから英語の勉強を本格的に開始するという方、またはこれまで勉強してきたが一向に英語力が身につかないという方は、まずここから始めてみて下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

2013年12月20日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

このページの先頭へ