英語特有のリズム感を身につける最高の方法とは?

英語を英語らしく話す為には発音も重要です。しかし、それ以上に重要なのが英語特有のリズム。アクセントとか、ストレスとか呼ばれるものですね。

これを知らないと、いくら難しい単語や文法を知っていても、個々の発音が完璧であっても、英語が上手に聞こえないのです。

その理由は、日本語と英語のサウンド的な違いにあります。簡単に言えば、日本語というのはすべての語が「子音+母音」の組み合わせで出来ているため、ダダダダダダ…と平坦な音に聞こえます。

一方英語はというと日本語のサウンドのように画一的ではありません。ピッチ・アクセント(音の高低の違い)とストレス・アクセント(音の強弱の違い)があり、まるで言葉自体が「音楽」のように表情豊かなのです。

英語のサウンドが好き!という人は多いですが、その響きが美しく聞こえるには、そんな理由があるわけですね。

例えば、I want to go to the party. を日本人が発音するとどうなるでしょうか?おそらく「アイ・ウォント・トゥ・ゴー・トゥ・ザ・パーティ」のように、ダ・ダ・ダ・ダ・ダ…という画一的なサウンドになるはずです。

これをネイティブ・スピーカーが発音すると、「ア・ワナ・ゴゥ・トゥダ・パーリィ」 のように、ストレスごとのまとまりとして、ダ・ダーダ・ダ・ダーダ・ダ・ダーダ… のようなリズムに聞こえます。

これが英語特有のリズムというもの。音楽をかじったことがある人なら、音符でその違いを理解することも出来るでしょう。それぐらい「音楽的」なのです。

で、どうすればこのような英語特有のリズム感を身につけることが出来るか?という話なのですが、一番のおススメは「洋楽」を聴いたり、自分で歌ったりすることです

ただでさえ「音楽」のように聞こえる英語ですが、それが「歌」になるとさらにリズムが強調されます。これに慣れるには、日頃から洋楽を耳にするのが一番なんです。ジャズでもロックでも構わないので、ぜひアメリカやイギリスの音楽を聴いてみて下さい。

そして、出来ることならカラオケで歌ってみることをお勧めします。私もカラオケによく行きますが、70年代、80年代の洋楽ばかり歌います。自分で歌うとさらに英語のリズム的な特徴が掴みやすくなるので、これは本当におススメです^^

ただ、日本人だけのパーティですと、かなり嫌がられますので注意が必要ですが…^^; 私の場合、外国人と一緒か、日本人同士の場合も洋楽好きな仲間の時だけ歌うことにしています。

洋楽を歌ってみると、英語のリズム的な特徴とそのパターンがわかるようになります。これを体得できると、発音が抜群によくなります。

よく、ネイティブのような英語を話す日本人がいますが、そういう人に洋楽を歌ってもらうと大抵、とっても上手です。なぜなら、英語特有のリズム・パターンを体得しているから、ですね。ぜひあなたも参考にしてみて下さい。

 

追伸:

その他、今すぐにでも英語をネイティブのような発音で話せるようになる方法や手順、秘訣、コツなどを満載でご紹介しています。気になる方はぜひ今すぐ読んでみて下さい^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(7/31)タレコミ情報

今日は Commonly-Used American Slang 「よく使われるアメリカのスラング(俗語)」について、代表的なものを勉強しました。日本の英語の辞書や単語集等では、このようなスラングを知ることは出来ません。ESLでは、アメリカの日常的な会話の中で頻出のスラングや慣用的表現をたくさんご紹介しています。

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中です。ぜひこの機会にご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl10_2

毎日の英語の勉強がやっつけ仕事になっていませんか?

毎日何時間も英語の勉強をしているのに、どういうわけかちっとも上達が感じられない…

勉強した内容をしっかりと記録していても、ちっとも結果に反映されていない…

と感じている方はとても多いです。

これはどちらかというと真面目で几帳面な方に多い傾向がありますが、やるべきことはやっているのに、どういうわけか成果を出せない…という深刻な悩みですね。

しかも本人としては実際に勉強している自覚があるので、どうにも納得がいかないものです。なぜ?どうして?とメールを下さる方が非常に多くいらっしゃいます。

で、その原因は色々と考えられるわけですが、もっともありがちな原因の一つが、毎日の英語の勉強やトレーニングが「やっつけ仕事」になってしまっているということ。

「やっつけ仕事」というのは、とりあえず「終わらせること」が目的になってしまっている仕事や作業のことですね。本来の目的よりもとにかく片付けることに重点が置かれる仕事や作業のことです。

特に毎日の勉強のノルマ等を厳密に割り当てたりすると「とりあえず、今日はこれだけ終わらせよう」という気持ちが強くなります。勿論、そういったノルマを割り当てること自体に問題はありません。むしろ、計画的で良いことだと思います。

しかし、「これだけやればOK」的な思考になると状況は一変します。つまり、英語の勉強の目的が「終わらせること」になってしまうわけです。そうなると毎日の勉強は完全な「ルーチン作業」と化します。

おまけに、勉強はしっかりとやっている!という妙な満足感、自負心がある為、それが悪いことと気付きません。しかし、作業化した英語の勉強ほど無意味なものはないのです。

なぜなら、そこには「楽しい!」という感覚や「ワクワクする!」といった気持ちが存在しないからですね。もう機械やロボットと同じ。ただ、英語の勉強を無機的に続けているだけ…という状況に陥ってしまいます。

そうなると、身につくものも身につきません。せっかく覚えた英文法知識も英単語も、経時的に右から左へと忘れていくでしょう。英語の習得で重要なのは「楽しい!」「ワクワクする!」という気持ちだからです。

もしあなたが、毎日の英語の勉強やトレーニングで少しでも「やっつけ仕事」になっているな…と感じる場合には、もう一度あなたの英語習得の目標を再確認し、「楽しい!」「ワクワクする!」という気持ちをもって勉強を続けられるようにしましょう^^

 

追伸:

心の底から楽しみながら、ワクワクしながら英語を身につけたいと思われるなら、ぜひ渡邊のラインマスター式英語習得法で英語の勉強、英会話のトレーニングを実践してみて下さい。ここに、その全ての方法を用意してあります:

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(7/30)タレコミ情報

今日は火曜日ということでリスニングのトレーニングとしてVOA Learning English から最新の音声を聴いてみました。明日は TOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です!

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら10日間の無料おためしキャンペーンを実施中です。こうしている間にも他の読者はどんどん参加され、前に進まれています^^

ぜひ今すぐ無料のおためしにお申込み下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

気持ちを高めると英語の勉強も英会話もうまく行く

おそらく誰でも経験したことがあると思いますが、英語でも何でも、うまく行く時とまったくダメな時ってありますよね。

例えば英会話で調子よく英語をペラペラ話せたり、相手が言っていることをクリアに理解出来たり…という時がある反面、まったくうまく話せなかったり、サッパリ聴き取れなかった…なんて時もあります。

で、こんなのは、その時その時の体調とか、タイミングとか、環境とか、さまざまな要因があってコミュニケーションの度合が変動するわけですが、意外と重要なのが「気持ち」なのです。

「気持ち」という言葉を私たちは普段何気なく使っていますが、この「気」の「持ち方」というのは、何事においても大きな影響を及ぼすものです。

そもそも「気」というのは不思議なもので、それは「感情」とも言えますし、スターウォーズに出てくる「フォース」に近いものでもあります。「気合を入れる」「その気になる」「気持ちが良い」等々、「気」という言葉には何か特別な意味合いが込められています。

この「気」の話は、少々スピリチュアル的になりますので、詳しい話は割愛しますが^^;、英語の勉強をする時とか、英会話で英語を話す時などは、この「気持ち」を高めることが非常に大切です。

これから英語の勉強をするぞ!という時には、なるべく英語の勉強を「する気」になると良いです。「その気」になる…ということですね^^

そのためには、あなたの英語習得の目標を明確化し、常に再確認するように努めて下さい。英語の勉強をする前に、目標を書いた紙などに目を通し「よーし、やるぞぉ~!!!」とモチベーションを高めるのです。

また、英会話の前にも「気合」を入れるべきです。なぜなら、英語を話すという行為は、あなたが思っているよりも非常に大きなエネルギーを必要とするからです。相手に圧倒されない為にググーッと「気持ちを高める」わけですね

これは個人的なコツなので誰にでも効果があるかどうかはわからないのですが、私の場合は大音量でお気に入りの洋楽を聴くことにしています^^

特にハードロックとか、重低音のきいたアップテンポの曲を車の中で大音量でかけ、さらに大声で歌ったりすると最高です。もうテンションがガツーン!と上がって、英語モードに入ることが出来るわけです。

実際、欧米人のテンションは高いことが多いので、それぐらいのウォーミングアップをして丁度良いですね^^; これも一種の「気合入れ」と言えるでしょう。ぜひ、参考にしてみて下さい!

 

追伸:

あなたは「英語を話せるようになる方法」「英語を聴き取れるようになる方法」を明確に説明することが出来ますか?

もし、説明することが出来ないのであれば、その方法を理解していない…ということになります。それならば、今すぐにコレを読んでみて下さい。必ず役に立つことをお約束します^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(7/29)タレコミ情報

今日の ESL メール講座では phonics (pronunciation)フォニックス(発音)に関するエクササイズを実践しました。特に日本人が間違えやすい12種類の vowel sound「母音」や consonant「子音」の違いについて確認してみました。

現在、ESL メール講座では先着100名限定で「ラインマスター毎日英語塾」が無料で受講出来るキャンペーンを実施しています。これは非常にお得なキャンペーンですので、是非この機会にご参加下さい!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このページの先頭へ