あなたの持つポテンシャルを過小評価しないで!

先日、昔の知り合いと話をする機会がありました。その知り合いは、友人と共にある会社に就職したのですが、その会社というのがいわゆる「ブラック企業」だったらしいのです。

ブラック企業というのは、そこに勤める人を酷使したり、ひどい待遇で扱う会社のことですね。その知り合いによると、営業職だったらしいのですが、サービス残業は当たり前、絶対に達成出来ないノルマを課せられ、精神的に病んで辞めて行く人も少なくないそうです。

で、その知り合いは早々にその会社を辞めて、今はとても健全で福利厚生などもしっかりとし別の会社に再就職出来たのですが、同時期に入社した友人は未だにその会社に勤めているとのこと。

しかも、その会社のブラック度は輪をかけてひどくなり、例えば営業成績の悪い人は「しごき」と称した体罰まで与えられているそうで、知り合いの友人はうつ状態になってしまっているそうです。気の毒なことですね。

ただ、なぜ知り合いはその会社を辞めたのに、その友人は辞めなかったのか、そこに疑問を感じます。しかし、その友人は「今辞めても他に再就職なんて出来るわけない」と思い込んでしまっているらしいのです。

実際には、その知り合いは辞めてすぐに別会社に就職出来たのですが、もちろんそれはラッキーだったのかも知れませんが、しかし知り合いがより良い会社に勤めることが出来たのは、自分で可能性を決めつけずに、素直に他に道を求めたから…なんですよね。

ずい分長い前置きになってしまいましたが、これは英語の習得にも当てはまることなんです。自分で「出来ない」「無理に決まっている」と可能性を否定しまっていると、絶対にそこから進むことは出来ません。

リスニングも「聴き取れないに決まっている」と思っていると絶対に聴き取れないんです。これは何にでも当てはまることです。

もしあなたが、あなた自身の可能性、ポテンシャルに蓋をしてしまっているようであれば、今すぐにその蓋を開けて下さい。人間、やって出来ないことはないんです。

知り合いの友人が早くその会社を辞めて、より良い会社に勤められると良いな~と思います^^

それでは、どうぞ楽しい週末をお過ごし下さい^^

 

追伸:

あなたは自分が英語を話せるようにならないのではないか?と自らの可能性に蓋を閉めて諦めていませんか?

それなら、この教本を週末に読んでみて下さい。一気に自分の可能性、ポテンシャルに気付き、心が軽くなるはずです^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

英会話はメンタル的な緊張が足を引っ張ります

昨日「少し時間をおくと、聴き取れなかった英語が聴き取れるようになりますよ」なんていう内容をお送りしたところ「それ、わかります!」というメールをいくつか頂きました。

やはり、皆さんも体験されているようですね^^ 中には、時間をおいた後、同じ内容の英語を他の人に話しているのを聞いたら理解できた!なんていう体験をされた方もいらっしゃいました。

これはまさに私が普段から言っている「メンタル的な緊張(劣等感に由来するもの)が英会話の足を引っ張る」ということなんです。

言ってみれば、日本人の多くは既に英会話を立派に遂行できるだけの「基礎英語力」を十分持ち合わせているんです。一般的な日常英会話であれば、中学で習う基本的な英文法、語彙だけで十分に対応出来るものなんですね。

しかし、外国人を目の前にしてひどく緊張したり、「絶対に聴き取れないだろうなぁ」とネガティブな気持ちで英語を耳にしたりすると、本来の聴解力が発揮出来なくなってしまうのです。

だから、時間をおいてみたり、他人同士の会話を第三者の立場から落ち着いて聴き取ってみると、アラ不思議…何を言っているかがよくわかる!ということが往々にしてあるのです。

したがって、英会話においてはあなたのメンタル部分を何とかして「平常心」にキープしておくことが重要です。ここで緊張したり舞い上がったりしてしまうから足を引っ張られるわけですね。

普通に中学英語を勉強したことがある日本人ならば今すぐにでも英会話を楽しめるポテンシャルを誰もが持っているのです。それをつまらない「緊張感」「劣等感」で台無しにするのはあまりにももったいないのではないでしょうか^^

 

追伸:

それでは、どうすれば緊張したり、舞い上がったりせずに落ち着いて英会話を楽しむことが出来るでしょうか?その方法ももちろんご紹介しています。

「英語英会話実践マニュアル2013」あなたはもう読まれましたか?

まだなら、今すぐダウンロード下さい^^

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

2013年5月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

少し時間を置くと面白いように読める!聴き取れる!

今日は英語を読んだり、聴き取ったり、或いは喋ったり、書いたり…といった時にどうしても意味がわからない…とか、どうしても良い表現が出てこない…とか、そんな時に有効なコツを一つご紹介します。

もう既にタイトルにも書いてありますが^^; 英語の解釈や表現に窮した時に、「少し時間を置いてみる」というのはとても有効な対処法の一つなんです。

例えば、英文を読んでいてどうしてもうまく解釈出来ない…という箇所があったとします。そんな時に無理矢理訳そうとしても、たいていはうまく行きません。

で、どうするのかというと、当該箇所は放置し先を読み進めてみるのです。または、読むこと自体を少しお休みしても良いでしょう。

しばらく経ってから、同じ箇所を読んでみて下さい。先ほどはまったく意味がわからなかったのに、あれ?っと思うほど簡単に解釈出来たりすることがあります。

これはリスニングにおいても言えます。ディクテーションなんかしていて、どうしても聴き取れない部分がある。そんな時はリーディングと同じく、しばらく放っておくんです。

で、ちょっとしてからもう一度聴いてみると…アレ不思議!簡単に聴き取れた~なんてことがよくあるんですね^^

これ、一体どういう作用でそうなるのかわかりませんが、同じような経験をしている人は少なくありません。おそらく、読めない!聴き取れない!と焦っている時には脳が柔軟に働かないのかも知れませんね。

或いは、固定観念に縛られてしまっていて、見えるべきところが見えなくなってしまっているのかも知れません。

いずれにしても、これはスピーキングやライティングといったアウトプット系スキルにおいても通用する、ちょっとしたコツですので覚えておくと便利です^^

追伸:

あなたは「英語を話す方法」「英語を聴き取る方法」を具体的に説明することが出来ますか?

もし説明出来ない状態で英語の勉強を始めたり、英会話スクールに通ったりしているのであれば、大きな回り道を強いられる可能性があります。

まずは「英語を話す方法」「英語を聴き取る方法」を明確に知るところから始めて下さい^^

その方法はこちらです:

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このページの先頭へ