どうしても英語を身につけたければ無心でコレをやる

英語の習得法は色々とありますが、おそらく今日ご紹介する方法が最もシンプルで、最も効果的なのではないかと思います。

それは…「繰り返し」による英語の習得です。なーんだ、そんなことか!なんて言わないで下さいね^^「繰り返すこと」はすべての学習・習得の基本なのです。

例えば、単語がなかなか覚えられないとか、いつまで経っても英語を聴き取れるようにならないとか、まぁ色々とご不満はあるかと思いますが、結局何が足りないのかと言うと「繰り返しの回数」が足りないのです。

単語を10回繰り返しても覚えられないというのなら、30回繰り返してみて下さい。30回でダメなら50回、50回でダメなら100回です。世の中のたいていのことは、1000回繰り返せば必ず身につくと言われます。だから、世の中で身につかないことはないんです^^

それに、英語の話で言えば1000回も繰り返す必要はありません。英単語なら、いいとこ30回で覚えられるはずです。リスニングの練習だって同じ英語音声を30回も繰り返して聞けば、どんな人であっても多少は聴き取れるようになるものです。

では、それなのに何故多くの人は単語を覚えられなかったり、英語音声を聴き取れるようにならなかったりするのか?という話になりますが、それはただ単に途中で諦めてしまうから、です。

ほとんどの人は途中で余計なことを考えてしまうのです。例えば「こんなに繰り返しても意味ないんじゃないか?」とか、「何回やってもダメなものはダメなじゃないか?」と、疑心暗鬼になってしまう。

そうではなく、繰り返しによる習得のコツとしては「無心」で、余計なことを考えずにひたすら繰り返す…ということが大切です。何も考えず、まるで自分が機械にでもなったかのように、ただ繰り返す。

すると、たいていのことは100回繰り返す前に自然に身についてしまうものです^^ どんなに難しいスキルであっても1000回繰り返せば絶対に身につきます。人間はそういう風に出来ているのです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(12/28)タレコミ情報 ■

今日は金曜日ということで今年最後のライティング講座をお送りしました。明日は週末ですので英語の勉強から少し離れてラクに読める内容をお送りします^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

2012年12月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

英語を話す「気」とはどんな「気」でしょうか?

「その気になる」なんて私たちはよく口にしますが、この「気」という語はとても意味深いものです。

元々は中国の思想や哲学における用語の一つですが、日本語においては精神的な状態を表すことが多いですね。

例えば…

「気になる」

「気がする」

「気がある」

「気がない」

「気持ち良い」

「気持ち悪い」

「気がおかしい」

「気に障る」

「気が散る」

等々、さざまな言い方がありますが、英語を話す時には「その気になる」ということが、とても重要なのです。

英語を話す時に「その気になる」というのは、言ってみれば自分が外国人にでもなったような気になって「英語を話すバージョン」の自分を演じるということです

英語を上手く話せない人の共通点として、日本人のメンタリティのまま、口だけで英語を話しているようなケースが多いものです。

そうではなく、英語を話す時には「その気になって」まるで自分が英語を話すネイティブ・スピーカーにでもなったように身振り手振りを交え、完全に英語を話す人格になりきってみると良いのです。

別の言い方をすれば「感情移入」ということでしょうか。いかにも自分はイングリッシュ・スピーカーだ!という気になって、感情移入することで、恥ずかしさとかためらいが無くなり、堂々と英語を話せるようになります。

この年末年始の休みに海外に行かれる予定の方は、ぜひ「その気になって」英語を話してみて下さい^^ きっとうまくいくはずです。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(12/26)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたので TOEIC(R)テスト対策をお送りしました。明日はリーディングの日ですので、英語圏の生の英文を読むトレーニングを行う予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

2012年12月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

こんな空想英会話と空想英文メールで英語力劇的UP!

常々思うのですが、英語ってのはやっぱり「想像力」なんですよね。例えば、英語を聴き取るリスニング力も「想像力(推測力・想定力)」というのが重要ですし、これはリーディング力にも通じることです。

英語だけに限りませんが、「想像力」が欠如している人というのは、やはり空気が読めなかったり、物事への対応が苦手 or 不器用だったりするものです。

一方、空想好きな人や想像力がたくましい人というのは英語の上達も早いです。なぜなら、例えば英会話の前に相手とどんな話をするか鮮明に想定し、それに基づいて自分が話す英語を準備することが出来るからです。

または、冒頭でもお話した通り、リスニングにおいてもリーディングにおいても、「話者はこういうことを言おうとしているんだろう」「筆者はこういことを伝えようとしているんだろう」という想像が出来るのでその分、理解力が増します。

そんな「空想力」とか「想像力」というものを使った英語のトレーニングというのは、とても効果的なものですので、ご紹介したいと思います。

まずは「空想英会話」から。これは文字通り、英会話の相手を想定し、その相手と実際にどんな話をするかを想像しながら一人で話す練習をするトレーニングです。

はっきり言って、非常に効果の高いトレーニングですが、他に人がいる場所でやると100%「そういう目」で見られますので気をつけましょう^^; ただ、実際の英会話の直前にやると効果テキメンです。

もう一つは「空想英文メール」これもそのまんまですが、要は相手を想定して、その人に宛てた英語のメールを書いてみるということです。内容は何でも構いません。ラブレター的なものであっても、日常会話的なものであっても何でも良いでしょう。書く内容は「空想」なのですから、どんなことを書いても構わないのです。

意外と効果的なのは、その想定した相手に対する「感情的な部分」を思うままに書き綴るということです。例えば、腹が立つことを言われた相手を想像し、自分がどれだけ腹を立てているかを英語で書いてみるのも良いですし、逆に感謝している相手であれば、その相手に対する感謝のメールを空想上で書いてみるというわけです。

このようなメールは実際に送るものではありませんが、相手を特定した上で「空想メール」を書くことで、まず相手を想像したり、話す内容を想定したり…という英語の準備の段階で必要なスキルがより確実に身につくはずです。

それだけでなく、英会話等で重要な「推測力」が養われますので是非挑戦してみて下さい^^ ちょっと冷静に考えると恥ずかしいトレーニングではありますが、そんな「恥」はかき捨て、積極的に挑戦してみて下さい^^

 

追伸:

そうそう、今回のキャンペーンでお申込頂いた方全員に渡邊からクリスマス・プレゼントとしてサプライズ特典をお付けいたします(中身は教本が届いてからのお楽しみです^^)。先週からお申込頂いている方全員におつけしますのでお楽しみに!

各教本とも残り1セットずつのみ、今夜23:59まで。あと数時間でキャンペーン完全終了です!今すぐお申込下さいネ^^
↓↓↓
http://www.uratsuhonei.com/?page_id=2040

 

【ご注意】

・神経質な方はお申込みをご遠慮下さい。

・ワケあり・難あり品を理解されている方のみお申込み下さい。

・ノークレーム・ノーリターンでお願いします。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(12/25)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたので、大人気のリスニング・トレーニングをお送り致しました。明日は TOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?今なら期間限定で、新規お申込み頂いた方に渡邊の教本類をプレゼント中! 何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

2012年12月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語習得のコツ

このページの先頭へ