もしかして、あなたは石橋を叩き過ぎていませんか?

はっきり申し上げます。

実は日本人は英語を話せる力を十分に備えています。中学レベルの英語を一通り勉強されてきた方であれば、誰もが「既に十分過ぎる英語力」を備えていると断言します。

しかし、現実には多くの日本人が、英語が出来ない…と嘆き実際に英会話などでは何も話せず、聴き取れずに下を向いてしまう方がほとんどです。

では、どうして基礎的な英語力を有していて、簡単な単語であれば読めるし、理解も出来るというのに、多くの日本人がこんなにも英語に苦しめられているのでしょうか。

その大きな原因は…「石橋を叩き過ぎている」ということです。

別の言葉で言えば「慎重になり過ぎている」ということですね。

英会話において言いたいことがあれば、本来は単語の羅列でも構わないからどんどん言葉を投げ掛ければ良いのに、ほとんどの人は「完全な英文」になっていないと不安で口から出すことさえ出来ません。

人によっては発音が完璧でないからという理由で、また別の人は簡単な単語しか知らないからという理由で、英語を口から出そうとしないのです。

「こんなことを言ったら、間違っているのではないか?」

「こんなことを言ったら、笑われるのではないか?」

「こんなことを言ったら、恥ずかしいのではないか?」

もう、そんなことばかり気にしてなかなか初めの一言を口から出すことが出来ないんですね。

日本人と同じように、世界中には英語を母国語としない人々がたくさんいます。アラブの人々がそうです。南米の人々がそうです。アジアの人々がそうです。しかし、彼らは片言の英語でもガンガン話します。もう本当に図々しいほどよく喋ります^^;

で、それでコミュニケーションはしっかりと成り立っているんです。ひどい発音、ひどい文法、ひどいボキャブラリーであっても、彼らはお構いなしで「まくし立てます」^^

本当に厚かましいほどです^^;

そんなノン・ネイティブ・スピーカーたちの逞しさを目にすると、日本人は何故こんなにも慎重なのか…と感じさせられます。石橋を叩いて、叩いて、叩いて、それでもまだ叩き続けて…結局、それでも渡ろうとしません。

何でもそうですが、一歩を出してしまった者が勝ちです。心配していても何も始まりません。能書きはいいんです。英語力が完璧になるまで待っている必要ありません。

とにかく、今のままでいいから、実際の英語の世界に飛び込んでしまう。ザッバーン!と。すると、新しい世界が開けるんです。それはそれは気持ちイイです。これは本当ですよ^^

■ ラインマスター毎日英語塾(8/31)タレコミ情報 ■

今日は金曜日、ライティング講座でしたので、実際のラインの書き方をご紹介しました。明日は週末ですので軽く読める内容をお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

これが2カ月半で訪れた英語のブレイクスルー体験の一部始終です

昨日、「死にもの狂いになって勉強して…」的なことを書いたら、多くの方から「個人トレーナー・プログラムって、そんなに恐ろしいものなのですか?」という主旨の問い合わせを頂きました^^;

いえいえ、そんな恐ろしいものでは、決してありません^^

むしろ、「メチャクチャ楽しいもの」だと思います。楽しいというか…「充実感」「達成感」を味わえるということでしょうか。

ほら、あなたもきっと経験があるのではないでしょうか?一所懸命、頑張って試験に受かった!とか人生で一番頑張って目標を達成した!とか…そういった、「精一杯頑張った後の充実感、達成感」です。

何回も転んで自転車に乗れるようになったこと、

手にマメを作って鉄棒が出来るようになったこと、

志望校に合格したこと、希望の会社に就職出来たこと、

頑張って仕事が認められたこと、スポーツでも資格でも、

とにかく頑張って目標を達成できたこと…

一所懸命がんばった後の、あの爽快感。達成感。それを、英語の習得という点で、あなたに味わってもらうのがこの「個人トレーナー・プログラム」の醍醐味というわけです。

実は、5月末から私のトレーナー・プログラムを受けられた方でトレーニング期間の3カ月を待たずして急に英語が聴き取れるようになり、英会話もスムーズに進めることが出来るようになったという、いわゆる「ブレイクスルー」体験をされた方がいらっしゃいます。

以前もコメントをご紹介したことがある神奈川県の林さん(女性)ですが、5月末のプログラム開始時にはオンラインの英会話でまったく話せず、ボロボロの状態(いわゆる撃沈…^^;)でしたが、6月、7月と私のコーチングを受け、8月中旬(つい先々週のことです)ついに「英語の最初の壁」突破(ブレイクスルー)を体験されました。

以下、プログラム期間中に林さんからお送り頂いたコメントをそのまま記載しますので、じっくり読んでみて下さい。今英語を早く話せるようになりたいと一所懸命頑張っている方にはとても良い刺激になると思います。

■ 5月末にトレーナー・プログラムを開始された時に頂いたコメント:

「こんにちは、林です。勉強をはじめましたが、やはり時間が足りないですね~でも、楽しいです!オンライン英会話、はじめました。今日で2回目ですが、いやーーー全然だめですね。。。。。既にややへこんでいますが、すぐに勉強の効果を確認できるので良いですね、なるべく毎日一コマ受けて復習もかかさないようにしようと思っています。とはいえ、初日はズタボロでしたが、今日は途中かなりピンチの場面がありましたが、話す時間はそこそことれました。がんばります!では週末に報告をいたしますね。よろしくお願いいたします。」

その後、林さんは6月、7月としっかりとコーチング内容を実践されました。主に私が提案した内容は以下の通りです:

1.自分専用ラインの作成、音読、暗記

2.実際の英会話(オンライン英会話)でのライン活用練習

3.ラインマスター毎日英語塾の実践

4.海外ドラマを使ったリスニング・トレーニングとライン抽出

5.オンライン英会話の内容録音と徹底した復習

林さんの素晴らしい点は、言われたことをすぐに実行に移すこと。そして、どんなに忙しくても、大変でも、不平不満を一切言わず、楽しみながら常に前向きに勉強・トレーニングを続けられたことです。とても素直で、真面目な方なんですね^^

その結果、3カ月を待たずに以下のメールを頂きました。8月13日~の進捗報告内のコメント(つい先々週の話です)をそのまま記載します:

8月13日(月)

「今週は、やけに聞き取れ、やけに話せるという状態が訪れましたよ!!キター!セサミストリートが相当に聞き取れるようになりました!昔、テレビで見て、ほとんど何も聞き取れず、子供向けの英語も聞き取れないのかとびっくり&あきらめの気持ちになったものですが、今聞くと、ちゃんと言葉になっています。感動!って、やっと子供番組がわかるようになったレベルか、、、というのもありますが。でもできなかったことができるようになったので自分としては嬉しいのです。」

8月14日(火)

「わかるようになったものだから調子に乗って(?)、セサミストリートを色々見ています。聞き取りにくいケースもありますが、大体はわかります。特に、単語(名詞・動詞・形容詞)を説明してくれるコーナーが勉強になるし聞き取りやすいですね。エルモのしゃべり方がとっても可愛い!!」

8月15日(水)

「ひさびさに、オンライン英会話を受講しました。えーーー!?なんかやけに聞き取れるし、やけに話せました。しかもそこそこ盛り上がりました。。。。ってブレークスルーですかね、ついに!しかも今日は、講師のカメラが不具合のため音声だけだったのに! 」

8月16日(木)

「昨日、調子がよかったので、本日もオンライン英会話受講。はじめての先生。話すスピードが速めだったので聞き取れない部分もありましたが、シーンとして会話がとぎれるほどではなく。昨日同様、自然な世間話に近い雰囲気で話すことができました!!!^^とても嬉しいです。」

…いかがでしょうか?

林さんは元々「語学の天才」であったわけでもなく、ただ私のコーチングを受けられて、言われた通りに勉強・トレーニングを続けられました。たったそれだけのことで、3カ月もかからずに英語のブレイクスルーを体験されたのです。

林さんは特別な人ではありません。ただ、一つだけ他の多くの人と違う所があったと言えば、3か月前に私が個人トレーナー・プログラムを募集した時に何の躊躇なく、素直に私からの提案を聞き入れ、このプログラムに参加されたことです

*個人トレーナー・プログラムは不定期募集となります。次回募集はメルマガ等でお知らせしますが、次回募集時期は未定です。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/30)タレコミ情報 ■

今日は木曜日でしたのでリーディングのトレーニングを行いました。明日はライティング講座をお送りします。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

3カ月くらい、死にもの狂いで英語と格闘してみませんか?

突然ですが、これまでにあなたは何か「死にもの狂い」で挑戦したことがありますか?

自転車に乗れるように練習したこと…

鉄棒で逆上がりが出来るように練習したこと…

高校や大学の志望校に入るために受験勉強したこと…

人生においては、まぁ色々な挑戦があります。そんな中で「英語の習得」というのも、また一つの大きなチャレンジ、挑戦と言えますね。

いつも思うのですが、人間がその気になれば…つまり「死ぬ気になって」頑張れば、大抵のことは達成出来ます。

逆に言えば、

もしあなたに達成出来ていない何かがあるならば、それはあなたが「死ぬ気になって」挑戦していないから…とも言えるかも知れません。

英語が聴き取れない、聴き取れない…と言いながら、1日30分のリスニング・トレーニングも行っていないのであれば、それは無理です^^;

英語が話せない、話せない…と言いながら、実際にラインを作ったり、英会話の機会を設けたりしていないのであれば、それは無理です^^;

どれぐらい勉強すれば英語ペラペラになれますか?とよく訊かれますが、本当に死にもの狂いで英語と接すれば、3カ月もかからずに英語なんて話せるようになります。実際、私もそうでしたし、そういう人がたくさんいるのです。

では、何が「いけない」のか?一体、何が「違う」のか?

それは、とても簡単なことで、要するにあなたが本気になっているか、なっていないか、たったそれだけの違いというわけです。死にもの狂いになっているか、なっていないかということです。

これは何も英語だけに限ったことではありません。スポーツだってそう。会社の仕事だってそう。もちろん学校の試験だってそうです。人が死ぬ気になれば、たいていのことは達成出来るんです。ただ、やらないだけ。

ただ、やらないだけ」というもったいない人が本当に多いです。もう、今すぐやれば、すぐに英語なんて話せるようになるというのに、いつまで経っても同じ場所で足踏みをしている…。

このメルマガを読んで「ほほう、なるほど。でも、まだ開始する時機ではない…」と自分に言い聞かせて、やはり足踏みを継続する。これは本当にもったいないです^^

そこであなたに【提案】があります。

3カ月くらい、死にもの狂いで英語と格闘してみませんか?

もちろん、「一人で」ではありません。

私と「一緒に」です^^

実際、一人で格闘…となると、死にもの狂いになりたくてもなれないケースが多いです。なぜなら、自分に甘えてしまうから。ちょっとした辛いことがあると、誘惑に負けてしまうからです。

しかし、私と「一緒」なら、そんなことはありません。

まず、やる気が出ます^^ 一人だけで続ける独学とは違い、常に私との直接のやり取りがありますので、とにかく心強く勉強・トレーニングを継続することが出来るようになります。

その結果どうなるでしょうか?

当然ながら英語力は確実に身につきます。それはもう、ウソでしょ!?と感じる程、しっかりと、確実に身につき、それを実感することが出来るようになります。

実は、そんな夢のトレーナー(コーチング)プログラムがあります。リクエストにお応えして、本日から3日間のみ、10名限定で参加希望者を募集します(既に2名待たれていたので残り8名だけとなります。ご了承下さい)。

本気でラインマスター、渡邊式の英語習得法を実践されたい方、年内にペラペラになりたい方、自在に聴き取れるようになりたい方、TOEICのスコアアップが必要な方、今すぐにお申込み下さい。

*個人トレーナー・プログラムは不定期募集となります。次回募集はメルマガ等でお知らせしますが、次回募集時期は未定です。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(8/29)タレコミ情報 ■

今日は水曜日でしたのでTOEIC®テスト対策をお送りしました。明日はリーディングですので、生の英文を読んでみたいと思っています。

あなたも今すぐ参加しませんか?安いし、楽しいし、何と言っても英語力が本当に身に付くと評判です^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このページの先頭へ