日本人はもっと自分たちの英語力に自信を持って良いと思うんです

昔、アメリカで英語学校に通っていた頃の話です。

英語学校というのは、アメリカの大学に入学する前に一定の英語力が要求されるために、非英語圏からの留学生が集中的な英語のトレーニングを受けるために通う施設のことで、留学生を受け入れる規模の大学であればたいていどこでも併設されています。

このような英語学校には南米、中東、アジア等々の地域からたくさんの留学生(予備軍)が集まります。もちろん、日本人が一番多いです(今はどうなのかな?)。

で、他の国からの留学生というのは、既に立派に英語でコミュニケーションが出来る学生ばかりなんですね。もう普通に、先生や他の国からの留学生と英語でペラペラ楽しそうに話しているんです。

だから、最初にそれを見た時、なぜこいつらは英語学校に通う必要があるのか?と疑問に思ったものです。「もう立派に英語を話せるじゃないか…なぜ余計な学費を払って(英語学校の学費は結構バカになりません)英語の勉強をしているんだろう?」と不思議に思ったのです。

しかし、グラマー(英文法)やライティング(書き)のクラスになると、その理由がよくわかりました。実は、彼らの多くは英語を話すことは出来ますが、文法をまったく知らないのです。リーディングも苦手な学生が多かったです。

一般に、日本人は高校受験や大学受験などで英文法を一通り勉強していますので、実はそれなりの文法力はあるんですね。だから、英語学校のクラス分けテストなどでも、ペーパー試験には慣れている日本人が割とレベルの高いクラスに振り分けられてしまい、後で苦しい思いをすることが多いのです。

ここからわかることは、日本人はもう少し自分たちの英語力に自信をもった方がいいということです。ハッキリ言って、文法力も語彙力も、日常英会話のレベルで言えば十分過ぎるレベルに達している人が大半なんです。

しかし、それでも日本人は「英語が話せない」と言い張ります。よくアメリカ人が日本人に Do you speak English? と尋ねて、 No! I can’t speak English! としっかりした英語で返答するのが滑稽で、それを冗談として語られることが多いのですが、まさにそういうことですね^^

想像してみて下さい。金髪で目の青い「いかにもガイジン」といった風体のアメリカ人に「日本語話せますか?」と聞いたら「いいえ、私は日本語を話せません」とキッパリと答えられたら「アンタ、今立派な日本語を話したじゃん!?」と思いますよね^^

そういうことなのです。

だから、もう少し日本人は自信を持った方が良いです。そして、自信を持っている人(英語で self-assured と言いますが)は概して英語が上手です。出来ない、出来ない、無理、無理ィ~!と言っている人はいつまでたっても英語が下手です。

この辺りは少し図々しいくらい、自信過剰でいくとちょうど良いんです。少しでも英語を話せたら Yes, I do speak English! と言ってやりましょう。どんどん積極的に!ガンガン前進!間違ってもいいから、とにかく話す!いいから話す!

それが英会話上達の秘訣です。

 

■ ラインマスター毎日英語塾(4/24)タレコミ情報 ■

今日は火曜日でしたのでリスニング・トレーニングを実践しました。来週ゴールデンウィークということで「こいのぼり」に関する英語音声を聴いてみました^^

「ちょっとやってみようかな…」と感じた時が「始め時」です^^ 今夜中にお申込み頂けたら明日より最新講座お届けしますので、今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

自分の趣味との関連付けで英語の習得速度は加速度的にUPします

最近、痛切に感じていることがあります。それは…楽しく、ウキウキした気分で英語を勉強している人」は例外なく短期間で英語を話せるようになってしまっているということです

もちろん、「楽しく、ウキウキした気分で英語を勉強している人」であっても、勉強している上でわからないことがあったり、リスニング力やTOEICのスコアの伸び悩みがあったりと、それなりの苦節を経てはいるのですが、概して短期間でサラッと英語力を身につけてしまっています。

これは、私がいつも言っている「苦労を苦労とも思わない」効果によるところが大きいと考えられますが、何よりも重要なのは英語の勉強を心から楽しんでいるところです

しかし私自身もそうでしたが、英語が嫌いな人や苦手な人にとって「英語の勉強を心から楽しむ」なんてことはまず考えられない話です^^; もうイヤでイヤで仕方がないんですからね。

で、そんな人にお薦めなのが、今日のタイトルにもある「自分の趣味との関連付け」という一工夫です。当然、英語が嫌いな人は英語の勉強を心から楽しむなんことは絶対に不可能ですから、英語の勉強自体を楽しむことは最初から考えなくてOKです。

そうではなく、自分が「楽しいと感じること」や「楽しい気分にさせてくれるもの」と英語の勉強を関連付けるのです。この際、「英語の勉強」とさえ思わなくて良いでしょう。

例えば、あなたの趣味は何ですか?

三度の飯よりも好きなことって何でしょう?

音楽が好きなら、好きな音楽の情報を英語で調べてみましょう。映画鑑賞が好きなら話は早いですね^^ 洋画や海外ドラマを「英語の勉強」と思わずに単に楽しんで観れば良いのです。

そして、そのプロセスにおいて少しだけ英語の習得を意識してみて下さい。役者のセリフがカッコ良かったら、メモしておき後で調べたり、積極的に英会話で使ってみたりすると良いのです。

ゴルフが趣味ならゴルフの上達法を英語で調べてみるのも一案です。マンガやアニメなどは外国の方が盛り上がっているくらいですから、海外のコミュニティに参加してみましょう。日本人というだけで大歓迎されますよ^^

また、英語を話していて気分が良かったことがあれば、なるべくそのような「成功体験」と英語の勉強を関連付けて意図的に自分の気持ち・感情を盛り上げる工夫も大切です。

何となく英語の勉強がイヤだなとか、乗り気じゃない…と感じることがあれば、今まで英語にまつわる体験良かったことや楽しかったことを思い出してみて下さい。

そのような「楽しい・ウキウキ気分」と英語の勉強を関連付けることが出来れば、思いのほか習得が加速するものです。ぜひ参考にして下さい^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(4/23)タレコミ情報 ■

今日は月曜日でしたので英文法の解説として、前置詞の勉強をしました。明日は大人気のリスニング・トレーニングを受講生全員でやってみたいと思っています^^

「ちょっとやってみようかな…」と感じた時が「始め時」です^^ 今夜中にお申込み頂けたら明日より最新講座をお届けしますので、今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

英語の習得はまさに階段を上る要領でいくとうまくいきます

英語の勉強が長続きしなかったり、途中で挫折してしまう人が多いわけですが、そんな中でもコツコツと学習を継続出来る人がいます。

そんな人がどんな勉強の方法を実践しているのかと言うと、特にスゴイことをしているわけではないんですね。しかし、たった一つだけ違い(コツ)があるんです。

それは、まるで「階段」を上がるように英語を勉強しているということ。順番に、適切なプロセスを経て、慌てずに英語を勉強しているということなんです。

多くの英語学習者はいきなり難しいことに挑戦したがります。例えばいきなり難解な英文法を勉強しようとしたり、ネイティブも知らないような難しい単語を覚えようとしたりします。いきなり難しい早口の英語を聴き取ろうとしたり、いきなり分厚い洋書を読破しようとしたりするんです。

確かに、英語の習得において「高い負荷」を脳にかけることは重要です。特にリスニングでは、集中的に大量の英文を聴くことで強制的に英語対応型の脳(の回路)を作ることが出来ます。

しかし、それも程度の問題ですので、今まったく英語がわからないという人は適切な階段(ステップ)を踏み、一歩ずつ確実に上がっていく必要があります

例えば、今まさに何らかの壁を感じている人は、ひとまず目の前の課題を細分化してみて下さい。つまり、階段を細かくするというわけです。一歩で上れない階段であれば、それをいくつかの小さな階段に分けることで一歩の高さを低くすることが出来ます。一段を三段くらいに分けてみるのです。

すると、壁に突き当たっていたのが嘘のように再び上へ上がれるようになります。ほとんどの場合、自分が当事者として壁に突き当たっている時には、自分自身にはどうすれば良いのかわかりません。

無我夢中で階段(壁)をよじ登ろうとしてしまうのですね。中には何段か抜かしながら、大きな歩幅でガンガン階段を上がっていく英語学習者もいますが、そういう人は必ずといっていい程、高い壁にぶつかる時がきます。「これぐらいの壁なら超えられるんじゃないか?」という気がしてしまうのです。

しかし重要なのは、やはり適切な階段を一つ一つ踏みしめて上るということです。この場合、大きな壁に当たっても、それをさらに細分化して上ろうというスタンスで進めますから、多少の時間はかかるかも知れませんが、確実に学習を継続出来るというわけです。

もしあなたが今、英語の学習で壁に突き当たっているのであれば目の前の壁を何段かの細かい階段に分けられないか、考えてみて下さい^^ 必ず道が開けるはずです^^

 

■ ラインマスター毎日英語塾(4/20)タレコミ情報 ■

今日は金曜日でしたのでライティングのトレーニングしました。アメリカのESLでも実践するJumbled Sentence Exercise をやってみました。明日は週末ですので、少し勉強から離れて楽しい話題をお届けする予定です^^

こうしている間にも受講生はどんどん先に進んでいます。あなたも是非この機会に仲間になりませんか?今夜中にお申込み頂ければ、明日からメール講座をお送りできますので^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このページの先頭へ