「話せるよ!」「聴き取れるよ!」と言う人の方が…

日本人って、とても「謙虚」な人が多いですよね。控えめというか、何事も謙遜して「私なんかダメです…」と言う人が多い。

あまり「私は出来ますよ!」「そんなの簡単ですよ!」と積極的に言う人は少ないです。そういう人は、図々しく、または厚かましく感じるからでしょう^^;

例え、かなり自信があることについても、人から出来ますか?と聞かれて「出来ます!」と堂々と言う人は少なく、たいていの人は謙遜して「いや全然ダメですよ」なんて言うのです。

まぁ、それは日本人の美徳というか、価値観のようなものですからいいのですが、英語の習得においては、あまり謙遜し過ぎるのは「考えもの」です。

なぜなら「私なんか話せません」と言っている人がいつまでも英語なんて話せるようになるわけないからです。「私は全然聴き取れません」と言っている人が英語を聴き取れるようになるわけないからです。

これも精神論のような話ですが、実際「私は英語を話せますよ」と先に宣言してしまう人の方が、確実に話せるようになります。先に「英語を聴き取れます」と言ってしまった人の方が実際に聴き取れるようになるのです。

いわゆる「言霊」というやつですね。口に出したことは「真実」になるからです。そんなことを言うと、また非科学的なことを…と思われる方がいらっしゃるかも知れませんが^^;

しかし、先に口に出してしまうことは、意外と効果があるんですよ。「私は英語を話すことが出来る!」「聴き取れる!」と先に口に出すと、不思議と自信が出てきます。そして、それを常に口癖にしていると、本当に自分は英語を話せるんだという気がしてくるのです。

こうなったらしめたもので、「私には出来る!」「勉強すればもっと話せるようになる!」「トレーニングを続ければもっと聴き取れるようになる!」という前向きな気持ちがどんどんプラスに向かっていきます。いわゆるプラス思考の相乗効果ですね。

一方、「私は英語なんて話せない」「聴き取れません」と言っている人は、いつまで経ってもそのレベルから上にあがれません。自分で「話せない」「聴き取れない」と言っているのですから、当然と言えば当然です。

中には謙遜ではなく本当に「無理だ」「出来るわけない」と自分に何度も言い聞かせている「丁寧な人」がいます^^; こういうタイプの人は難しいですよ。何と言っても自分で「無理だ~」「ダメだ~」と言い続けているのですから。そういう人が英語を話せるようになることは、まず無理と考えて下さい。残念ですが。

まずは「話せる」「聴き取れる」と言い切ってしまうこと。英語の世界では「謙遜」は百害あって一利なしです。特に日本人であれば、図々しいほど前向きに「私は話せるよ」「聴き取れるよ」と周囲に言いふらすぐらいでちょうど良いのです^^

ぜひ、参考にして下さい!

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/29)タレコミ情報 ■
 

今日は水曜日ということで、TOEIC(R)のレベル別攻略についてお話しました。明日はリーディングですのでまた面白いトピックを受講生の皆さんと一緒に読んでみようと思っています。

今夜中にお申込み頂ければ、明日からあなたも参加が可能です。この機会にぜひ一緒に勉強してみませんか?とーっても楽しいですよ!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

「ラインって一体何ですか?」というご質問にお答えします

最近、私が「ナントカの一つ覚え(!)」のように言っている『ライン』という言葉がありますが、一体それは何なのか?というご質問をよく頂きます。

ラインとは、英語の line のことで、辞書をひくと「線」とあります。電車も the Tokaido line とか言いますよね。「東海道線」の「線」のことです。

で、私が言っている「ライン」も「線」という意味はあるのですが、この場合は少し特殊で、映画とか劇(芝居)などの役者が口にする「セリフ」のことを意味します。台本に書かれている「セリフ」が線のように見えるためライン (line) と呼ばれているんですね。

ここで、なぜ英語の習得と、台本のセリフに関係があるのか?と思われた人も多いかと思います。しかし、実は…関係大アリなんです^^

例えば、英会話におけるスピーキング(話し)の場合、多くの日本人は、英単語を文法に基づいて組み合わせ、その場その場で、頭の中で一所懸命に「英作文」をして、何とか口に出すものだと考えているのですが、実際に英語を話せる人というのは、そんな大変なことは一切せず、あらかじめ覚えている自分専用のライン(セリフ)をそのまま「丸ごと」口に出して会話を行います

このアプローチですと、頭の中でエート、エート…と考えて英作文する時間が必要なくなりますので、リアルタイムでスムーズに会話を進めることが出来ます。実は、英会話というのは「テンポ」「リズム」がとても重要なので、この時間短縮は英会話を成立させる上でとても有効なのです。

また、発音の面でも、あらかじめ「ライン」単位で英文を覚えているわけですから、単語ごとに区切った不自然な発音ではなく、まるでネイティブが話すような自然な発音で英語を話すことが出来るようになります

更にリスニング(聴き取り)においても「ライン」は大きな威力を発揮します。なぜなら、私たちが英語を聴き取る際に最も重要なことは、一つ一つの単語を聴き取ることではなく、より大きなまとまり(ライン単位)で英語を理解することだからです。

日本人で英語をペラペラと話せる人、またはスンナリと英語を聴き取れる人というのは、意識している・していないに関わらずほとんどの人が、この「ライン」による英語習得を実践しています(本人は「ライン」とは意識していないかも知れませんが、結局同じことを実践していることが多いです)。

ハッキリ言ってしまえば、この「ライン」による英語習得を実践するだけで、どんなに英語が苦手な日本人であっても英語を話したり聴き取ったりすることが出来るようになります。

もちろん英会話だけでなく、リーディングやライティングといった「書き言葉」のスキルをはじめ、英文法、ボキャビル、英検・TOEIC対策といった部分までを含めて、総合的な英語力の爆発的な向上を期待出来るのが「ライン」による英語習得というわけです。

もしあなたが「ライン」による英語習得に興味を持たれたら、ぜひ「ラインマスター毎日英語塾」を試してみて下さい。月額2980円という低料金で、毎日ガツンと手応えを感じる英語力を身に付けることが可能ですので、心よりお勧めします。

現在、渡邊と共に500人以上の受講生が英語の勉強継続中です^^

http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/28)タレコミ情報 ■
 
今日は火曜日でしたので、リスニングの日ということでアメリカのESLの音声を聴いてみました。特に日本人が苦手とする th の発音に関する解説動画でしたので、リスニングだけでなくスピーキングの向上にも役立つはずです^^ 明日はTOEICの対策と解説をお送りします。

今夜中にお申込み頂ければ、明日からあなたも参加が可能です。この機会にぜひ一緒に勉強してみませんか?とーっても楽しいですよ!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

あなたに越えられない「壁」は決してやってこないのです

今日のタイトルはあまり英語のお話っぽくないですね^^; でも、とーってもいい話ですので読んで下さい^^

人間、生きていると色々と大変なことが起きます。それは受験であったり、就職であったり、結婚であったり、転職であったり、病気であったり、離婚であったり、身近な人の死であったり、それらに付随するさまざまな「問題」「困難」ですね。

人によっては、それを「壁」と表現したり、「不運」や「不幸」と言う場合もあります。これらの「問題」は、人間が生きていれば必ず付き物ですから誰々には有って、誰々には無いというものではありません。

人間が生きていれば、すべての人に平等に、これらの「壁」は立ちはだかります。その「壁」の内容は人それぞれです。言ってみれば、その人に「専用の壁」が立ちはだかるのです。

で、一見これらの「問題」や「壁」というのは解決不可能に思えることがあります。例えば、英語が苦手だというのに、会社からTOEICで何百点以上を取れと言われた…とか、いくら勉強を続けても一向に英語を聴き取れるようにならないとか、まぁ本人にしてみれば「解決不可能」に感じる壁立ちはだかります。

結果、多くの人は「無理!」と判断して、そこでやめてしまうわけです。だから、日本人のほとんどが英語を身に付けることが出来ません。身に付ける前に諦めてしまうからです。結果を出す前に諦めてしまうから、達成出来ないのです。

しかし、これは英語だけに限らないのですが、人間にふりかかる「問題」すなわち「困難」や「壁」というのは一見「解決不可能」なように感じられますが、実際にはその当人が「もう少し努力を続けること」で解決できる「ちょうど良いレベルの負荷」の困難・問題なんですよ

ちょっと宗教じみた話に聞こえるかも知れませんが^^; これまでのあなたの人生を振り返ってみて下さい。これまでにあなたが越えられなかった困難・問題は一つでもありますか?

もちろん、中には「今まさに困難・問題の真っ只中だよ!」と言われる方もいらっしゃるでしょう。しかし、それはあなたが諦めない限り、必ず克服できる困難・問題なのです。

それぐらい、あなたにちょうど良い、等身大か、それより少しだけ難しい問題や壁が立ちはだかるだけです。

でも、ここで他人のことを引き合いに出して考えてはいけません。

「でもあの人はあんなひどい目に遭っている…」
「でもあの人は今まで苦労なんかしたことない…」

先にも言いましたが、困難や問題、壁というのは、その人専用のものです。つまり、他の人の困難や苦労というものは、当人以外には決して理解出来ないものなのです

その人にとっては大したことがない苦労も、他人にとってはものすごい苦労、負担になる問題や困難かも知れません。もしかすると、あなたの前に立ちはだかっている壁は、他人から見ればまったく軽い問題に感じられるかも知れません。

つまり、他人の苦労や困難は、決して自分には理解出来ないものなんです。なぜなら、そのような壁や問題というのはその当人たちにとって、ちょうど良く作られた「専用の」いわば「特注」の壁、問題だからです。

そうやって、一つ一つの壁を超えていくこと。決して乗り越えられない壁ではなく(しかし、それなりの挑戦は必要ですが)、目の前にあることを一つ一つ解決していくこと。そして決して諦めないこと。

それが、私たち人間の生きる目的なのではないでしょうか。

なぜ、そんな修行をしなければいけないのか?それは私にもわかりません。

しかし、それぞれの人の前に立ちはだかる壁を前に、決して諦めずに、常に前向きに、ポジティブに頑張り続けた人たちが、次々に結果を出されるのを目の当たりにすると、やはりそういうことなのではないかと確信するのです^^

今日は英語とまったく関係ない話でしたが、たまにはこんな話もいいでしょう?^^

それでは今週も一週間、頑張りましょう!

http://www.loftypub.com/linemastermej/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(2/27)タレコミ情報 ■
 

今日は月曜日ということで、英文法の解説として「推測や可能性」を表す副詞や助動詞について詳しく勉強しました。明日はリスニングですので、また楽しい英語音声を受講生全員で聴いてみたいと思っています^^

今夜中にお申込み頂ければ、明日からあなたにもお届け出来ますので、ぜひ一緒に勉強してみませんか?

とーっても楽しいですよ!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このページの先頭へ