意識して発音することが大切なのです

英語の発音で悩まれている方は多いです。

色々な発音の教本を読んでみたり、発音矯正講座とかを受けてみたりするのですが、イマイチ発音が上達しない。挙句の果てには周波数とか、腹式呼吸だとか、喉を鳴らすとか(猫?)、まぁ色々な難しい話に首を突っ込むようになり…それでもサッパリ上達しない。

実は私は英語の「発音」というものを正式に学んだことがありません。発音記号がどうとか、舌を丸くして上の歯につけて…とか、そういうのを聞いても、まったくピンとこないのです^^;

しかし、それでも英語を話すことは出来ますし、当然相手に意思を伝達することは出来ますし、アメリカにいた頃は旅行中の日本人にネイティブと間違えられて、恥ずかしいので最後まで日系アメリカ人のふりをしていたこともあります。

で、なぜ私のように発音を正式に勉強したことがない人間が「英語らしい発音」を再現するスキルを身につけることが出来て、同じ日本人でも難しい発音の理論とか、正式な発声法なんかを高いお金を出して学んでもベタベタな日本人の英語発音しか口に出来ないのでしょうか。

一つ重要なことをお伝えしますと…

英語の発音においては「意識すること」が非常に大切です。「意識すること」というのは、「意識して英語らしく発音する(ようにする)」ということです。

多くの日本人は、英語らしく発音することに意識を向けていません。なぜなら、中学・高校・大学と、そういう教育を受けてこなかったからです。ペーパーテストの点数さえ取れれば、発音が悪かろうと英語の授業では問題がなかったからです(そもそも英語教師の発音自体が…)。

だから、ほとんどの日本人が英語を話す時に「より英語らしく発音してみよう」と意識しません。発音よりも難しい単語を使うことや、ちょっと凝った英文法を使って話す方が「ネイティブらしい」と勘違いしているんです。

で、これが実は元凶と言えるわけ。実は、日本人が英語を「それらしく発音する」には、ちょっとしたコツが必要です。そのコツの一つが「意識する」ということ。

例えば、テレビで関根麻里さんが流暢な英語を話していますよね。普通に日本語で話しながら、その合間に入った英語を完璧な発音で口にする。実はあれって結構難しいんですよ。

英語ならずーっと英語を話しているだけであれば、何も意識せずに済みますが、日本語を話していて、突然その中に英語があって、それを英語らしく発音するには、かなり「意識しなければ」うまく発音することが出来ないのです。

それは、どんなに英語が堪能な人でも「意識しなければ」日本語と英語の発音を切り替えるのって難しいんです。だから、英語の時は意識して「英語らしく」発音しようとし、日本語の時は日本語の発音に戻す…。

完璧なバイリンガルであっても、プロの通訳者であってもそれぐらい意識しているのですから、まだ英語がうまく話せないレベルの人であれば、それ以上に「意識しなければ」上手な発音にならないのは当然ですよね^^


【編集後記】マクドナルドのアイスコーヒーが好き

coffee

ハンバーガーはたまにしか食べないけど、アイスコーヒーはほぼ毎日飲んでるかも…

2011年7月28日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英語の発音

へたうまイングリッシュのすゝめ

以前、横浜で港湾関係の通訳をしたことがあります。

世の中には様々な職業があって、それぞれの職業には独特な専門性があるわけですが、この「港湾関係」という仕事も本当に独特な、ある意味「特殊な」世界と言えます。

まず、港湾関係者にはバイリンガルが多いです。バイリンガルどころか、中には中国語や韓国語、スペイン語、フランス語やらポルトガル語等々のマルチリンガルもゴロゴロしています。

で、バイリンガルとかマルチリンガルとか聞くと、何だかキレイな通訳のお姉さんがたくさんいるような気がしますが、現実はそんなイイもんではなく(港湾関係者の方、失礼!)、いかつい「ドヤ顔」をした屈強な体のオッサンばかり…^^;

しかしすごいのは、そんな「英語」とは一見無縁そうな男たちが、ベラベラと英語を話していること。それも外国人相手に堂々と、臆することなく何か国語も自由に扱っているのですから素晴らしいです。

確かに、その英語をよく聞いてみると、厳密な意味での「正しい英語」とは言えません。むしろ完全にブロークンイングリッシュですね。しかし、男たちはそれで問題なく意思を伝達し、コミュニケーションを成立させることが出来ているのです。

私は、コミュニケーションの基本はそこにあると思います。

勿論、よりネイティブに近い発音や、正しい文法を知ることは重要です。しかし、その前に、英語を話せるようになることというのは、まず「コミュニケーション」が出来るということが第一ですので、港湾関係者のブロークンイングリッシュはそういう意味でも称賛に価すると思います^^

で、このブロークンイングリッシュはまさに「へたうま」な感じがいいんですよね。「へたうま」っていうのは、漫画家で言えば、しりあがり寿さんとか蛭子さんとか、さくらももこさんとか、そんな感じのタッチ^^ 決して上手ではないんだけれど、味があるわけです。

そして、英語の場合はそれで十分通じるし、何と言ってもメンタル面が、まさに「バイリンガルの鑑」と言えます。このメンタル面は非常に大切なんですよ。何があっても動じない、どっしりとした態度、日本人であることの誇り・威厳、欧米人に決して迎合しないメンタリティというものが重要なのです。

正しい発音・厳密な英文法で話さないとダメ、少しでも間違えたら恥ずかしい…という強迫観念に捉われている臆病で神経質な日本人は、まず「へたうま」イングリッシュからマスターすることをお勧めします^^ 発音や文法の知識は後から、いくらでも身につけられますからね^^


【編集後記】ちょっと「へたうま」なヒマワリの写真^^

himawari

夕涼みの散歩途中、都民農園でひまわり発見。確かに「へた」な写真ですが、「うま」いかどうかは定かでありません^^;

2011年7月27日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:英会話上達

ネイティブはわざと間違えている

日本語の乱れがどうとか言われるようになって久しいですが、言葉の乱れというのは特に珍しいものでもなく、いつの時代でも年寄りは若者の言葉遣いを揶揄し、憂いていたのです^^

実は、私も言葉を扱う仕事をしている割には、言葉遣いがかなり奔放で(好んでそうしているのです)お怒り・ご指摘のメールを頂くことも少なくありません^^;

そんな私ですが、親しい友人と交わすメールの文章をあらためて読んでみると、さすがに「これはひどい」と少し反省…。

「~だと思いま!」「乙(お疲れ様の意)」「~じゃね?」等々、いわゆるネット言葉に毒されているのです^^;

では、英語圏ではどうなのか?言葉の乱れはあるのか?というと、勿論あります。というか、一般の英会話等では乱れた言葉を使う方が当たり前なんですね。これは日本語でも英語でも同じこと。

で、ここが重要なのですが、私たちが「正しい日本語」を知っているにも関わらず、親しい友人との会話やメールなどでは「わざと」間違った言い方や発音をするのは何故だと思いますか?

勿論、正しい言葉を使うのが面倒臭くて省略するということもあるでしょう。しかし、一般にはわざと砕けた表現を使うことで堅苦しさをなくすことが出来ます。親密感を表せるというわけです

昔はどうだったわかりませんが、現代の家庭で突然子供が「お父様(または父上)、私は幸せ者でございます」なんて話し始めたら、父親はひっくり返ってしまうでしょう。突然、親友が敬語を使って話し始めたら、何だか疎遠な(水臭い)感じがするはずです。

というわけで、日本人であっても英語圏のネイティブ・スピーカーであっても、親密な間柄での会話というものは非常に砕けた、粗削りなものとなります。それは、言葉を知らないからではなく、むしろ言葉を知っているから「わざと使い分けている」と言っても良いでしょう。

以前、アメリカ人と話していて、どうしても文法的に間違っている言い方があったので(それが何だったのか忘れたのですが)「その言い方、おかしくない?」と訊いたことがあります。すると彼は「そうだよ、これはスラングなんだ」と教えてくれました。

その時わかったのが、英語では「わざと間違える」ことでカッコ良さを表現することがあるということ。まぁ、カッコ良さだけでなく、それが主流ということですね。流行語を口にすると時代に遅れていない気がするわけです(ちなみに洋楽の歌詞でもワザと間違えて「カッコよさ」を出したり、語呂を合わせたりします)。

で、ネイティブどうしの英会話なんていうのは、もうそんなスラングやら流行り言葉やらで教科書通りの解釈なんか出来るものではありません。そんな会話に仲間入りするには、優等生がしているような「英語のお勉強」では歯が立たないのです

でも、まぁこれは日本語でも同じことですよね。英語がわからない、英会話が出来ない…と嘆いている方は一度ご自身の「日本語の会話」を客観的に分析してみると良いです。そこに英会話に関する重要な秘密がたくさん隠されているんですよ^^


【編集後記】虹を見たかい?

niji

ぼかぁ、C.C.R.(Creedence Clearwater Revival)の”Have You Ever Seen The Rain?”(雨をみたかい)の方が好きだ。

2011年7月26日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

このページの先頭へ