KISSしていますか?

英語の勉強系らしからぬタイトルではありますが…期待していた人はごめんなさい^^;

何を隠そう、KISSというのはKeep It Simple and Short.の略のことです(Keep It Simple, Stupid.というのもありますが同じことですね)。

昔、アメリカにいた頃「どうしてそんなに日本人の英語はわかりづらいのか?」とよく聞かれました。これはアメリカ人はもちろん、他の国々から来ている留学生にもよく言われましたね~。

私もそうでしたが、当の日本人はそんなにひどい発音とアクセントで話しているつもりはないんです。むしろ、中東系や南米系の訛りの方がひどいのではないかと感じるくらいなんですよ。

しかし、ネイティブスピーカーからすると、日本人の英語ほど聴き取りづらいものはないと言うんです。その理由として、

1.日本語のような発音の英語を話すから(いわゆる「カタカナ英語」)

2.オドオドしていて自信がなさそうで、しかも声が小さいから

3.説明がくどく、要点がわかりにくいから

という点があるようです。

確かに、なるほどなぁとは思いますが、1の発音に関しては仕方ないですよね。だって、私たちは日本人なんですから^^ 日本語の発音にはないものが英語にはあって、ただそれを発音することが難しいから、という単純な理由なんですよ。

2の「オドオド」についても、よく言われますよね。戦後66年、もうそろそろ欧米人に対する劣等感を克服しても良いのではないかと思いますが、いまだに日本人の多くは欧米人を目の前にするとオドオド、自信なさげになります。

英語がうまく話せないのであれば、せめて大きな声で相手を圧倒しましょう。いえ、別に喧嘩する必要はありませんが、下手な英語でも大きな声で、ハッキリと、堂々と話せば100倍通じるものです。

そして最後の3「説明がくどく、要点がわかりにくいから」…

実はこれに対する戒めの言葉がKISSなんです。Keep It Simple and Short.つまり、英語を話す時にはなるべくシンプルに短く話すという鉄則ですね。これ、本当に重要なんですよ。

なぜ日本人の英語が「説明がくどく、要点がわかりにくい」のかと言うと、結局英語の頻出フレーズを知らないから、なんですね。つまり、単語を組み合わせて、その場その場で英作文をして話そうとするから、どうしても冗長な、しかも不自然な英語になってしまうわけです。しかも、何回も言い直したり、説明し直したりするから、更にワケわからない英語になってしまう…。

英語が得意な日本人は、単語単位で話そうとしません。もう、フレーズ単位で話そうとします。すべてまとまった慣用表現で、あとはその組み合わせで話すわけです。だから無駄がなく、シンプルでわかりやすい英語になります。


【編集後記】ハイテク笛は楽しい

windsynth

この笛、ウィンドシンセと言いまして、ただの笛ではないのです。音源に接続することでサックスやフルート、さまざまな楽器の音をかなりリアルに出すことが出来ます。まだ上手く吹くことが出来ませんが…号泣

英語の習得が辛い、苦痛だ、もうやめたい…と思うのなら

英語の勉強を続けていても、どうしても長続きしないとか、毎日の勉強が苦痛でたまらないといったメールをよく頂きます。そんなメールを読むたびに、なぜそんなに辛い勉強を続けているのだろう?と、とても不思議な気持ちになるんです。

「なかなか単語を覚えられなくて本当に辛いです…」

「いくら英語を聞いても聞き取れず、厭になります…」

「言いたいことが言えないので英会話が苦痛です…」

確かに、言っていることはわかります。ずっと英語の勉強を続けていてもなかなか結果が出なければ、確かにイヤな気分になってしまいますよね^^ しかし、そんな「イヤな気分」「ネガティブな感情」に左右されていては、身につくものも身につかなくなってしまいます。

そもそも、あなたが英語の勉強を続けている本当の理由は何だったのでしょうか?なぜ、日本という「英語が話せなくても全く問題なく生活出来る国」で、わざわざ英語を話せるようになりたいと思ったのですか?

勿論、その理由は人によってさまざまでしょう。ある人は仕事のため、ある人は受験のため、ある人は自分の夢(目標)を達成するため…と、色々なモチベーションがあるわけです。

そして、それぞれの理由、モチベーションの裏には「英語を話せるようになると幸せになれる」という期待があったはずです。仕事でTOEICを受けて高いスコアを達成できれば、それだけで昇給、より良い評価、キャリアアップ、出世という図式が見えてきます。

他にも、英語を話せるようになって子供たちに英語を教えたい、海外の人たちと交流したい、人の助けになりたい、より良き人生を歩みたい、もっと自分を変えてみたい…等々、すべて「幸せ」を追及するために英語を身につけようと思われたのではないでしょうか。

しかし、現実はどうでしょう。

冒頭で書いた通り、単語を覚えるのが辛い、文法が難しい、勉強が面倒くさい、聴き取れない、言いたいことが言えない…と不満ばかり。ちっとも「幸せ」じゃないんです。いえ、もう「絶望的」と言った方が良いかも知れませんね。

ここが重要ですからハッキリと申し上げますが…

心から楽しみながら続けられないようでは、残念ながら英語を身につけることは難しいです。英語は「楽しみながら」「わくわくしながら」勉強出来ないと、絶対に身につかないんです。

だから、もし今あなたが少しでも「辛い」「いやだ」「モチベーション低下」という気持ちに圧倒されているのであれば…少し時間を取って、なぜ自分が英語の勉強を始めようと思ったのか、そもそもの理由について再確認することをお勧めします。

そして、少しでも「辛い」「いやだ」と感じたら、その時点で勉強を中断し、再び自分の本当の目標を思い出してみて下さい。あなたの本当の目標は「辛い英語の勉強を続けること」ではなく、「英語を身につけて、より良き人生を手に入れること」だったはずです(またはそれに準じる他の目標があったはずです)。


【編集後記】待望のオニオングラタンスープ

onigra

この前「シルシルミシルさんデー」でロイヤルホストのオニオングラタンスープを見てから、ずっと食べたくて^^、先日近くのロイホへ。うまいよ、コレ。

英語を話せない人だけが得をする

英語を話せる人がペラペラ英語を話していても、それは当たり前過ぎて、取り立てて「すごい」「かっこいい」「ステキ」とも思いませんよね。

しかし、英語を話せない人が突然英語を話し始めたら…それこそインパクト「大」なのです^^

それは、およそ英語と無縁と思えるような人であればある程、周囲に与える衝撃は大きいです。私の場合、霊能力者のギボさんという方が英語を話しているのを見て、ものすごいショックを受けたことがあります。

(全然違う話ですが、昔「恐山のイタコ」がマリリン・モンローの霊を呼んで「ハイ、アタスがマリリン・モンローです」と津軽弁で喋り出したという笑い話がありましたが、突然イタコが流暢な英語を話し始めたら、それはそれでカッコいいかも^^)

で、この「まさかこの人は英語を話せないだろう」と周囲から思われている人ほど、ふとした瞬間にぺラッと英語を口に出すと、色々な面で得をすることが多いのです。イメージのギャップが大きいからですね。

例えば会社などで…たらい回しにされている英文メールとか、外国人からの電話とか、そういうものをサラッと受けて対応出来ると、周囲からの評価が高まります。もちろん、その後「英語担当者」という位置づけにされてしまう可能性もありますが^^;

他にも、彼女や奥さんと一緒に海外へ出かけて、それまで話せる素振りは一切見せなかったのに、突然ペラペラと話せるところを見せたら…一気に株を上げることでしょう。「ステキ~!」なんて思われてしまいます。

女性でも英語を話せる人は魅力的ですよね。仕事でもプライベートでも、何でもうまくこなしているような、洗練された、スマートな印象があるわけです。すてきな女性だなと思われるわけです。

しかしこういうのは、通訳者のように「英語が話せて当たり前」と思われている人は、取り立てて「すごい!」という評価はもらえません。然るべき人が然るべきことをしているだけに過ぎないからです。ザンネン↓

そういう意味でも、今「英語と無縁」と周囲に思われている人は、絶対に英語力を身につけた方がいいです。それも周囲には内緒で、ひっそり、こっそり勉強するんです^^

そして、数か月後、ここぞ!という場面でペラリとやる。

あなたに対する評価は必ず上がりますよ~^^ 出世したい人、結婚したい人、より良き人生を手に入れたい人!今すぐ英語力・英会話力を身につけて下さい^^


【編集後記】非常ベルが鳴り響き、消防車が何台も来ています…

fire

何だか外が騒がしいと思っていたら非常ベルが鳴り響き、消防車が何台も。煙は見えないので、何でもなければ良いのですが…。ちなみに消防車のことを英語でfire engineといいます。

このページの先頭へ