重要な話!能動的なリスニングの方法とは?

今日はリスニング特集の続き。

能動的なリスニングの方法と実践のお話です^^ 日本人で英語の聴き取りが苦手な人は英語を「聴き取る」ことが受動的になってしまっている人がとても多いです。

受動的・能動的なんてちょっと難しい言葉ですからもう少し簡単に説明しますと…

英語を聴く時に、とにかく相手の言っていることや英会話教材の音声CDなんかをただ単に受け身的に聴き取っているのを「受動的」なリスニングと言います。

つまり、こっちはただ黙って聴いているだけで、こちらから何かをしようとは思わないわけですね。ただ「聴いているだけで…」「聴いてさえいれば…」内容が理解できると思い込んでいるのです。

しかし、実を言うと母国語である日本語であればそういう「ダラっとした」聴き方でも理解できるかも知れませんが、英語という私たちにとっては理解しづらい言葉を受け身のまま聴いていてもなかなか理解出来ないものです。

ではどうすれば良いのか?

そこで出てくるのが「能動的なリスニング」です。能動的なリスニングというのは、すなわち「ただ黙って聴いている」のではなく、こちらから「理解しよう!」という姿勢で臨むリスニング法のことです。

そもそも英語のlisteningという語は「傾聴する」という意味があります。つまり、単にボヤっと聞いているのではなく「理解しよう」という意図のもと、能動的に耳を傾けて「聴き取る!」という意味があるのです。

耳を傾けて、しっかり内容を理解するために聴き取る!ということですね。そのために重要なことがいくつかあります。一つは、「想像力」をフルに働かせること。相手が言っていることの単語や表面的なことだけをただボーっと聞くだけではダメなんです。

聴き取れない人でも、所々で耳に残った語から話の内容を想像してみること。これが本当に重要ですね。そしてもう一つは「相手を自分に置き換えること」です。相手が何を話そうとしているのか。それを理解するためには、相手を自分に置き換えて自分ならこういうことを話すだろうと考えてみるのが一番です。

まぁ、これも一つの想像力とは言えますが、非常に大切なことです。それから「スピーキング力」も大事ですね。「リスニングなのになぜスピーキング力?」と思われる方も多いことでしょう。しかし、結局のところ英語を理解することというのは「自分が知っている英語の表現」と「相手が話している英語の表現」とを頭の中でマッチさせることなんです。

ということは、つまり…

自分の中の英語表現のボキャブラリーが多ければ多いほど有利になります。今日お話ししているこの話は今リスニングで悩んでいる人には本当にためになる話なんですよ^^

もし、あなたがこの話をもっと詳しく知りたいのであれば、ぜひ「とりコレ!裏ワザ~」教本の第3章(140ページ以降)を読んでみて下さい。「英語を聴き取ることってそういうことだったんだ!」と心がスッキリすることでしょう^^




矢印


矢印


矢印

2011年4月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

○○とリスニングの微妙な関係とは?

今日のお話は…「○○とリスニングの微妙な関係」について。

不思議なものですが、リスニング力、すなわち英語の聴き取り力というものは常に変化しています。昨日聴き取れたものが今日聴き取れない…または、昨日聴き取れなかったものが今日聴き取れた!なんてことが往々にしてあります。

これ、本当に不思議で実は私たちのようなプロの通訳者であっても実際にそういうことが起こるんです。

で、一番影響を受けやすいのが…ナント「体調」なんです。体調というのは、まぁ身体的な状態、調子のことですね。体調がいいときはタバコやビールがうまいとか(ちなみに私はタバコは吸いませんが)言うのと同じです。体調がいい時というのは実は英語も聴き取りやすくなります。

さらにもっと言うと、ちょっとお酒が入っていたりすると格段に聴き取れたり、または饒舌になったりします。

あ、だからと言ってTOEICや英検の試験の時に一杯やってから臨むというのはやめて下さいね^^; 話を元に戻しますが…

結局、英語を話す時というのは、特に日本人の場合はものすごいエネルギーを使うんです。それは、母国語である日本語を話す時のン百倍、ン千倍のエネルギーを費やすんですね。

だから、私なんかも通訳の現場に出れば、それこそ体中のエネルギーを根こそぎ抜かれてヘトヘトの抜け殻状態になることもあります。それだけ、母国語以外の言葉を聴いたり話したりするという行為は脳や体に大きな負担をかけるわけですね。

だから、もしリスニングがどうしても苦手とか何だか聴き取れない…という時には「聴く力」ばかりに目を向けるのではなく「体力」「体調」といった点にも気を使った方がいいです。

特に大事な英会話に臨む際には、エネルギーを充填してベストコンディションで臨むことが大切ですね^^ リスニングも「体が資本」なのです。




矢印


矢印


矢印

2011年4月21日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

英語・英会話マスタープログラム参加者募集のお知らせ

おはようございます、渡邊です!

気持ち良~い春の月曜の朝…ごきげんいかがですか^^ いれ立てのコーヒーの香りがとっても良くてそれだけで浮かれ気分になっています^^

さて、今日はすぐにお伝えしないといけないことがありますね^^

はい。

昨日、号外でお伝え致しました渡邊の新しい英語習得プログラム「英語・英会話マスタープログラム2011」がいよいよ募集開始です!!!

実は、昨日もご質問のメールを大量に頂き、

「ぜひ参加させて下さい!」

「まさに私が求めていたものです」

「ものすごく興味があります」

等々のメッセージをたくさん頂いています。もしかすると、もしかするかも知れません^^;渡邊の「英語習得体験」をそのまま再現し丸ごとあなたに体験してもらう、

今までに無い「実践的」英語習得プログラム。

今すぐお申込み下さい^^↓↓↓




矢印


矢印


矢印

このページの先頭へ