「英語っぽく」発音するコツとは?

「英語っぽく」発音するコツについて。

昨日の「右脳・左脳」の話に通じるものがありますが、英語の発音については、これは「音」ですから、まさに「右脳的」な力がとても重要となります。

昨日のおさらいとして「右脳=音や映像などを認識する脳」「左脳=言葉や論理的なものを認識する脳」という考え方があります。

まさに英語の「音」を捉えることや「音」を再現する力というのは右脳的な力に負うところが多いわけです。

だから、英語の発音を上達させるにはまず英語の「音」そのものを聞こえたままに口にするのが一番なわけですが、どういうわけか、日本人はそういうアプローチを嫌う傾向があります。

例えば単語などを覚える時に一緒に発音記号を覚えたりします。確かに英語の試験などで発音記号を覚えていなければ点を取ることが出来ないから仕方なく…というのもありますが^^;

実際の英会話においてはいちいち英語の発音記号を思い浮かべて発音する人など存在しません。では、英語の発音が上手な人はどのように発音しているのでしょうか?

実は、このヒントは子供が言葉を覚える過程を考えてみると簡単にわかります。子供(幼児)が日本語でも英語でも新しい言葉の「音」を耳にするとそれと同じ「音」を再現しようと「それっぽい音」を真似て発音します。

例えば、KitKatというチョコレートがありますが、日本では「キットカット」と発音しますが本来の発音は「キッカ」なんですね。大人は、KitKatという文字を読むから「キットカット」と発音してしまうのですが、幼児は文字を読むわけでもないのでネイティブが発音する「キッカ」という音だけを頼りに、聞こえたままに「キッカ」と発音するわけです。

で、これが本当の本当に【重要】で英語の発音が上手な人というのは、とにかく幼児のように「聞こえたまま」「それっぽく」発音しようと試みるのです。

それは、モノマネの声帯模写にも通じるところがありますね。出来る限り、音をそのまま再現しようとすることが大切なのです。

ここで一つ重要な要素として「恥ずかしがらない」ということも言えます。確かに、子供(幼児)はあまり恥ずかしがることがありません。

大人はどうしても周囲を気にしてしまいがちなので日本人である自分がこんな「大胆な(!)」発音をしても笑われないかしら?と要らぬ心配をしてしまうのです^^;

しかし、私としては英語を話そうとしているのにいつまで経っても日本人っぽい発音を続けていることの方がよほど「恥ずかしい」と思います。ぜひ、大胆に、カッコよく英語を口にしてみて下さい^^

本当に、そんなに難しい話ではないのですから。




矢印


矢印


矢印

「右脳・左脳論」と英会話上達の関係とは?

読者からご質問を頂きましたので、その回答を皆さんにシェアさせて頂きます^^

質問:「私は30年以上英語を教えているのですが、大人の人向けの会話のクラスが思うほど成果がでません。聞いたり話せたりの力がつきせん。偏に、私の力不足なのですが、質問があります。リスニングとスピーキングに関しては、左脳を使っての訓練には限界があるのではないでしょうか?」

まず、「左脳を使っての訓練」というものを簡単に解説させて頂きますと、俗に言う「右脳=感性的なものを司る脳」「左脳=言語的なものを司る脳」という考え方(説)があります。

つまり、人間の脳を左右に分けると右側の脳はイメージやデザインなど言葉で表せない音や映像を担い、左側の脳は言葉や論理的な思考を担う機能があるという話です。いわゆる「右脳・左脳論」というものですがこれには未知の部分が多いので、断定的な話は出来ないのですが、ご質問者の言われる「左脳を使った訓練」というものを、ここでは一般的な意味で「言語的・論理的」なトレーニングと理解したいと思います。

確かに、巷では「右脳トレーニング」のように英単語でも文法でも、イメージで理解!とか感覚で身につけよう!なんていう本をよく見かけます。

実際、私も英単語や英文法を学ぶとき、そのような視覚的なイメージや非言語的なアプローチで理解・習得することを推奨することがあります。

ただし、ここで誤解しがちなのですが、英語というものが「言葉=言語」である以上、それを「言語的・論理的」に学ぶのは至極当然のことであり、イメージや直感的な感覚だけで言語習得のすべてを解決できるわけではないのです。

実は、左脳と右脳というのは脳梁(のうりょう)という部分でつながっています。つまり、それぞれが完全に独立しているのではなく、脳梁を通じて神経が行き来しているわけです。

これによって、右脳で認識したイメージなどを左脳で言葉に換えて理解したり表現したり出来るのです。したがって、左脳・右脳と分けて考えるのではなくお互いが連携して機能していると考えた方が良いわけですね。

このことからも、左脳での訓練に限界があるのでは?と単純に考えるよりは、それ以前の勉強法(指導法)に何らかの問題があると考えた方が良いかも知れません。

例えば、いつも言っていることですがリスニングやスピーキングといった英語の「話し言葉」を習得するのに「書き言葉」を一生懸命勉強していたり、英会話の上達を目標としているのに英検やTOEICといった「受験英語」的な勉強を続けているといった、「右脳・左脳」の話以前の方法論に問題があるのではないかと思うのです。

英語の習得というのはそもそも本当にシンプルで単純なものです。英会話の上達を目指しているのであれば「英会話の英語」を覚えれば良いだけです。

そして、その「英会話の英語」というものは「話し言葉の英語」が中心となります。また文法が著しく乱れていたり、お決まりの口語的な表現、慣用的なフレーズが多いといったいくつかの特徴があります。

要は、それらの特徴だけを効率的に捉え、身につければ良いだけの話なんですね^^

だから、いつも言っていますが、無駄な勉強、辛いトレーニングは一切不要というわけです。

この話、特に「話し言葉の英語」の知られざる特徴やお決まりの口語表現や慣用的フレーズについて「とりコレ!」教本で更に詳しく、具体的に説明していますので、興味のある方は今すぐ読んでみて下さい^^




矢印


矢印


矢印

2011年3月30日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

「英語」を勉強しようと思わないこと

「英語」を勉強しようと思わないこと。

英語の勉強法のメルマガでそんなことを書くと一体どういうこと?って思われる方が多いでしょうね^^;

でも、これって本当に大切なことでそもそも英語を話せるようになるためには「英語」を勉強する!と意気込まない方がうまくいくことが多いのです。

私の周りにはバイリンガルの日本人がたくさんいますが、多くの場合「英語の勉強」に注力したのではなく他の「何か」を追求する過程で自然と英語に触れていたら結果的に「英語力」がついた…という人が多いのです。

少しわかり辛いかも知れませんが、要するに「英語の勉強」が目標だったのではなく、例えば:

何かの研究に没頭していたり…

何かの趣味に情熱をかけていたり…

何か興味のあることを追求していたり…と、目標が違うところにあるのです。そして、その「何か」を追い求める過程で英語の文献を読む必要があったり、英語での情報収集が必要であったり、海外とのやり取りが必要であったりして、その結果「英語力」がついてしまったというケースが多いのです。

で、考えてみるとそれが一番自然でまともな「英語習得の形」なんですよね。

ただ漠然と国際化社会だから英語くらい話せなきゃとか周りが英語を勉強しているから自分も…とか英語が話せるとかっこいいかな…なんていう程度の動機であるとどうしても途中で力尽きてしまうんです。

一方、人間が「何か」を追い求める力というのはとても強いものがあって、それは何かの研究であったり、趣味や興味の探求であったり、恋愛や仕事であったりするわけですがそこを真の目標と考えてみると良いです。

「英語の勉強」や「英語の習得」を目標とするのではなく、あなたが心の底から追い求めている「何か」を先に明確にし、それを追求する過程を英語と絡めてみて下さい。

自分でも驚くほどの力が発揮されます。実は、この話は新教本「とりコレ!~」の「わくわくしながら英語を身につける」のコンセプトとなっているものです。

もしあなたが、この話をもっと詳しく知り英語の習得に応用したいと思われるならば、ぜひ教本の161ページ以降を読んでみて下さい。詳細を具体的に説明しております^^




矢印


矢印


矢印

このページの先頭へ